戯言:逆に言えば独自チップのMacでParallelsが動けば最高なのか

 2020年にインテルCPUを辞めて独自チップのMacが出るみたいな話が出ているんですが、それについて思うのが「それでParallels Desktopは動くのか」という部分です。
 正直インテルCPUにこだわるのはBootCampでWindowsが動くからであってそこから一歩踏み込んで独自CPUになったとして、MacのソフトとしてのParallels DesktopでWindows10を仮想化できるのであれば独自チップである事は何ら問題ないのでむしろCPUの多様化の観点から見ればアリなんですよね。
 iOS系のAなんとかチップはARM系のチップなんですが、ARM系のCPUでも動くWindows10はあるので(仮想化技術込みなので若干遅いですが)、技術としてはARM系CPUでWindows10を仮想化するのは「できなくはない」という結論なんですよね。そこをParallelsさんが頑張って対応するのであれば新しいMacにAなんとかチップが載っていても問題ないのです。
 逆にiOS/MacOSのユニバーサルアプリ理論でParallelsがiOSに対応すればiPad ProでWindows10が動くとんでもない未来があるかも知れないわけで、それはそれで非常に楽しみです。

 まあ不確定情報を元に戯言なので真面目に捉えても仕方がないんですが、「仮想化でWindows10が動くのであれば」MacのCPUは「強ければなんでもいい」という結論なので、来年再来年どうなってくるかが楽しみですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)