メインパソコンを修理に出す事にしました。

 どうもこんにちは、三寒四温なので体調を崩しやすく、今日は寒いのにスタバのフラペチーノを飲んでしまったので身体が寒くて暖房を炊いている愚かな如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日はメインパソコンの調子があまりにも悪いので修理に出す事にした、というお話をお送りしたいと思います。

私のメインパソコンはインテルMacのMacBookPro15インチ(2018年モデル)なんですが

 私がメインで使っているパソコンはMacBookPro15インチ(2018年モデル)なんですが、これ普通の吊るしモデルではなくCTOモデルのものを選んで買ったのです。
 スペックでいうと本来クアッドコアCore i7のCPUをヘキサコアのCore i9に載せ替え、メモリを16GBから32GBに増設し、ストレージも512GBから1TBに増やして、ビデオカードもRadeon Pro Vega 20を積んだモデルで、当時の価格でいうと50万円近くの製品だったのです。
 私の場合Appleのウェブページと毎日にらめっこした結果欲しいモデルをリファービッシュで入手する事ができ、7万円くらい安く買えたので、その分Apple Careに加入したのです。
 このパソコン、リファービッシュであるのと関係あるのかはわかりませんがバッテリーが2回膨らんで交換した経緯があり、Apple Careに加入していて良かったと思うのですが完璧には程遠いコンディションなのです。

最近というかここ半年ずっと調子が悪かったんですよね

 特にここ半年悩まされているのがKernel Taskの暴走で、メモリが半分余っていてCPU温度も70度くらいなのにKernel Taskが700パーセントとかになってしまう状態に見舞われているんですよね。
 再現性もあって、Google Chromeで25個のタブを開き、Tweetbot for Twitter3でTwitterを見ながらMarsEdit4でブログを書き、この状態でSpotifyを起動すると必ずと言ってよいほど暴走します。
 問題が連続する場合一回ユーザーを作り直して環境を展開するとしばらくの間暴走しないんですが1〜2週間するとまた再発するようなので何度か諦めてOSのリカバリも試したんですがやっぱりしばらくすると再発するのでアプリの相性が悪いのか本体固有の問題なのか切り分けができないのです。
 Spotifyに限らず、ネットワークに負荷がかかるとKernel Taskが暴走する感じで、Notionにデータを転送しても艦これウィジェットで読み込みが行われてもKernel Taskが暴走するのでネットワーク周りになにか問題があるんじゃないかと思っているんですが、ネットワークを使わないでパソコンを使うのも難しく、結果いつもKernel Task暴走に付きまとわれているのです。

使い勝手で言うとサブのM1搭載MacBookAirの方がマシな状態だったので

 MacBookPro15インチ(2018年モデル)はマシンパワーがあるのでKernel Taskで700パーセント持っていかれても6コア12スレッドで1200パーセントの実力があるので動かないわけではないんですが、使い勝手でいうとKernel Taskが暴走しないサブのM1搭載MacBookAir(2020年モデル・16GB/256GB)の方がマシと言うか、ぶっちゃけて言うと圧倒的にM1搭載MacBookAirの方が使い勝手が良い状態だったので非常にストレスフルで、値段が高く苦労して入手したものなのでMacBookPro15インチ(2018年モデル)を活かしたいんですが活きてくれないので非常に苦しい状態でした。

今までAppleに問い合わせても解決しなかったので半ば諦めていたんですが

 この問題、あまりにもストレスフルなので何度かAppleにも問い合わせていて、1回は「ユーザーを切り替えて動かす」という方法を教わって1ヶ月くらい問題が再発しなかったんですがやがて再発するようになり、2回めに問い合わせたところ「Apple純正アプリ以外を使わないでください」という無茶を言われて呆れて電話を終えたんですが、ぶっちゃけ私が今使っているのはGoogle ChromeとGoogle日本語入力以外は全部App Storeで買ったものなのでサポート外と言われてもお前のところで買ったアプリだろ、という部分があり非常に納得できなかったんですよね。

M1搭載MacBookAirに乗り換える前に1回だけ修理して欲しいと思いまして

 しかしあまりにもMacBookPro15インチ(2018年モデル)がKernel Task暴走を起こすのであまりにも辛くて、本気で値段が4分の1であるM1搭載MacBookAirにメイン機を乗り換えるか、というところまで追い詰められてもう一度だけAppleに聞いてみよう、修理できるものならしてもらおうと思って今日サポートから電話を貰ったんですが、今回のサポートの結果一度引き取って修理を試して貰える事になりました。
 修理するならAキーが文字消えしているので直して欲しい、というのも伝えてサポートの電話を終えたんですが今日は満足できるサポートだっったので良かったです。

明日引き取りが来る予定なので1週間入院するとして21日は戻る予定なので

 明日引き取りが来る予定で、到着後中1日で帰ってくると考えるとだいたい20日〜21日には帰ってくる予定なので、その段階で問題が修正されているか確認できればいいと思います。
 一番いいのは修理する事で問題が解消する事なんですが、それでも駄目なら諦めてM1搭載MacBookAirni引っ越そうと思います。
 今もまさにM1搭載MacBookAirでブログを書いているんですが、キーボードは慣れれば全然平気な感じですし、使うアプリ全部開いてWindowsも仮想化してメモリが5GB余っているので余裕がある動きですし、乗り換えて困ることってそんなにないと思うんですよね。

基本的には非常に高い買い物で今月ようやくローンが終わるのでもっと使いたいんですが

 最悪本当に直らなければMacBookPro15インチ(2018年モデル)は中古品として売りに出してしまい、出たお金でM1搭載MacBookAirの16GB/1TBモデルに乗り換えてしまおうか、というのも考えているんですよね。
 まあMacBookPro15インチ(2018年モデル)は非常に高い買い物でしたし、今月ようやくローンが終わるのでここから長く使っていきたいニーズなのでできる事なら活かしていきたいんですが、どうしても使っていてフラストレーションが溜まるようであれば無理に使う方がストレスになるので手放してしまった方がいいんじゃないかというのは正直あります。
 まあどっちにせよ修理に出してみて結果を見ないとなんとも言えないんですが、無事修理されて問題が再発せず、メインマシンとして仮想化環境を込みでバリバリに使っていってあと4〜5年で寿命、というのが一番良い結末だと思うので、そうなってくれるよう祈っています。

まとめ

 というわけで、メインパソコンの調子があまりにも悪いので修理に出す事にした、というお話でした。
 直ってくれるといいんですけどね……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)