音楽ライフに激震が走る>Spotify月15時間制限の撤廃

 どうもこんにちは、今日は嫁さんとランチの約束があったので普段午後7時とかに起きるのに12時前には起きていたので現時点で物凄く疲れているのにブログが書けていないので気合で起きている如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は音楽ストリーミングサービスのSpotifyがPC版の月15時間制限を撤廃したので、これから音楽を聞くのは全てSpotifyで良くなった、というお話しです。
 iPhoneとかにデータをダウンロードしたければサブスクリプションするかiTunesで音楽を買わなければならないんですが、逆に言えばストリーミング再生だけで持って歩けなくてもいいのであれば一生無料で音楽を聞けるという事なのでとんでもない事です、というお話しをしたいと思います。

Spotifyとは

 Spotifyとはクラウドストリーミングサービスの大手の企業名・サービス名を指します。
 音楽をクラウドで聞くためのサービスで、サブスクリプション課金形式のサービスなのですがわりと無料の範囲でできる事が多く、そして色々なサービスとフューチャーしているのでサービスとしては有名所で、iTunesやYouTubeMusicと並ぶサービスなので名前だけでも知っている人は多いのではないでしょうか。

スマホデバイスでは普通のサービスなんですが

 Spotifyはスマホデバイスで言うと普通にクラウドストリーミングで音楽が聞ける、無課金だとプレイリストのシャッフル再生のみ対応、広告が入る、スキップに回数制限があるというごく一般的なサービスで、課金すると曲を高品質でダウンロードしてきて帯域を食わずに再生したり広告を消したりスキップを無制限にする事ができるという本当にスタンダードなサービスです。
 Spotify独自のものとしてはプレイリストのおすすめ機能がなかなか優れていて、色々音楽を聞いていると傾向に従ってプレイリストをおすすめしてくれるんですが面白い曲をレコメンドしてくれるのでなかなか良いサービスです。

PC版のサービスが尖っているんですが月15時間制限があったんですよね

 しかしSpotifyのサービスの真骨頂はPC版のサービスだと言えて、PC版だとプレイリストのシャッフル再生ではなく選択しての再生が可能で、聞きたい曲そのものを指定して聞く事ができるのです。
広告は入りますが曲のスキップも無制限にできますし、ほんとうの意味で「音楽聴き放題」を提供してくれるのはSpotifyのPC版サービスだけだ、と言えるレベルの高さなのです。
 しかしSpotifyのPC版サービスは便利すぎるからなのか月に15時間までの時間制限があり、それを超えるともうPC版では音楽が再生できないのです。全くです。
 PC版の時間制御とスマホ版の使用制限は全く別物なのでPC版で15時間聞いた後でもスマホ版では聞けるんですが、スマホ版ではプレイリストのシャッフル再生しかできないので「このアルバムのこの曲が聞きたい」という事ができないので非常に不便で、私はそういう時間制御されるのが嫌で月の初めに好きなだけ聞いて15時間経過、後は聞かない、みたいな感じで過ごしているうちにSpotifyのサービス自体をすっかり忘れてしまっていたのです。

その月15時間制限が撤廃されました

 しかし、PC版の月15時間制限は撤廃されました。月何時間聞いても良くなったのです。
 という事は、音質に強いこだわりがなければ宣伝こそ入るものの好きな曲を聴き放題、ローカルのダウンロードはできませんが今どきキャリアでパケットの使い放題を選べば1Mbpsくらいは出るのでストリーミングで音楽を聞いても全く問題なく音楽が聞ける状態なのです。
 今までは聞きたい曲のバリエーションが増えると課金が見えるので知っている曲だけを聞いていたのが、時間制限がなくなったという事はレコメンドされる曲も試しで聞いてみて、気に入ればプレイリストに加えれば良くなるのです。
 これは物凄い事で、私の音楽ライフに激震が走るのです。
 今まで「聞くな」と思った曲は先手を打ってiTunesで購入して聞いていたのが、まずSpotifyで試しに聞いてみて、気に入ったらiTunesでダウンロード購入すればいいのです。一回全部聞けるのです。気に入るまで何度でも。
 というかもっと言えば音質にこだわりがないならば全ての音楽をSpotifyにまとめてしまって良いくらいのサービス改善なのです。

早速メインのプレイヤーに据えました

 という訳で、以前色々試した時に「一番良いのはSpotify」と言っておきながら月15時間制限に引っかかって撤回せざるを得なかった私ですが、今回のサービス改善で堂々とSpotifyをメインのプレイヤーに据える事ができるようになりました。
 SpotifyはMacで一般アプリとして挙動するので、iTunesをバインドしたTouchBarはそのままでSpotifyのコントロールに使えますし、AlfredだってSpotifyのプレイヤーWorkFlowが整備されているのです。
 今まで使ってみて唯一の問題点が「使用時間に制限がある」という部分だったので、それが改善されたという事はサービスとしてほぼ完璧であるという事なので、非常に良い事なのです。

女性メタルで検索して「Heavy Queen」なんかのリストを聞いています

 そういう訳で時間制限なしに使い放題になったので、早速自分の趣味である女性ヴォーカルのメタルを探してみたところ「Heavy Queen」というまんま狙い撃ちのプレイリストを見つけたので早速聞いたんですが、非常に良いですね。
 私は今までEpica、Frozen Crown、Metalite、Volturianなんかしか聞いてなかったんですが、NightWish、Moonlight Hazeなんかもいいな、と感じており、もうちょっと色々聞いてみて気に入ったCDがあったらiTunesで買いたいと思います(音質が良いファイルという意味でiTunesで買う選択肢は私の中ではアリなので)。

1日で5時間聞きましたが制限はもうないので

 新しいリストを見つけて大喜びで今日一日で5〜6時間聞いてしまったんですが、今までなら「月の容量の3分の1を使ってしまった」という思いになるのに、制限が撤廃された事で「これだけ聞いてもまだ聞ける」というのが非常に嬉しく、今もメタルを流しながらブログを書いているんですが、本当にこれ素晴らしいサービスですよね。
 こんな大盤振る舞いなサービスでマネタイズ可能なの?という疑問もなくはないんですが、マネタイズ可能だと読んだからサービス開放しているんでしょうし、問題ならまた制限がかかるだけだと思うので、現状はただ喜んで色々な音楽を聞き、人にもその音楽を・Spotifyをおすすめしていこうと思います。

SpotifyはLinuxクライアントもあるんですよね

 ちなみになんですが、私は今MacクライアントでSpotifyを聞いているんですが、SpotifyはWindowsの他にLinuxのクライアントも提供されていて、ブラウザからワンクリックで導入できるのです。
 早速ブラウザから導入してみたんですが、GPD Pocketの画面では字が小さすぎて見えないのでWindowsキープラス「+」ボタンで画面を拡大して使っています。ちなみにMacの場合Commandプラス「+」ボタンで画面を大きくできるので老眼のフレンズは試してみて下さい。

ガッツリ使っていきたいと思います

 という訳で、音楽ストリーミングサービスのSpotifyがPC版の月15時間制限を撤廃したので好きなだけ好きな音楽が聞けるようになった、というお話しでした。
 物凄いサービス改善なので、このためだけにポケコンを買ってもいいくらいのサービスですから、ぜひ試しに使ってみて下さい。ここまでのサービスが無料なんて信じられないですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)