事実ベースの「詐欺ソフトウェア」に引っかかった・対処した記録

 どうもこんにちは、一昨日寝ないで過ごして昨日24時に寝て、今日は8時に起きたのに寝直して12時起きになっている愚かな如月翔也(@showya_kiss)です。まあ8時間くらい時間が前倒しになったので良いと思います。

 今日は事実ベースで、次男が詐欺ソフトウェアに引っかかった・請求に対処したお話しをしたいと思います。
 同じ問題になった人の参考になれば良いと思います。

いきなりPayPalに32000円の請求が行われたのです

 昨日の朝なんですが、寝ないで過ごして色々していたらいきなりGmailのアカウントにPayPalで32000円の決済をしました、というメールが届きまして、その前後に私が楽天モバイルやOCNモバイルONEの申込みなんかをしていたので私が詐欺リンクでも踏んだのかと思って混乱したんですが、とりあえずGmailにはPayPalで32000円の請求というメールが確かに存在し、詐欺メールを疑ってPayPal公式サイトからマイアカウントを確認したところマイアカウントにも32000円の請求が決済されており、とりあえず原因は不明なものの請求は確かに発生している事がわかったのです。

アカウントを特定すると次男のものでした

 請求を確認したところGoogle Playで「preidct_year_service (Destiny Book)」を契約して年間32000円の請求、という事がわかり、私はそんなものを契約した記憶がないのでPayPalのアカウントから詳細を確認しに行った所Google Playで契約したという情報以外なかったのです。
 とりあえず追える情報は追おうと思いGoogle Playのアカウントを確認した所次男のアカウントでした。
 なので次男に32000円の請求が発生している事を告げて何をしたか確認したんですが次男は何もしていないと言い張り平行線だったのでとりあえず次男を追求するのは後にして更に調べました。

情報が出ないんです

 少しでも情報を調べようと思い「preidct_year_service (Destiny Book)」を検索しても情報なし、「Destinuy Book」で検索しても関連しそうな情報がないのでこの時点から相当胡散臭いなと思いいろいろ調べていたんですが、結局Web検索ではまともな結果が出ませんでした。
 普通どんなアプリでも調べれば情報が出てくるものですが、ここまで徹底して情報が出ないという事は確信犯だといっていいと思います。明確に悪意があるアプリです。

Google Playのアカウントから探すとアプリがありました

 情報を追う中で次男のGoogleアカウントにログインしてGoogle Playからアプリを検索した所「Destiny Book」というアプリがありました。
 アプリのアイコンを調べて次男に見せた所驚いた顔で、インストールはしたが有料と言われたのでアンインストールしたので関係ないと思う、という話だったので次男から許可を得てGmailの中身を見た所2月1日にインストールした履歴、2月5日に無償期限が切れるというメール、2月5日から有料になるという警告のメールが届いており、次男に確認した所Gmailは普段見ていないという話だったのでGmailはこまめにチェックしなければ駄目だと指導した上で次男では対応はできない問題であろう部分なので私が対応する事にしてGoogleアカウントの情報を私の情報に書き換えました。

インストール無料・自動契約継続・年間32000円の詐欺アプリでした

 次男が引っかかったのは要するに基本無料アプリという名前で認証を通させ、最初の1週間だけ無料、契約が自動更新で更新後は年間32000円の請求がかかるというアプリで、詐欺アプリと言うにはアレなんですが悪意があるアプリなのは明らかで、「基本無料」で認証を通させておいて自動更新で課金を求めるのは制度上問題のある動作なのでこんなアプリにはお金を払う気が起きなかったのでPayPalのお客様保証、またはGoogleの直対応で課金を取り消すか返金して貰おうと思い対応を開始したのです。

PayPalに問い合わせたところ

 まず決済がかかっているのがPayPalだったのでPayPalに電話した所、もう決済が完了しているので対応はできない、Googleに取り消して貰って欲しい、という話だったので、担当者に「お客様保証がかかる案件ではないのか?」と確認した所「Googleで駄目だったらお客様保証で対応を開始します」と言われたので、その旨を案件に残してもらうように伝えて電話を置きました。
 Googleの対応で駄目だった場合詐欺アプリの請求なので不正請求案件なのでPayPalにお金を支払うつもりはないのでその旨は伝えてあるので、とりあえずGoogle側に対応して貰う事にしました。

Googleに問い合わせたところ

 Googleに電話した所(というか電話番号をWebに入れて向こうから電話を貰いました)認証は通しているので返金案件ではないと言うので、とりあえず冷静に「非常に強い感情的なクレームであると案件に記載して下さい」とお願いした上で、基本無料アプリだというので認証を通した、有料になるのに認証無しで移行できる体制に問題がある、金額的にも無料から1年32000円であり明確に悪意があるアプリであり倫理的に許されない、どうしても請求するというのであればGoogleが片棒を担いでいるという事なので刑事案件にするのも辞さない、という事を伝えて検討して貰うようにお願いした所対応者さんもわかってくれたようでできる範囲で対応する、1週間ほど時間を欲しいと言われたのでよろしくおねがいします、と伝え電話をおいたのが昨日の17時くらいだったんですが、今日の朝の時点でPayPalから32000円返金がありましたというメールが来ているので対応が完了したのだと思って安心している所です。
 もう返金になったのでこれから再請求という話はないと思うので、Googleの対応者さんが対応が終わったらメールをくれる約束なのでメール待ちなんですが、声を荒げる事なくクレームである事はしっかり伝えて問題が解消しているので良かったです。
 こういう時対応者さんを敵だと思って激しく非難する人がいるんですが、問題なのはGoogleの先のアプリ運用者なので、私とアプリ運用社の間で挟まって調整してくれるGoogleさんと対応者さんはどっちかと言うと味方の立場なので、クレームである事と非常に怒っている事は冷静に伝えればいいのであって、結果的にちゃんと対応して貰えれば私の不愉快感は別で処理すればいい話なので対応者さんにはぶつけない方がいいのです。

結局返金された模様です

 まあ結果的にはPayPalに返金されたのでカードに請求はかからないので問題なし、という結論だったんですが、そもそも請求のアプリを検索しても出てこない時点でかなり悪質と言うか確信犯的なアプリだと思っていて、順を追って調べられない人だと泣き寝入りするしかないようなアプリだったので非常に気分が良くなかったです。
 次男のアカウントが私のPayPalに紐付いていたのはニンテンドースイッチの課金をするのに使っていた名残だったので紐付けは切ったんですが、次男には次男で指導を行い良い勉強になったんじゃないかと思うので、まあ、無事解決して良かったと思います。

まとめ

 という訳で事実ベースの話なんですが、次男が詐欺ソフトウェアに引っかかって請求が発生したので対処した、というお話しでした。
 私がクレームが得意(悪い意味じゃないですよ)なのでちゃんとクレーム案件をあげられたので無事解決して良かったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)




コメント

  1. りこ より:

    同じ目にあいました。他に情報がなく、如月さんのこの対応を読ませていただき助かりました。
    Googleから、ポリシーにないので返金はできないとの返事があり、かなり感情的なメールを返してしまいました。再びの、審査に時間がほしい、とのメールの後、やっと返金の旨お知らせがあり、ほっとしています。
    ありがとうございました。

    • 如月 翔也 より:

      >りこさん
       大変な目にお会いになりましたね。返金になって良かったです。
       少しでもお力になれたのであれば幸いです!