MacをEl Capitanにアップデートする時の注意点(BOOTCAMPなしでWindowをインストールしている場合)

 昨日の夜、嫁さんが使っているMacのOSをEl Capitanにアップデートしたら大変な事件になって、復旧不可能、立て直しに一晩かかりましたのでメモ代わりに。

 今El Capitan以外のMac OSを使っていて、そしてBOOTCAMPを使わずにWindows7をインストールしている人は、El Capitanにアップグレードする前にWindowsのデータを退避しておいて下さい。データが全部消えます。
 El CapitanのアップデートをするとMacのHDDがGPTじゃないものに変更されてしまい、今までOptionキー長押しで起動できていたWindowsパーティションが綺麗さっぱり消えてなくなります。
 Windows、Ubuntuなどのソフトから起動してパーティションを見に行っても消えていて、Macからも認識せずの状態になってしまうので、基本的にそうなったらデータを救う術はありません。

 もうそうなってしまったら諦めてHDDをフォーマットしてEl Capitanを入れなおし、WindowsはBOOTCAMPを使ってちゃんとインストールし直しましょう。

 復旧作業に3時間かけて無理、その後El CapitanとWindowsのインストールとアップデートで12時間かかりました……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)




コメント

  1. […] MacをEl Capitanにアップデートする時の注意点(Windowインストールしている場合) techblog.show-ya.blue/?p=429posted at 21:11:30 […]