Spotifyが便利なのでローカルから音楽データを削除しました

 どうもこんにちは、今日は早めにブログを書いて残った時間はモンスターハンターライズでもゆっくりプレイしようと思っていたらブログのネタが思いつかずに2時間くらいが経過して計画がおしゃかになった如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日は音楽サブスクリプションサービスであるSpotifyが非常に便利なのでローカルから音楽データを削除しました、というお話を中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

Spotifyとは

 SpotifyとはSpotify社が提供する音楽サブスクリプションサービスで、いわゆる無料または定額を支払う事でSpotifyの提供する音楽データをストリーミング再生して聞く事ができるサービスです。
 音楽サブスクリプションサービスとしては古いサービスで提供される楽曲も多いですし海外発で日本でも提供しているサービスなので邦楽洋楽ともに充実しているので非常に使いでのあるサービスになっています。

Spotifyはフリーミアムなんですが

 Spotifyはフリーミアムのサービスなので無料でも一定部分のサービス提供を受けるこ事ができ、フルサービスを受けたければサブスクリプション課金をする、というサービスなんですが、Spotifyは無料サービスの提供範囲が広く、他の音楽サブスクリプションサービスに比べると非常に広い範囲のサービスを受ける事ができるのです。
 無料の範囲だと「宣伝が入る」「音楽はストリーミングのみ」「高音質版ではない」「スマホ版はリストのシャッフル再生のみ可能」「スマホ版は早送りに回数制限がある」という制限があるのですが、PC版のSpotifyは「宣伝が入る」「音楽はストリーミングのみ」「高音質版ではない」なんですが、好きな曲を指定して音楽を聞けますし、早送りの回数にも制限がありません。
 PC版で使うのであればウェブラジオを流し聞きしている感覚でいつまでも好きな音楽を聞けるので非常におすすめで、とても使いやすいのです。

パソコン版の月15時間制限が撤廃されたので

 特にPC版については今まで「月15時間までしか使えない」制限があったのですが今年の1月に時間制限が撤廃されて聴き放題になったので非常に使い勝手がよく、色々なアーティストの曲を聞いて気に入ったものはリストに入れ、という作業を繰り返して気に入ったリストができたらスマホでもシャッフル再生ができるので使いやすく、ダウンロードして聞きたい・高音質で聞きたい・宣伝が入らないで欲しいというニーズならサブスクリプション課金する必要があるんですがそうでなければ無料の範囲で延々聞けるのでお薦めです。

私が持っている音楽データはほぼ全てライブラリにあるので

 音楽ライブラリのデータについても非常に数多くのアーティストの曲が大量に用意されており、私は自分でiTunesで購入したデータはほぼ全てSpotifyの音楽データが用意されており、まあ持っているデータをわざわざ低音質版でストリーミング再生する必要性はないんですが、聴き比べてみた範囲ではiTunesとSpotifyの音質はそう大きな差がなく、私はアップルロスレスを使っているんですがそれでもそんなに大きな差を感じなかったので使い方によってはSpotifyで十分何じゃないかと思いました。

容量の少ないMacBookAirのデータを節約するのに音楽データを消しました

 私は今理由があってストレージ容量が256GBしかないMacBookAirを使っているんですが、Wi-Fi環境で音楽を聴き放題な状態なのでアップルロスレスで50GBある音楽データを保存しないで使えるというメリットは大きく、逆に持っていない音楽も聞けるのでSpofityの利便性は非常に高いので満足しており、今回私はMacBookAirから音楽データを消してSpotifyで音楽を聞く形に切り替えました。
 Spotifyのレコメンドは結構レベルが高く、それまで聞いていた音楽をもとにレコメンドしてくれる音楽のレベルが高く、私は女声外国語ヘヴィメタルが好きなんですが、Epica・Frozen Crown・Metaliteを集中的に聞いていたらNightWishやエヴァネッセンス、Dark Sarahなんかをレコメンドしてくれたので物凄い精度だと思っていて、持っている音楽を聞くだけでなくそれに関連した音楽を探して聞いて行く事ができるのは非常に便利なのでとても良いと思います。

そもそもここ最近はSpotifyでしか音楽を聞いていないので困らなかったです

 まあMacBookAirから音楽を消した事についてはここ最近というか1月からずっと音楽はSpotifyで聞く運用をしておりそれで困っていなかったのでデータを消してもやっぱり困らなくて、音楽リストをシャッフル再生したりアーティストをシャッフル再生したりアルバムを順に再生したりできるので非常に便利で、これが無料で使えるのでパソコン版でSpotifyを使うニーズは確実にあるのでまだ未体験の人は是非試してみるべきだと思います。
 基本的には宣伝があるので鬱陶しい部分はあるんですが、5分辺り30秒程度の宣伝なのでラジオを聞いているのと大差ないですし、ラジオと違って自分の好きな音楽だけを延々聞く事ができるのでとても良いのでお薦めです。

SpotifyはクロスOS対応アプリなので

 SpotifyはWindows/Mac OS/Linux/iOS/Androidの全てにアプリがあり、全部同じ使い勝手で使う事ができるので便利なんですが、特にWindows版とMac OS版とLinux版はデスクトップ版として扱われるので音楽の指定再生に対応していますし早送り回数にも制限がなく宣伝が入るミュージックプレイヤーとして使えるので小さいパソコンでもいいのでパソコン版のSpotifyを使う意味があるので、UMPCにOSを入れてSpotifyアプリを動かすというのはなかなか悪くない使い方だと思うので、今パソコンがない人はハードオフか何かで動くジャンクを買ってきて試してみるのが良いと思います。

逆にスマホ版は課金してないと使い物にならないので

 まあSpotifyはフリーミアムなので課金して貰わないと困る部分もあるので仕方がないんですが、スマホ版のSpotifyは課金していないと使い物になrな愛部分が結構あり、非課金だとスマホ版は「プレイリストのシャッフル再生」しか対応しておらず「早送り回数に制限がある」ので、そもそもプレイリストを作っていないと使えないですし早送りに回数制限があるので「プレイリストから聞きたい曲」を指定する事ができないイライラがあるのでスマホ版はおすすめしないです。
 ただ月1000円の課金をすれば指定曲の再生に対応しますし早送り回数も制限されず高音質版をダウンロードして聞けるのでデスクトップ版以上の使い勝手になりますし、音楽に月1000円出せる人ならばお薦めです。
 まあ個人的にはパソコン版で音楽聴き放題だけで十分楽しめるので私は課金しないんですが、どうしてもその使い方をしたい場合は課金するのはありだと思うので、まずはお試しに使ってみるといいと思います。

まとめ

 という訳で、音楽サブスクリプションサービスであるSpotifyが非常に便利なので音楽再生環境としてヘヴィローテーションしており、もうローカルの音楽データは聞かないのでストレージの容量削減のためにローカルから消してしまいました、というお話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)