USBメモリが勝手にパーティショニングされてサイズが小さくなった時

 Web経由でのデータ同期があまりにも時間がかかって仕方がないので、家にあるUSBメモリでデータをコピーしてやろうと思い立ちました。
 しかし保存しているデータは基本的に1フォルダで32GBを超えるものばかりなので32GBのUSBメモリでは足りず、家に1つだけある64GBのUSBメモリを使う事にしました。
 しかしこの64GBのUSBメモリ、Windows10の回復ドライブを作るのに1回使ってしまっており、その時に勝手にパーティショニングされて32GBの容量しか認識していないのです。
 その他、何かのサービスを使ったりした時にUSBメモリが勝手にパーティショニングされてサイズが小さくなる事ってままあります。
(そうなっているかどうかは管理ツールからUSBメモリを見てみるとパーティショニングされているかがわかります。この管理ツールからは問題は解決できません)
 そういう時はこの対処で一回パーティションを開放してフォーマットしなおしましょう。

【USBメモリのパーティション開放方法】
・コマンドプロンプトを開く
・「diskpart」を実行
・「list disk」でUSBメモリーを確認。サイズを見ればどのdiskがUSBメモリかわかるはず
・「select disk x」でUSBメモリーを選択(xは先ほど確認したdiskの番号。1とか2で指定)
・「clean」を実行
・パーティションが開放されるので管理ツールからフォーマットしなおす

 この操作は失敗するとメインのハードディスクを開放してしまう危険性がありますので、確実に操作をして下さい!不安な方は他の方法を探しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)