WindowsとMacでファイル共有をする場合OneDriveが便利です。

 私は今WindowsとMacを両方使っていて、気分や用途に寄って使う機種を変えているのですが、WindowsとMacでファイルを共有する場合って結構面倒くさいんですよね。
 外付けハードディスクなどを使う場合、両者からアクセスするにはFATまたはexFATでフォーマットしなければいけませんし、それでフォーマットすると今度はFATの制限を受けるので自由にファイルを扱う事ができません。

 そこでお勧めなのがMicrosoftのOneDriveです。
 WindowsとMacの両方にインストールして、保存ファイルを全てOneDriveのフォルダ内にするようにすればWeb経由でWindowsとMacを同期してくれますし、ついでにバックアップとしてクラウドにもデータを残してくれます。

 これで年間12000円弱、GoogleDriveやDropBoxなら1TBが月額1200円程度で年間15000円程度になるので、それだけでお得です。
 しかし「Office 365 solo」を契約すれば1TBのクラウドストレージが年間12000円弱なのに加え、Windows/Mac問わず合計2台までインストール可能なOfficeプロフェッショナルが年間契約でついてくる計算です。物凄くお得なんですよね。

 そしてOffice 365 Premiumを持っている人はOffice 365 soloを契約しなくても、「Office 365 サービス」を契約すれば年間6000円弱で1TBのクラウドストレージが1年間使えるのでもっとお得なんですよね。Office 365 Premiumを持っている人がクラウドストレージを選ぶのならOneDrive、Office 365 サービス一択と言っていいでしょう。
(私はOffice 365 Premium搭載のパソコンを持っているのでOffice 365 サービスだけを契約しています)

 公式な情報ではありませんが、LinuxでもOneDriveのデーモンプログラムが公開されているようですし、そもそもOneDriveはWebブラウザ経由で使えばLinuxにもネイティブ対応しているので、有益な選択肢としてOneDrive、Office 365 Solo、Office 365 サービスを覚えておくと良いと思います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)