UbuntuでMicrosoftのOneDriveを使う方法(onedrive-d使用)

 このブログで何回か触れましたが、MicrosoftのOneDriveをUbuntuというかLinuxで使えるようになる「onedrive-d」というフリーソフトがあります。
 これを使うとWindowsとMacだけでなくUbuntuでもOneDrive経由でファイルの同期ができるので非常に便利です。
 個人的な見解としては「同期に時間がかかりすぎる」と思うのですが、逆に言えば夜中にパソコンをつけっぱなしで良いような環境であれば(ウチもそうです)、特に問題なく使えます。
 そこでUbuntuでのインストール方法を。

【前提】
 「git」というサービスと、Pythonのpip3というサービスを使うので、そのサービスもインストールしながらonedrive-dをインストールする

【方法】
 Ubuntuでターミナルを開いて以下操作を行う。

・まずgitのインストールを行う
sudo apt-get install git

・gitがインストールされたらgitでonedrive-dを持ってくる
git clone https://github.com/xybu/onedrive-d.git

・先にpipをダウンロードしてくる
wget -O- https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | sudo python3

・pip3というPython系のサービスをインストールする
sudo pip3 install –upgrade setuptools

・onedrive-dのフォルダに移動する
cd onedrive-d

・onedrive-dをビルドしてインストールする
python3 setup.py build
sudo python3 setup.py install

・インストール完了。初期設定を開始する
onedrive-d pref

・「(STEP 1/4)」と出るので「y」を押してリターンを押す
・認証用のアドレスが出るのでコピーしてブラウザに貼りつけて移動する
・認証画面が出るので認証を通す
・白画面になるので、白画面のアドレスをコピーしてターミナルに戻る
・「Please paste the callback URL:」の後にコピーしたURLを貼り付けてリターンを押す
・「(STEP 2/4)」と出るので「y」を押してリターンし、続く設問は何も入力せずリターンを押す
・「(STEP 3/4)」と出るので「y」を押してリターンし、続く設問3つは何も入力せずリターンを押す
・「(STEP 4/4)」と出るので「n」を押してリターン。設定終了。

 これでインストールと設定終了です。ターミナルから
onedrive-d start
と入力するとサービスが開始します。

 デーモンなのでパソコン起動時にonedrive-dを起動したい、という場合はターミナルから以下を入力し
gnome-session-properties
 起動する画面で「追加」から「コマンド」に「onedrive-d start」と入力し「追加」をすると、次回Ubuntu起動時からonedrive-dが起動するようになります。

 意外と便利ですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)




コメント

  1. PSP-PAGF より:

    いつも、参考にさせて頂いております。

    今回、上記One DriveをUbuntuにインストールしようと思ってトレースしていましたら、

       ・gitがインストールされたらgitでonedrive-dを持ってくる
       git clone https://github.com/xybu/onedrive-d.git

    にて、UsernameとPasswordを求められ、スタックしてしまいました。 それなら・・と思い、トップページから登録を・・とトップページへ行きましたが、新規登録は受け付けていない様です。

    上記の回避策をご教示下さい。

    • 如月 翔也 より:

       当サイトをご覧いただきありがとうございます。確認してみた所、githubのonedrive-d自体が404エラーを吐いているのでプロジェクトが消えたっぽい感じですね。
       探してみた範囲では「https://github.com/xybu/onedrive-d-old」のサイトが生きているようなのでここから持ってくれば良いのではないかと思います。
       今Linux環境なくなってしまって確認が取れないんですが、ちょっと上サイトを確認してみて下さいー。

  2. PSP -PAGF より:

    早速のご教示有り難うございます。

    試しましたけど、

    Critical : mainthread may not be installed properly

    で終わってしまいました。

    • 如月 翔也 より:

       onedrive−d−oldから持ってこれないとなると、もう無理なんじゃないかなと思うんですが、吐いているエラー自体はgitの問題にも見えますね……。
       ちょっとLinux環境がなくなってしまったので今私も確認できないんですけども……お力になれず申し訳ありません。

  3. PSP -PAGF より:

    何か、絶望的な状況ですねぇ・・ もしLinux環境が整いましたら、下記をお試し下さい。 (Raspbianなので、ユーザー名がpiとなっています。 適宜ご変更下さい。)

    # onedrive-d 削除する。(初回は赤でエラ-メッセージが出る。)
    sudo pip uninstall onedrive-d
    sudo pip3 uninstall onedrive-d
    rm -rfv /home/pi/onedrive-d/
    # 残っている config fileも削除する。
    rm -rfv ~/.onedrive
    # gitをインストールする。
    Sudo apt-get install git
    # gitでOneDriveを持って来る。
    git clone https://github.com/xybu/onedrive-d-old.git
    # フォルダ名onedrive-d-old を onedrive-dに変更する。
    mv /home/pi/onedrive-d-old/ /home/pi/onedrive-d/
    # 先にPipをダウンロードし、持って来る
    wget -O- https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | sudo python3
    # onedrive-dのフォルダに移動する
    cd onedrive-d
    # パッケージを登録し、テンポラリ・ファイルを空にする。
    sudo python3 setup.py install
    sudo python3 setup.py clean
    # セッティングのためのフォルダを作る。
    mkdir ~/.onedrive
    cp ./onedrive_d/res/default_ignore.ini ~/.onedrive/ignore_v2.ini
    # ログファイルを作成する。
    sudo touch /var/log/onedrive_d.log
    # sudo chown ‘whoamI’ /var/log/onedrive_d.log の’whoamI’に名前を入れる。 ここでは、仮にrootとした。
    sudo chown root /var/log/onedrive_d.log
    # インストールが完了した。 続いて、初期設定を開始する。
    onedrive-pref

    すると、(STEP 1/4)として、[Y/n]が現れるので、y(+enter)とすると、URLが現れる。

    取り急ぎ、ここまで。

  4. PSP -PAGF より:

    (続き)

    すると、(STEP 1/4)として、[Y/n]が現れるので、y(+enter)とすると、URLが現れる。

    取り急ぎ、ここまで。 

    但し、「rm -rfv /home/pi/onedrive-d/」では削除されないファイルがあるので、「mv -rfv /home/pi/onedrive-d/ /home/pi/onedrive-d-1」と変更・訂正させて頂きます。

    ここ以降は、上記ブログと同じハズです。 ただ実際には、OneDriveへのサインイン後に[Yes]をクリックする必要がありました。

    後は、

        onedrive-d start

    とすれば、daemonとして動いているハズです。 そこで、

        ps aux | more 

    で確認すると・・ 動いていました。 (pi ・・・ /usr/bim/python3 //usr/local/bin/onedrive-d start)