VolturianのCDをiTunes Storeで買った、他

 どうもこんにちは、カードの3回払いの地獄をようやく抜け出したのでカード支払いに余裕があり、この3ヶ月間ずっと我慢していたメタルのCDをiTunes Storeで購入して喜んで聞いている如月翔也(@showya_kiss)です。たかが2000円なんですが今までは払えなかったのです。

VolturianのCDをiTunes Storeで購入しました

 私は最近音楽の趣味が女声英語メタルなのでEpicaやMetalite、FROZEN CROWNなんかをiTunes Storeでアルバム買いしてプレイリストに追加して何十回もシャッフル再生してきたんですが、たまに新しい音楽も聞きたくなるので2〜3ヶ月に1回くらいのペースでiTunes StoreでアーティストのCDを購入してはプレイリストに追加してきたんですが、最近カード支払いが厳しくてCDを買っている余裕がなかったのです。
 しかし今月3回払いの最終回を払いきって来月から支払いに余裕が出来たのでCDを買う余裕ができ、今までYouTubeでチェックしていたアーティストでVolturianというアーティストがいて、FROZEN CROWNのフェデリコ・モンデッリ氏のバンドなので絶対に好きだなと思っていたんですが、早速「Crimson[Japan Edition]」というCDを買って今聞いています。
 他にMoonlight Hazeというバンドも気になっているんですが、フェデリコ・モンデッリ氏がいる分間違いなく好きだと思うのでVolturianを優先しました。来月か再来月にはMoonlight Hazeも買おうと思っています。

私はApple Musicは使っていません

 新しいCDが気になるならApple Musicで無限に聞けばいいじゃん、という指摘もあると思うのですが、私はApple Musicは使っていません。
 過去キャンペーンで1ヶ月無料で試して「これは使わないな」と思って契約せず、その後作業ミスで1ヶ月課金してしまった時ももう1回試して「やはりこれは使わないな」と思って契約を切ったのです。
 Apple Musicは1000円以下の料金で指定アーティストが聴き放題ですが、私の場合常に新しい音楽を探し求めているというタイプではないので、Apple Musicはオーバースペックだったんですよね。

基本的に「よく新しいものを取り入れる」場合じゃない場合サブスクリプションは割高になるのです

 正直私の使い方では2〜3ヶ月に1回2000円のCDを1枚買うかどうか、という使い方なのでサブスクリプションで月1000円払うと「ファイルの所有権」と持てない分不利というか、3ヶ月おきに2000円ならサブスクリプションより安いですし2ヶ月に1回でも「ファイルが自分のものになる」分購入の方が得なので(Apple Musicで聞く曲はその月だけのサブスクリプションなので契約を解除した次の月から聞けなくなるので)私の場合はサブスクリプションの方が割高な結論で、基本的にサブスクリプションのプランというのは「常に新しいものを取り入れる」「聞き流す・読み流す」「何度も繰り返し使わない」ものに対してでないと損をする結果になるのです。

私の場合決まったプレイリストをシャッフル再生できればいいので

 私の場合ニーズが固定で、「今までのライブラリで自分の気に入った曲をシャッフル再生できる」事が何よりも重要で、一度所有した曲は繰り返し聞けないと嫌ですし、新しい曲をどんどん取り込むタイプではないのでライブラリを所有する、そしてそのライブラリをシャッフル再生できればいいので、アプリはMacの音楽アプリでいいですし、曲の入手はiTunes Storeでアルバム単位で購入すればいいのです。
 このあたり、雑誌は読み飛ばしでいいけど単行本は買いたい、みたいなニーズと同じで、私の場合「流行りの曲はいらないけれども気に入った曲は買って持っていたい」ニーズなのでiTunes Srore購入が一番しっくり来る感じです。
 逆に流行りの曲が非常に気になる人は私がKindle Unlimitedで雑誌を読み流しているのと同じように音楽も聞き流して行けばいいので毎月CDを1枚以上買う人ならApple Musicの方がお得だと思います。

Androidに同期するのにYoutubeMusicを使っていますが課金していません

 私はAndroid機も持っているのですがMacの音楽アプリを直接同期する事が出来ないのでAndroid機ではYouTubeMusicアプリを使って音楽を聞いているのですが、YouTubeMusicはブラウザから音楽アプリのファイルを指定してアップロードができるのでCDを買うたびにアップロードすればいいだけなので比較的楽に運用ができています。
 昔はGoogle Play Musicアプリを使っていたんですが、Macのアプリからファイルを同期しようとすると固まったりファイルのアップロードが詰まったりで非常に不満だったんですが、YouTubeMusicアプリになってからは問題点が解消しているので非常に満足しています。
 しかしAndroid機はWi-Fi接続時しか音楽を聞かないのでYouTubeMusicに課金するほどでもなく、そして先程述べた通り私の場合は音楽はサブスクリプションする方が損なので課金しないで使っています。それでも最低限の機能が使えるので別に不満はありませんし、そもそも音楽はMacから聞くのがメインなのであまり問題にはならないな、と思っています。

基本的に音楽に対する付き合い方がそうなのでこういう運用になるのです

 私は音楽を聞くのにApple Musicは使っていませんが、要するに音楽に対する付き合い方が「図書館で借りてきて返す」タイプの付き合い方ではなく「トレジャーとして宝物庫にしまって見返して喜ぶ」付き合い方をしているので「持っている」事が非常に重要な使い方をしているのでそういう運用になっているという事です。
 逆に私は本を読むのに物理で本を買うタイプなんですが、それとは別に雑誌を流し読みしたいニーズでKindle Unlimitedを契約しており、1回〜2回読めれば良くて一通り頭に入ったらもう読まない・他に新しい情報があればそちらをどんどん読んで行きたいニーズで使っているんですが、そういう付き合い方を音楽に対してしているのであれば買うCDを探すためにApple Musicを使うというのも使い方としては断然アリですし、こればかりはそのメディアの情報に対して自分がどう付き合っているかを見極めないと得とも損とも言えないんですよね。
 そういう意味ではサブスクリプションというプランは使い方を考えて自分に向いた使い方ができるのであれば非常にお得なんですが、それが上手く出来ないのであれば結局所有権は持てないですし情報は押し流されていって毎月同じ情報を得るために定額のお金を出す結果になるので賢いとは言えず、結構難しいプランだと思います。

まとめ

 という訳で、私は音楽の聴き放題に対してモチベーションがないのでサブスクリプションは使っていないですよ、というお話しでした。
 モチベーションがある人であればApple MusicもSpotifyもYouTubeMusicも強い選択肢になると思うので使うべきだと思うのですが、ただ「便利そうだな」くらいの気持ちで使うと損をする可能性がありますよ、という考え方だけ提示しておきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)