iPadはメディア消費デバイスとして非常に優れているので

iPadはメディア消費デバイスとして非常に優れているので
この記事は約 9 分で読めます

 どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日はiPadはやはりメディア消費デバイスとして非常に優れているので、というお話しを中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

iPadとは

 iPadとはApple社の開発・販売するタブレット端末を指し、現在は無印iPad・iPad Air・iPad mini・iPad Proの4つの種類のiPadが販売されています。

 Appleのタブレットと言うか、タブレットの元祖はiPadなのでAppleのタブレットと言うと怒る人がいるんですが、基本的にはAppleの高性能なタブレットでiPad OSを搭載した高機能モデルであると考えて差し支えないです。

 iPad OSはApple社独自のOSなのでiPad OSを使ったデバイスはiPadしかないんですが、非常に利便性が高く使い勝手が良いデバイスなのではじめてタブレットを持つ人にもお薦めのデバイスです。

今持っているのはiPad Pro10.5インチなんですが

 私が今持っているiPadは2017年に発売されたiPad Pro10.5インチなんですが、セルラーの512GBモデル(当時で言う特盛)を購入してもう4年になるんですが、1回バッテリーは交換したんですが故障らしい故障をした事がなく、そして非常に高性能なモデルなので今に至るまで性能に対する不満は持った事がないモデルです。

 当時15万したモデルなのでちょっとくらいの利便性では許せないレベルの買い物なんですが、個人的には良い買い物が出来たと思っていて、メディア消費デバイスとして非常に満足して使っています。

タブレットって電子読書にいいですよね

 iPadもそうなんですけど、画面サイズの大きな端末って電子書籍の閲覧に非常に良く、iPad Pro10.5インチは漫画や雑誌がほぼ等倍のサイズで読めるデバイスなので色々な本を読むのに使っていて、Kindle Unlimitedを使って読み放題で好きな本をどんどん読んでおり、もう何万円分の本を読んだのかわからないくらいに色々読んだのです。

 タブレットってキーボードなんかが無い代わりに持ち歩くのに特化した形をしているので、「電子書籍リーダー」として鞄に詰め込むのに向いていて、電子書籍は所有できない代わりに劣化しないのでサービスが継続している限りは自由に使えるので非常に便利です。

 所有できないのが嫌な人は自炊する方法があり、私は古いPC雑誌なんかは全部自炊してPDFにしているのでそれを読み返す場合にもiPadを使っています。

 リーダーアプリを使わなくても電子読書はできるので、持っている本はどんどん自炊すると良いと思いますし、これから本を買うのであれば劣化しない電子書籍を購入するのは本当にお薦めです。個人的にはKindleがお薦めです。

動画を見るのにも非常に向いていますし

 またiPadは画面が大きくスピーカーもそれなりの物を積んでいるので動画や映画を見るのにも向いていて、特に動画閲覧はYouTubeアプリとの相性の良さがあってどんどん流し見するのに向いていますし、画面の大きさが活きる使い方なのでお薦めです。

 個人的にはガジェット系が好きなのでレビュー動画なんかを流し見するんですがついつい次々と見てしまい長い時間が経過する事も稀ではありません。

 本当は動画を撮る事にも興味があるんですが自分の部屋を持てない限界民(部屋はあるが嫁さんの荷物に占拠されて座るスペースがない)なので動画を撮るのは不可能だな、と諦めていて、家が燃えて建て替えるくらいの事件がなければ問題は解消しないと思うので仕方がないです。

ゲームにもいいですよね

 あとiPadは性能が良いのでゲームにも向いていて、私はそんなに重いゲームはやらないんですが、4年前のiPad Pro10.5インチでもけものフレンズ3、アズールレーンくらいならラグなしで遊べるので性能としては十分だと思いますし、興味本位でMTGアリーナに手を出した時もラグなしで遊べたので問題ないと思っています。

 というか今現行で一番安いiPadがA13Bionicチップを使っており、私のiPad Pro10.5インチはA10Bionicなのでむしろ現行の無印のほうが性能が良いくらいなのでゲーム用途にiPadを選ぶ選択肢は普通にアリだと思います。

iPad Proだとクリエイティブ用途にも使えますし

 私が使っているiPadはiPad Pro10.5インチなので当初からApple Pencilが使えており、まあ今は現行機種全てがApple Pencil対応になっているのでアレなんですけど、Apple Pencilが使えるという事は直接iPadに書き込めるという事なので非常に使い勝手が良く、例えば手書きでメモをとるのだって他のタブレットとタッチペンでしたのとは桁違いに使いやすいですし、いわゆるクリエイティブ用途にも使えるデバイスとしてApple Pencilは存在しているので絵を描くだったり写真を修正するだったりする時にApple Pencilを使えるのは大きな差だと思います。

 Apple Pencilそのものの話ではないんですが、それに象徴されるようにiPadはクリエイティブ用途に使える事を意識して作られたデバイスなのでいざ何かをしようと思った時にiPadだと選択肢が多く深い、という特徴があります。

データベースを噛ませると利便性が半端ないです

 またiPadはデータベースを噛ませると利便性が非常に高くなるのでお薦めで、私はNotionというオールインワークスペースアプリを使っているんですが、その中の機能にデータベース機能があり、そのデータベースを実際に使うに置いてiPadは非常に便利なのです。

 私は基本的にNotionをデータというデータを何でも格納する四次元ポケットとして使っているんですが、iPadのアプリからNotionにアクセスするとしまってあるデータ全てにリーチ可能なので絵を見たり漫画を読んだり動画を見たり音楽を聞いたりに使えますし、iPadからクラウドメモを起こして後でMacで編集する事なんかが可能なのでデータの動線を考えずに色々できるので手放せないくらいに便利です。

タブレットの立ち位置はスマホでもパソコンでも担えないので

 iPadの「タブレット」の立ち位置って、スマホとパソコンの中間点で、スマホでは代用が効かないですしパソコンでも代用が効かないのでタブレットそのものがニーズであり、一度使い慣れるともう「ない」という状態が考えられないデバイスだと思います。
 スマホでは面倒くさい、パソコンでは仰々しい動線は全てタブレットの守備範囲ですし、何も考えずに掴んで持ち歩く、というのはスマホでもいいんですがそれを大画面でスマートに、と考えるとタブレットしか選択肢がないのでiPadは非常に中毒性が高く、一度使うと手放せなくなると思います。

これからiPad miniをお迎えするので準備も進めています

 私は現在iPad Pro10.5インチユーザーですが今年発売のiPad mini第6世代をもう注文済みで、届くのを待っている状態なんですが、これからiPad ProだけでなくiPad miniも使うようになるので準備を進めていて、タブレットの「利便性」という意味ではiPad Pro10.5インチよりもiPad miniの方が利便性が高いと思うのでメインはiPad miniになると思っていて、iPad Pro10.5インチは次男に押し出す予定なんですが、タブレット自体はこれまで以上に使っていこうと思っているので到着が楽しみです。

まとめ

 という訳で、iPadはやはりメディア消費デバイスとして非常に優れているので、というお話しを中心に戯言編成でお送りしました。

この記事を書いた人 Wrote this article

如月翔也 男性

如月翔也です。ガジェットとAppleが大好きな中年男です。ガジェットがお好きな方、Appleがお好きな方、トラブルでお困りの方はぜひブログをごらん下さい。コメントを貰うと非常に喜ぶのでお気軽にコメントをお願いします。  詳細なプロフィールは「https://saigetudo.com」を御覧ください!