久しぶりにMacBookProにリカバリをかけています(今最中)

 どうもこんにちは、私が使うとどうしてもKernel Taskが暴走するので折を見てMacBookProにはリカバリをかけなくてはならないんですが、逆にM1搭載のMacBookAirだとどんなにハードに扱ってもKernel Taskが暴走する気配がないので完全にM1搭載MacBookAirに引っ越したほうがいいかもしれないと思っている如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日は久々にMacBookPro15インチ(2018年モデル)をリカバリしているのでそれについてのお話を中心にできればいいと思います。

私のMacBookPro15インチ(2018年モデル)は

 私がメインで使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)はCTOモデルで本来クアッドコアCore i7のCPUをヘキサコアCore i9のCPUに載せ替え、16GBのメモリを32GBに拡張し、ストレージも512GBかr1TBに積みました上でグラフィックボードがRadeon Pro Vega20のモデルです。
 世代でいうとMacBookPro15インチ(2019年モデル)とMacBookPro16インチモデルの2機種が新しい機種としてあるので2世代前のマシンなんですが、ストレージ以外限界まで載せ替えをしたモデルなので物凄く高機能で(値段もすごかったですけどね)普通に使っている分にはまずスペックの底を知る事ができないくらいに高機能ですし、何をさせても大概サクサクヌルヌルしているのです。
 しかし一点問題がありまして、最近原因不明のKernel Task暴走でシステムリソースを全部喰ってしまってまともに動かなくなる様になってしまったんですよね。

今までも何度かKernel Task暴走でリカバリしてきているんですが

 このMacBookProはいわくつきで、今まで何度も原因不明のKernel Task暴走でシステムリソースがなくなってトラブルシュートするハメになった機体なんですが、今まで仮想化環境とネットを併用するとアウトだったりモバイルディスプレイを接続するとアウトだったりしたんですが、結局それらは最終的にリカバリで解決してきたのです。
 まあリカバリは最終手段ですが死ぬほど面倒くさいというほど面倒ではないので3ヶ月に1回くらいのペースなら別に良いんですが、リカバリに至るまでが苦痛なので(動作が遅かったり動かなかったりするので)なんとかしてほしい気持ちもあります。

今回はNotionをきっかけに不定期で暴走するようになったので

 今回は新しくインストールしたアプリケーションであるNotionで大量のデータをアップロードしようとするとKernel Taskが暴走するという状況で、まあこれM1搭載MacBookAirからアップロードする分には何の問題もないのでM1搭載MacBookAirからやったんですが、細かいファイルなんかをMacBookProからアップロードしようとすると今度は小さなファイルでも暴走するようになってしまったのです。
 小さいファイルも駄目となるとNotionが非常に使い勝手が悪くなるので嬉しくなく、またそもそもKernel Taskは暴走して良いものではないので一旦問題解決したいと思いいろいろ試したのです。

ユーザーの作り直しも試したんですが速攻で暴走したので

 Finder再起動・アプリの再起動・MacBookProの再起動・セーフブート・NVRAMのクリア・SMCのクリア・ユーザーの作り直しまでやったんですが、どれをやっても結構早い段階で不定期にKernel Taskが暴走するのでもうOS本体の問題だなと思っており、一回更地にしてもう一度環境構築をやってみるしかないのかな、と思いました。

一回環境を直さないといけないな、とは思っていたんですが

 まあそもそも11月にM1搭載MacBookAirを入手してから今までメンテをしていなかったのでメンテもしなければならない頃合いでしたし、一回環境を直さないといけないな、というのは思っていたので良い機会ですし、サクッとリカバリをしてやろうと思ったのです。

今月1TBのポータブルSSDを手に入れてデータのバックアップは取れているので

 なぜこんなにフットワークがいいのかというと、データのバックアップについては今月誕生日で嫁さんからポータブルSSD(1TB)を貰って環境をバックアップしており、読み書きともに早いSSDなのでデータの書き戻しも早いでしょうし、そもそもデータがバックアップされているので今からバックアップする手間がなく、今なら、むしろ今こそOSのリカバリをするタイミングだと考えたのです。

早速OSの入れ直しをしているところです

 というわけで今まさにOSの入れ直しをしているところです。Catalinaをクリーンインストールしています。
 書き込みに25分くらいかかるという事なので私がブログを書くのが30分くらいなのでちょうどよかろうと思って今作業をしているんですが、Windowsと違ってMac OSは簡単にリカバリできるのは強いよな、と思うのです。
 まあ逆に言えばそれだけリカバリさせられるOSなんですけど、まあどちらのOSも日頃のメンテナンスが大事ですし、メンテの中にリカバリは項目として上がってくるものなので仕方がない部分があり、仕方がないなら楽な方が良いのです。

OS入れ直し後は各種のソフトの書き戻しを行うので

 OSの入れ直し後は各種のソフトの書き戻しを行うので結構まとまった時間が取られると思っていて、多分なんですけど今日寝るまでかかると思うんですよね。
 ソフトのインストールだけなら楽なんですけど各種設定を戻さなければなりませんし、2段階認証を設定しているのが山のようにあるので今日は2段階認証で一日が終わるな、と思っており、まあ認証の限界を迎えると電話認証とかが必要になってくるので非常に面倒くさいのでミスの数を減らして処理しなければならないと思います。
 まあその点では私BitWardenを使っているのでID・パスワードの管理は完璧で、コピペだけミスらなければ全部問題なく通る状況なので、この前2時間かけてセッティングしておいて良かったな、と思います。

多分今日一晩かかるので先にブログだけ上げておきます

 というわけで多分なんですけど今日の残り時間は全部リカバリと書き戻しに使われると思うので、先にブログだけアップしておきます。
 このブログは今書いているのでいいんですが他にもいくつかブログがあり、それも更新しようと思うと結構な時間を取られるのでOSを書き込んでいる時間をできるだけ使ってブログを更新し、入力作業や設定なんかは手を使うので仕方ないんですができるだけ手間を取られないように作業を進めていければいいんじゃないかなと思います。

まとめ

 そんなわけで、今日はここのところKernel Taskが暴走するので困っていたMacBookPro15インチ(2018年モデル)をリカバリする事にした、もうすでに作業は始まっているのでブログを書き次第作業に戻りますよ、というお話でした。
 まあMacを使う以上リカバリは避けて通れないんですが、決まった時間を使うので面倒くさくはありますよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)