結論:UbuntuはUbuntu MATE18.10でしばらく行きます……(ため息)

 昨日「これからUbuntu16.04を使う」と宣言していたんですが、アップデート関係で色々致命的なエラーを吐き出しまして、そしてGoogle ChromeもDropboxもインストールできないという状態になってしまい、ニーズがLinuxの勉強をしたい、Google ChromeとThunderBirdとDropboxを使いたいなのにここまでボロボロだと使い続けるわけにもいかず、Windows10に戻る事も考えたんですが調べていく中でUbuntu MATE18.10なら使えるな、という結論になったのでUbuntu MATE18.10をインストールして設定しています。
 いくつか問題点があるので解決法を。

【起動時のログイン画面が表示されない】
 起動時にログイン画面が出るはずなのに画面が真っ黒で、ブラインドでパスワードを入力しないと進まない状態になります。
 一回頑張って進めた後、「MATE端末」から「sudo update-grub」を実行してから再起動すると解決します。

【画面サイズが勝手に拡大されている】
 「/usr/bin/gpd-pocket-display-scaler」を開いて「–scale 0.64×0.64」となっているところをいじります。私は「–scale 0.75×0.75」にしてスッキリしました。再起動が必要です。
 「/usr/bin」を開いてファイルを右クリック、管理者として実行的な文言が英語で書かれているのでそれで編集すると楽です。

【Dropboxがちゃんとインストールされない】
 公式のdebからインストールすると設定画面を出すためのアイコンが死んでいて使えません。
 「MATE端末」から「sudo apt-install caja-dropbox」でインストールすると使えるのがインストールできます。

 今の所これで問題ない感じなんですが、他に問題があれば随時追記していこうと思います。

<<追記>>
 Mikutterがクラッシュします。「sudo apt install mikutter」でインストールしたんですがチュートリアルのアカウント登録画面で死にます。回避できません……。

 愚痴なんですけど、Windows以外の選択肢が大事だと思っていてUbuntuを使いたいんですが、Windowsと比べてメリットで負けてデメリットで勝っているのでUbuntuを使う理由が見当たらなく、「できるから」という理由で使い続けようと思ったんですが「できない」という選択肢なので、これもう諦めてWindows10で使うべきなのかも知れません……。明日書き戻そうかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)