サーバ引っ越しから1週間・思った通りの部分と予想外の部分

 どうもこんにちは、子供にアナログゲームに誘われたら断りきれないのと負けたら負けたで悔しいし勝ったら勝ったで気分が良いので次のゲームをしてしまい結局夜遅くどころか朝早くまでプレイしてしまう如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は子供に「目撃者たちの夜」というカードゲームに誘われて夢中になって朝4時までプレイしたあと子供を寝かしつけて今朝5時30分になってブログを書いていない現実に向き合わされているので、今日はサーバ移転から1週間経過になるのでさくらインターネットさんからエックスサーバさんに引っ越して思ったとおりに行った部分と予想外だった部分のお話をしたいと思います。

さくらインターネットとは

 さくらインターネットとはインターネット上でサーバを借りられるレンタルサーバサービスの1つで、月500円程度なのにマルチドメインで使えてCGIも動きデータベースも使えるのでWordPressが動くレンタルサーバとして有名なレンタルサーバサービスの会社・そして提供するサービスの名前です。
 安価な割にサービスの品質が良く提供されているサービスも網羅的に色々提供されているので何かを始めるには非常に向いているサーバで、アクセス数や同時起動数がそれほどないサイトの立ち上げであればさくらインターネットを使うのが手っ取り早く問題も少ないでしょう。
 5年ほど使ってきましたが非常に良いサービスです。

エックスサーバとは

 エックスサーバとはインターネット上でサーバを借りられるレンタルサーバサービスの1つで、月額1000円程度でマルチドメイン・データベースやCGIもガンガンに動きWordPressも速い速度で動作するので有名なレンタルサーバサービスの会社・そして提供するサービスの名前です。
 月額1000円とワンコインサーバと比べれば桁が上がってしまいますが安価な割にサービス提供のレベルが高くデータベース・WordPressの簡単立ち上げ・移行サービスも充実しており上位サービスへの引っ越しもスムーズにできる構成になっているので成長期のサイトを支えて立ち上げてしまい、立ち上がったサービスを今度は上位サービスで運用していく、という目的に沿ったサービスです。ワンコインサーバで物足りなさを感じる人には一段回上のサービスとして選択肢に上がってくるサービスです。
 今回こちらのサーバに移行したのですが移行が楽で速度も早くなり全体的にサービスの底上げがなされたので非常に満足しています。

さくらインターネットからエックスサーバに移転したきっかけ・理由

 私はもともとさくらインターネットを5年ほど契約していて特に大きな不満もなく満足してサービスを利用していたんですが、盆暮れの季節にアクセスが重くなるのとGoogle Analyticsのセッション数が月間4000を超える辺りからアクセスが重くなり503エラーでアクセス不可になる傾向にあるのを感じまして、特に今このブログ(きさらぎ めも)をリブートして月間セッション数を伸ばして行こうとしている状態でアクセスが重くなったり503エラーで蹴られる(アクセスログにすら残らない)のはありがたくないな、と思いまして、今アドセンスで月間500円くらい(ちょっと多めに言ってます。本当はもっと少ないです)の収入があるのでサーバ台を月間500円から1000円にしてもいいかな、という思いと、あと今さくらインターネットを2契約持っていて結局月間1000円なんですが、それを合流させて月1000円のサービス1本にしたらどれくらい違うだろうか、という思惑がありまして、ブログ移転をしようと思ったんですよね。
 それで色々考えたんですが、今までXREA、ロリポップ、さくらインターネットと渡り歩いてきて他に良いサーバはないだろうか、と考えた時にエックスサーバが月1000円でリーズナブルな割にパワフルなんじゃないだろうかと思って申し込んだのです。
 最初は10日間無料体験があるのでギリギリまで試してみて満足したら引っ越そう、と思ったんですが、4〜5日使ってみて「これはいいな」と思ったので早い段階で通常契約にしてしまいました。

移転してみて思い通りに行った部分

 エックスサーバに移転してみて思い通りに行った部分として、まずWordPressサイトの引っ越しが非常に楽だった事が上げられます。ドメイン移行の前に簡単移行ツールを使ってWordPressを読み込んであげればすぐにエックスサーバ内にWordPressが立ち上がりますし、普通に使っている分にはツールで引っ越したらあとはドメイン移管だけすれば引っ越し完了の簡単移行なので非常に楽でした。
 次に値段が倍になっているので当然といえば当然なんですが、さくらインターネットに比べるとサーバが軽くてWordPressで同じサイトを表示しても表示速度は倍速以上ですし複数ブログを同時に起動しても重くならないサーバの軽さなので非常に良いと思っていまして、500円の2契約で負荷を分散させるより1000円のサーバ1本でまとめてしまった方が速度的にも良いですし利便性も高い結果になりました。
 ドメイン引っ越しもネームサーバを設定するだけであとは24時間くらいまてばだいたい反映される感じですし、今使ってみて目に見える不便さというのは特にないので、このまま便利に使って行こうと思います。

移転してみて予想外だった部分

 逆に移転してみて予想外だった事は、これはエックスサーバの問題ではまったくないんですが、サーバ移転してもGoogle Analyticsのセッション数が戻らなかった部分です。移転する時にはさくらインターネットの503エラーで400アクセスくらいアクセス拒否されていたのでサーバを移行したらこの400アクセスは戻してくる、という認識だったんですが、実際には移転したあともセッション数は下がり続けているのでトレンドとして低下傾向だったようです。
 これは完全に自分が素人だった、読みが間違っていたという話なのでエックスサーバは関係ないところなので、これからまた頑張って記事を更新して露出数を増やしてセッション数・PV数を増やしていこうと思います。
 あとちょっとわからない部分なんですが、MySQLのデータベースをUTF-8で作成してそのデータベースを「どどんとふ」というTRPGオンラインセッション用のプログラムで登録したところ想定した動きをせずに「エンコードが悪い」的なエラーを吐くのでどうしよう、という部分はあるんですが、まあどどんとふはMySQLなしでも動きますし、どどんとふ自体今年いっぱいでクローズするサービスなので無理に調べて試して失敗する事はないな、と思っていて、とりあえず急ぎではないので着手はしなくていいかな、と判断しています。調べた範囲ではどどんとふさんの方でエックスサーバは推奨していないみたいですしね。

結論から言うと引っ越して良かったです

 まあ予想外というか自分の見当違いはあったんですが、サーバとしてのエックスサーバは非常にパワフルで使いやすいサーバで、移転してみて私にとって非常にやりやすいですしパワフルさも体感でわかる差があるので引っ越して良かったな、と思っており、ランニングコストは一緒なので二重契約になっている期間分とあと初期費用のオーバーヘッダはありますが十分にペイする利便性を提供して貰っているので問題ないかな、と思います。

まとめ

 というわけでさくらインターネットからエックスサーバに移転してみたら良かった事ばっかりで本当に嬉しいよ、パワフルで使いやすいサービスなので月1000円出費できる人にはオススメですよ、というお話でした。
 もちろん本人の体験です、全個人に同じ感想をもたせるとは限りません、という部分はあるんですが、とりあえず当面は引っ越しを考えずにやっていけるサーバだと思いますのでこれから便利に使っていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)