GPD Pocket:随筆には向かない

 布団に持ち込むパソコンとして便利に使っているGPD Pocketなんですが、ブログを書く感じで使うのは良いんですがブログを一歩超えて随筆と言うかエッセーよりのコラムを書こうとすると、キーボードが完璧ではない分使いづらくて「随筆には向かないな」という結論になりました。

 これは個人的な感覚なんですが、ブログよりのコラムって書く事が決まっていて「どう書こうかな」と思いながらテキストをタイプするのであればGPD Pocketのキーボードで全然問題ないんですが、エッセーよりのコラムって何を書こうかから動くので「思いついた事を書いて消して書いて消して最終的にできていく」という形だとGPD Pocketのキーボードは思考のスピードにタイピングのスピードが追いつかないので非常に書きづらいと言うか、ツールとしては思考にブレーキが掛かる速度なので向いていないという結論になるのかな、と思いました。

 まあそういう意味で随筆はMacBookProなりVAIO Zなりで書けば良いという話ですし、コラムは横になってGPD Pocketで、エッセーは起き上がってノートパソコンで、という使い分けにすれば良いだけの話なので、GPD Pocketは横になってのコラム書きマシーンとして活用して行こうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)