やはりMacBookProが一番使いやすいので

 どうもこんにちは、久々に午後10時にブログを書く事ができており非常に前向きになっている如月翔也(@showya_kiss)です。普段からこの時間帯に書きたいんですよね。

 今日は普段使っているデバイスの中で最も依存度の高いMacBookProについて、私の使い方を中心にMacBookProをおすすめする内容をお送りしたいと思います。

MacBookProとは

 MacBookProとはApple社の開発・販売するパソコンであるMacのノート型であるMacBookの本体が軽くて値段が安いMacBookAirと本体が重くて機能が高いMacBookProにわけた時に本体が重くて機能が高い方に分類されるモデルを指します。
 現行機種では16インチと13インチがありますがどちらもTouchBar搭載で高価格高性能路線を行っているパソコンで、基本高機能を据え置きで使い、まれに持ち出す事があるくらいのニーズの人に向いた機種です。

私の使っているMacBookProは

 私の使っているMacBookProはMacBookPro15インチ(2018年モデル)です。吊るしのスペックではなくCTOで全ての性能をカスタマイズした物を持っており、CPUがクアッドコアCore i7なのをヘキサコアCore i9にアップグレード、メモリを16GBから32GBにアップグレード、ストレージを512GBから1TBにアップグレード、グラフィックボードをRadeon Pro 560XからRadeon Pro Vega20にアップグレードしたモデルで、発売年代で言うとMacBookPro16インチとMacBookPro15インチ(2019年モデル)が存在するので2つ型遅れの機種なんですがベーススペックをゴリゴリにアップグレードしているので今現在でも性能に不満はまったくなくむしろ満足度の塊のような状態で日々満足して使っています。
 現状インテルMacとしてはこのまま使っていきたいニーズで、これとは別にApple Silicon搭載のMacBookProが出たらそっちも買うとは思うんですが性能をアップする目的での買い替えはあと4〜5年はしなくていいな、と思っているので、流石に4〜5年経過したらMacBookProも全部Apple Siliconになっているでしょうし、インテル世代のMacとしては最終世代として使おうと思っています。
 スペックの面では本当に満足していて私が使う用途ではオーバースペックなので大事に使っていって、今後パソコンの使い方が何か変わってもついてきてくれるだけのスペックがあると思うので大事にして行きたいと思います。

ブログを書くのに使っています

 私のMacBookProは今まさにそう使っているのですがまずメインにブログを書くために使っていて、MarsEdit4というブログエディターを使いたいためにMacでなくてはならず、MarsEdit4をつかってゴリゴリにブログを書いています。
 ブログについては廃人であると言うか、9つのブログを持っていてだいたい平均毎日4〜5ブログを更新しているので使っている時間も長く、Macのキーボードでパキパキ打つのが非常に重要なのでアプリの面でもデバイスの面でもMacである事に妥当性と意味があり、毎日バリバリにブログを書いて満足しているのです。
 私はパソコンそのものが趣味ですがブログも趣味なのでパソコンを使ってブログを書くのは二重の意味で趣味の範疇なのでブログ環境には妥協する気が起きません。なので、Macキーボード、MarsEdit4は譲れないのでMacでなければならないのです。

Twitterを見るのに使っています

 それから私のMacBookProはTwitterの閲覧・Tweetの投稿にも使っていて、今現在投稿数ではツイ廃とは言えないですが実際ツイ廃なので四六時中Twitterで人のTweetが見えていないと気が狂うは言いすぎですがソワソワ・イライラする原因になるので専用のクライアントソフトを画面最大化してタイムライン・メンションズ・自分のTweet・リストを常に表示するようにしています。
 Twitterを楽しむために使っているアプリはTweetbot 3 for TwitterというクライアントなんですがこれもMac専用のアプリで、この使い勝手の良さは一度体験したら離れられないのでTwitterはもっぱらMacから行っており、このTweetbot 3 for TwitterとMarsEdit4のためだけにMac環境を用意してもいいと言うほどに依存しているアプリなのです。

ゲームをプレイするのに使っています

 また、Macはゲームをプレイするのにも使っています。長く続けているブラウザゲーム・ソーシャルゲームである艦これは四六時中起動しっぱなしですし、イベントは録画したいニーズなのでMovavi Screen Recorderというアプリを使って録画したりしていますし、またAndroidのゲームを遊ぶためにBlueStacksというAndroidの仮想環境を起動してAndroidゲームをMacの大画面で遊んだりしています。
 ゲームはそれほど熱中しているというわけではないですが、艦これとかはもう生活の一部なので起動しっぱなしでたまに動かすのをしないと自分の調子がおかしくなってしまうのです。

基本的にはOSはMacOSが一番使いやすいんですよね

 まあブログもTwitterもゲームもクライアントさえ選べばWindowsだろうがLinuxだろうが動くんですが、単品のアプリのできの良さで考えるとMac版が一番できが良いという認識が自分にあり、そしてOSとしてもWindowsやLinuxよりもMacOSの方が面白い・使いやすいという認識が自分の中であるので、OSレベルで何を使うの?という疑問にあたった場合はMacOSを使う、という結論になると思います。
 WindowsやLinuxと比べるとできない事も多いんですが、「できない」と「したいのにできない」は別で、MacOSの場合「したいのにできない」というのはそんなに多くないので使いやすいのではないかと思います。

ノートパソコン型なのも魅力ですよね

 あと、MacBookProはノートパソコン型のパソコンなので、持ち歩いて設置場所を変えたりしやすいですし、ちょっと重いですけど大きめのカバンがあれば出歩く時に持って歩く事も不可能ではないので使い勝手がよく、またバッテリーを内蔵したパソコンなので家の停電なんかがあっても瞬断しないので書きかけのデータが停電で消滅、という事件にならないでよいのが助かりますよね。
 まあ画面は小さいんですが、サブディスプレイを導入すれば画面サイズを飛び越えて便利な環境が手に入りますし、まあ据え置きMacが好きな人はそちらでもいいんですが汎用性が高いのはMacBookProだと思います。

一度深みにハマると抜け出せない魅力があります

 という訳でMacBookProは非常に魅力に溢れた製品で、一度購入して深みにハマると抜け出せられないだけの魅力があります。
 これからApple Silicon搭載のMacBookが出るという話なのに今更インテルMacを買うのもな、という話もあるかも知れませんが、インテルMac最終世代をしっかり抑えておいて他にApple Silicon搭載MacBookを買うのが一番理想的だと思いますので、買えるうちにインテルMacの最終世代を購入するのはいい考えだと思います。
 非常に魅力的な機械なのでぜひ検討してみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)