ガジェット紹介:006;Xiaomiスマホ Redmi note 9s

 どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日は私がサブスマホとして楽天回線で運用しているAndroidスマホであるXiaomi Redmi note 9sを紹介します。

なぜ今Redmi note 9sの話なのか

 Xiaomiの製品としては最新製品はRedmi note 9T・Redmi note 10が挙げられるのでXiaomiの最新製品という訳ではないんですが、今年2月時点ではXiaomiの最新製品だった事、OCNモバイルONEのキャンペーンで1円携帯として入手できたデバイスで、今でもRedmi note 9Tより高性能ですし探せばまだまだ入手可能なので、安くてコスパの良いAndroidスマホが欲しいというニーズの人にはまだスコープの範囲内にあると思われるスマホなので、情報共有として取り上げておこうと思ったのです。

Redmi note 9sとは

 Redmi note 9sとは中国Xiaomi社の開発・販売するミッドレンジAndroidスマホです。
 Android11を搭載しており正規価格でも25000円程度、手を尽くして調べれば1円〜100円で入手可能なスマホなんですが、価格が非常に安い割にはスペックが頑張っていましてSnapDragon720G、メモリが4GBでストレージが64GBの構成でAntutuベンチマークが27万程度、ギークベンチ5でシングルコア570、マルチコア1700程度のスペックなんですがこのスペックが2万5千円ってかなり安いですよね。それが1円〜100円で入手できるなら買わないと損、というレベルだと思います。

購入するに至った経緯

 私がRedmi note 9sを購入するに至った経緯には2つの線があって、1つは手元にAndroidスマホが無かったので欲しかった、というのと、楽天回線を契約するに当たってスマホが1台欲しかった、というのが挙げられます。
 手元にAndroidスマホが無かった、というのは、去年11月にiPhone12ProMaxを購入してiPhone Xが余ったので長男に払い出したんですが、次男が自分だけ何も貰えないのはずるい、パパの持っているGoogle Pixel3が欲しいと言い出したのです。言われてみるとそれも正当性があるな、と思う部分があり、ちょうどGoogle Pixel3のローンが終わるタイミングだったのでGoogle Pixel3を次男に払い出した結果手元にAndroidスマホがなくなってしまったのです。まあなくて困るものではないんですがサブスマホってあると便利ですし、安くて最新のAndroidに対応しているのがあれば欲しいな、という気持ちだったのです。
 もう一つ楽天回線を契約するに当たってスマホが欲しかった、という事については文面そのままで、楽天の1年間無料がそろそろ終了するという2月になって楽天回線そのものの速度に興味を持ったのと、1年間無料以降も月1GB以下なら維持費無料という話を見て楽天回線を1個持っておこうと決めまして、しかし持っているスマホはiPhone12ProMaxだけなのですがこれはDocomo回線で運用するために買ったので楽天回線を使う専用のサブスマホが欲しかったのです。折しもOCNモバイルONEでキャンペーンをしていて本体1円という契約の中にRedmi note 9sがあり、出ている1円スマホの中では突き抜けた高性能だったのでそれを選んだのです。

何を期待して選んだのか

 Redmi note 9sに何を期待して買ったのかと言うと、「回線付きの2台目のスマホ」の立ち位置です。
 メインスマホでけもフレをプレイしている間にサブスマホでアズレンを遊びたい、だとか、子供と出歩いてテザリング供給をする時にiPhone12ProMaxじゃなくて使い放題の楽天回線から供給したいニーズだとか、楽天回線の電話番号を使って電話番号を要するサービスを登録したい、というニーズがメインでした。
 それまでGoogle Pixel3をサブスマホに持っていたのでサブスマホの便利さは身にしみてわかっていましたし、性能そのものもPixel3よりちょっと良い程度の性能なので「今まで通りに使う」のができるという判断で、それができる事を期待して選んだのです。

実際に購入してみてどうだったか

 では実際に購入してみてどうだったかと言うと、ニーズに対する充足度は100パーセントでした。
 Pixel3よりちょっと良い性能でAndroid11、Pixel3と違ってトリプルスロットでDSDSに加えてマイクロSDカードで容量増加もできるので非常に使い勝手がよく、サブスマホとしてはスルッと生活の中に入り込んできました。
 当初OCNモバイルONEの回線をメインに、楽天回線をサブにして256GBのマイクロSDカードでカードを入れて運用していたんですが、今はOCNモバイルONEは解約したので楽天回線オンリーで運用しています。電話回線としてはそれなりに安定していますし出先でのテザリング供給は困らない速度が出るので満足しています。

生活にどういう変化があったか

 Redmi note 9sを購入して生活にどういう変化があったかと言うと、今までスマホ1台持ちでやりたい事が渋滞していた部分がスマホ2台になる事で渋滞が解消されたというのが大きいです。
 もちろん自分で入力する系のアプリを使う場合はスマホが渋滞する事はないんですが、動画を見ながら調べ物、ゲームの周回をしながら別のゲームの周回などスマホが2台あったほうが良い場合も多く、2台でも足りない時はiPadの出番ですし、「スマホは1台しかいらない」とは強弁しづらいのは正直あります。2台あったほうが便利です。
 ただまあ理想的なのは折りたたみスマホの上画面と下画面で別のゲームの周回ができる、というのなので、それができるようになったら2台持ちはいらないかも知れません。

購入してメリットであると感じた事

 購入してメリットであると感じた事は楽天回線が無料なので実質無料で2回線目を持てるという事と、その回線がそれなりのスペックのAndroidである部分であると言えます。
 今はAhamoにしたのでもう関係ないんですがそれまで私Docomoのギガライトを最低料金で使ってきたので子供にテザリング供給をすると1GBを超えてしまって追加料金が発生していたんですが、楽天回線でテザリングする事で追加料金がでなくなったのは大きなメリットでした。
 また電話番号が1個追加されたのでLINEのサブアカウントを作ったりTwitterのアカウントを作ったりできるのは正直便利ですよね。

購入してデメリットであると感じた事

 購入してデメリットであると感じる事は大きなものは特にないんですが、持ち運ぶスマホが2台になるので重さが倍、忘れる確率が倍というのと、意識して使い分けしないと結局全部メインスマホで片付けてしまうので頭を使わないと使い分けができない結果になる部分は問題だと思います。
 金額が高ければそこは確実なデメリットになるんですが、Redmi note 9sは非常に安い製品なのでその点はデメリットになり得なく、とりあえず1台持っていて困るものではないと思います。

個人的な評価は

 Redmi note 9sの個人的な評価は「買って損はない」というレベルです。
 ポケットにティッシュがない時に該当でティッシュを配っていたら貰うように、Androidスマホを持っていない状態でRedmi note 9sが1円〜100円で出ていたらとりあえず買えばいいと思います。
 もちろんいらなかった、私にはメイン1台で十分、という事がわかるかも知れませんが、それでもメインが故障した時に一時的にSIMを入れて使えるスマホが家の中に転がっているという便利さを考えれば「絶対に買うべきではなかった」という後悔にはならないと思います。

まとめ

 という訳で、XiaomiのRedmi note 9sについてのレビューでした。
 物凄くコスパは良いので、特に必要なくてもとりあえず入手してしまって良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)