無印MacBookが欲し過ぎる

 タイトルが全てなんですが、今更になってディスコンになった無印MacBookが欲しくて仕方がないのです。今ならまだリファービッシュで新品相当が手に入る最後のチャンスなのです。
 今使っているMacBookProには全く不満がないんですが、ちょっと値段が高すぎるのと重量が重すぎるので気軽に持って歩く事ができないんですよね。
 そういう理由で持って歩くのは全てGPD PocketというおもちゃみたいなWindowsパソコン(にLinuxを入れ替えて)を使っているのですが、やっぱり使うならMacOSを使いたいし、MacOSでしか使えないアプリを使いたいんですよ。
 というニーズだともう一択で、無印MacBookなんですよね。値段も安いしMacOSが動くし小さくて軽い。今使っているMacBookProは母艦として据え置いて持ち歩きには無印MacBookを使うというのは理にかなった方法なのです。

 まあそういう結論になっても予算がないので買えはしないんですが、買うだけの経済的余裕がある人なら今まだ入手できるうちに入手しておいた方がいいですよ。
 もうディスコンなので今後生産はされないわけで、市場から減る一方で入手難易度は上がっていく一方になるので、買うなら早いうちが良いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)