最近のパソコン使用環境について

 どうもこんにちは、右手の親指に感覚がないのと合わせてごっつい逆剥けをやりましてそこが化膿して触ると超痛いんですがどちらも右手親指なので親指だけで痛い部分と感覚がない部分があり非常に辛いというか混乱する状態になっている如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は最近のパソコンの使用環境についてお話ししたいと思います。どんな事にパソコンを使っているのか、どんなソフトを使っているのかというお話です。MacBookProの使い方やアプリなんかについてお話しできればと思います。

使っているパソコンはMacBookPro15インチ(2018年モデル)です

 まず今使っているメインパソコンはMacBookPro15インチ(2018年モデル)のCTOでカスタマイズしたSSD以外特盛モデル(SSDも1TB)で、スペックとしてはCore i9ヘキサコア、メモリ32GB、ストレージ1TB、Radeon Pro Vega20のビデオカードを積んでいるモデルなのです。
 パソコンのスペックとしてはかなり尖った構成で、パソコン自体は2018年モデルなんですが2020年現在でも全然通用すると言うかむしろ強い方から数えて行った方が早いモデルで、動画編集なんかもバリバリこなせる非常に優れたモデルなのです。
 まあ私の使用用途は基本的に軽いのでそんなにスペックが必要なのか、というと、必要ではないです。必要最低限で言うとサブで使っているMacBookAir11インチ(2014年モデル)でも普通にこなせてしまう程度の作業しかしないのでそこまで必要なわけではないんですが、ここから5年6年使う事を考えるとスペックは盛っておきたいニーズだったので思い切って当時一番性能が良かったこのモデルを購入したのです。
 使っているパソコンのスペックが強いので何をするにも快適なんですが、その分動作が重いアプリを見落としている可能性がありますので、その点だけご了承いただければと思います。

基本的にはブログ機です

 パソコンのメインの使い方は、まず「ブログを書く」事に使っています。
 私はブログ廃なので1日に4〜8個のブログを更新しないとそわそわしてしまうんですが、WordPressやはてなブログ、Tumblrを使ってブログを書くのにパソコンを使っていて、テキストをバリバリに打ち込みたいニーズなのです。
 そしてブログを書く相棒として「MarsEdit4」というブログエディタを使っていて、これが非常に便利です。App Storeで6100円の買い切りアプリなんですが、値段が高い分性能が良くサポートも充実しているので素晴らしいです。
 WordPress/Tumble/はてなブログを同じ画面から同じ操作で更新する事ができ、エディタがシンプルなのに使いやすくて、ショートカットがカスタマイズ可能なので自分の好きな操作でショートカットが設定でき、そして神がかったプレビュー機能でプレビューしながらブログが書けるので非常に素晴らしいです。
 個人的にはMarsEdit4があるからMacを選ぶ、と言ってもいいくらいの有用なアプリで、使い慣れると他のブログ更新方法が考えられなくなります。

ゲームも遊びます

 ブログの他で言うと、私はパソコンでゲームをするのが気にならないと言うか、普通にゲームに使ってもいいよね、と思っているのでMacでもゲームをします。
 主にMacで遊んでいるのは艦これ、アズールレーン(Androidを仮想化して)、デタリキZ(Androidを仮想化して)です。
 AndroidのスマホゲームをMacで遊べるBlueStacksというアプリを使ってAndroidを仮想化してその上でアズールレーン、デタリキZを走らせているのですが、使っているMacが非常にパワフルなのでオーバーヘッドも気にならない感じでサクサク動きます。
 BlueStacksは無料のアプリなので試してみるといいと思います。
 また、艦これについてはイベント海域の攻略は全部録画しておきたいニーズなのでスクリーンレコーダを導入しており、私は「ウィンドウ指定で録画ができる」「Retinaディスプレイを縮小して録画できる」「60FPSで録画できる」「マウスカーソルを録画しない指定で録画ができる」という特徴が非常に有用だと思うので、Movavi Screen Recorderを導入しています。セールで2750円のソフトなんですが、非常に使いやすく簡単に使えるのに色々設定できますし実際に吐き出される動画ファイルが非常に高品質なのでとても気に入っています。

Twitterもガンガンやっています

 その他私はツイ廃なのでTwitterを24時間確認できる状況にしておかないと気が狂うので、Twitter用の専用クライアントアプリであるTweetbot 3 for Twitterを使っています。
 このソフトはApp Storeで1220円のソフトなんですが、「マルチカラム対応である」「画面を最大化してTL/Mentions/自分のTweet/Listなんかをまとめて表示できる」「TLの写真をサムネイルで見られる」「キャレット位置の上に自動でTweetをスタックしてくれるので下から上に読み勧めていけば全部のTweetが見られる」という特徴があり、リストのTLを全部読みたい私のニーズにはバッチリなのです。
 iPhone・iPad用の専用アプリであるTweetbot 5 for Twitterを使って連携すればMacとiPhone・iPadで未読位置を共有できるのでMacで読んでいたタイムラインを持ち出して出先で続きを読む事ができて非常に便利なので、別料金にはなりますがiPhone・iPad用のアプリも課金すると幸せになれるかも知れないです。

メモとかも取りますよね

 あと私は四六時中パソコンの前にいるので、何か思いついた時にメモを取る時にはMacを使うんですが、メモアプリと言うかテキストエディタとしてBearというアプリが非常に気に入っています。
 基本無料のアプリなんですが、月額150円・年額1500円課金すると管理しているテキストをクラウド連携して他のMac・iPhone・iPadで使う事ができるようになり、同期が一瞬で済むので実質クラウドメモとして使う事ができるので非常に便利に使っています。
 メモ帳はいつも持ち歩くのと一緒で、メモのテキストはMacだけではなくiPhoneやiPadに同期して持ち歩きたいニーズなので自動で一瞬で同期してくれるBearというアプリは他に代えがたい便利さがあります。
 クラウドメモという意味ではEvernoteやOnenoteがありますが、私はテキストだけの同期で良い事と、Evernoteは値段が高くOnenoteは機能が多すぎて使いづらい部分があるのでBearがジャストの性能だな、と思っていて、実際に使ってみると「これだ」感が非常に強く使いやすいのでクラウドメモに使う用途であればBearをお薦めします。

ゲーム以外はテキスト用途がメインなので

 まあゲーム以外はテキスト処理がメインなのでそんなに性能を食わないんですけども、私はこんな感じでMacを使っています。
 今回文中で触れたアプリは全てお薦めのアプリなので、もし興味がある方がいらっしゃったらぜひ試してみて下さい。個人的には「代えがたい」ほど便利だと思っているアプリなので、気持ちを共有できれば嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)