戯言:モバイルディスプレイの交換品が来たので、他

 どうもこんにちは、モンスターハンターライズの体験版配信によって家族が熱狂して朝3時から体験版をプレイしているので今午前7時までプレイしていてブログが全く書けていないのに今気づいた如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日はモバイルディスプレイの交換品が届いたので、というお話しを中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

FANGOR F-PM-1506とは

 今サブディスプレイとして使っているのはFANGORのF-PM-1506という製品なんですが、安く購入できた割にはサポートが良くて喜んでいます。
 ものとしてはモバイルディスプレイ、15.6インチ、2K60FPS表示でUSB-C接続とミニHDMI接続が可能でUSB-Cの場合ケーブル1本で電力供給もできるので簡単に使えて、私は家族みんなでプレイするモンスターハンターワールドの画面を手元に持ってきたいニーズ(自分用のディスプレイを置く場所がないので据え置きのディスプレイを買えないのです)で入手したんですが、モンハンをプレイしない間はMacBookProに繋げば良かろう、と思っていたら非常に便利で、今はMacBookProを使う時はF-PM-1506がないと満足して使えない、くらいに気に入っているのです。
 MacBookProが15インチなので画面サイズがほぼ一緒で、MacBookPro側には使っているアプリを最大化して表示し、サブディスプレイにはアクティビティモニタやプレビューなどを表示して使うと本当に便利で、今までサブディスプレイは何がいいのかわからなかったんですが実際に使ってみると便利さが身にしみる感じです。
 F-PM-1506はAmazonで18000円くらいで入手できますし、レビューを書くと3000円分のAmazonポイントが貰えるキャンペーンをしているので実売15000円くらいで、その価格でいうと十分な性能がありますし、とりあえずサブディスプレイや持ち歩けるモバイルディスプレイが欲しいという人には良い選択肢だと思います。

USB-Cポートがグラついていたのでサポートを受けていたんですが

 という訳で結構満足して使っているF-PM-1506なんですがちょっと問題を抱えていまして、USB-Cポートがグラついて接続が切れてしまう事が多々あるのです。
 まあ原因でいうと私がUSB-Cケーブルに足を引っ掛けて抜いてしまったのが原因だと思うんですが、購入してから半年経っていませんし、接続がブチブチ切れるのはありがたくないので修理対応をして欲しいと思いサポートにメールしたんですが、非常に丁寧で良いサポートを受けられて、今F-PM-1506の交換品を送って貰ったところなのです。
 修理対応ではなく交換品を送ってくれたので話が早く、早速交換して使ってみたんですがUSB-Cポートのグラつきがないので非常に使いやすくて助かったのです。
 年末年始を挟んでも初回メールから交換品到着まで10日かかっていない速さでの対応で、とにかく話が早くて助かりました。

元のディスプレイは引取されなかったので余っています

 そしてなんですけど、交換品を送って貰ったんですが、交換元のUSB-CポートがグラつくF-PM-1506は引き取られていかず、メールサポートでも送り返す指定を受けていないので、多分これ手元で破棄してくれという事だと思うんですけど、F-PM-1506はUSB-CポートだけじゃなくミニHDMIでも接続できるので、ミニHDMIで接続するのであればデバイスとしては使える状態なのです。
 この状態で捨てるのは勿体ないと言うか、私のサブパソコンはM1搭載MacBookAirなのでUSB-Cしかポートがないので使えないんですが、嫁さんとか次男が使っているパソコンにはHDMIポートがあるので、そこからHDMItoミニHDMIケーブルを使って接続すれば普通にサブディスプレイとして使えるという事なので、とりあえず何かに使うかも知れないですし取っておく事にしたのです。

次男が欲しがるのであてがいました

 とりあえず取っておくことにしたんですが次男がサブディスプレイに興味津々で欲しいと言っているので、そして嫁さんがいらないと言っているんで欲しがるのが次男だけですし(長男には4Kのモバイルディスプレイがあるので長男はいらない)、次男にあてがう事にしました。どう使うつもりなのかはわかりませんが使いたいというのであれば別に構わないですし、ジャンク入れに送られるのではなく使いみちがあるのであればそれに越した事はないのでとりあえずのオーナーは次男に決定しました。

一連のサポートには本当に満足しているので

 初回メールから交換品到着までの一連のサポートで迅速かつ丁寧な対応をして貰って本当に満足しているので、次に何か製品を購入するならFANGORは選択肢の1つとして意識しておこうと思います。
 製品を交換して引き取らない(=デバイスが増える)対応としてはLogicoolもそういう対応をしてくれるんですがLogicoolはサポートが最悪というかメール1往復するのに5日とか平気でかかるメーカーなので私はLogicoolは人にはおすすめしないんですが、FANGORは人にもおすすめしやすい感じがします。
 サポートの良さでブランドイメージができるので、FANGORさんの今回の耐おいうには大満足ですし、良いブランドだと思います。

Evernoteをガンガン使っている

 尺が余ったので別の話になりますが、今Evernoteをガンガンに使っています。
 人に見られて恥ずかしいとかいう考えを取り除いて、とりあえず「イイな」と思ったものは片っ端から送り込んでいく動線を取るようにしていて、この2〜3日で結構な量のテキストと画像が保存されました。
 また持っている製品の取扱説明書なんかをダウンロードしてきた時にそのまま放り込むようにしたので、製品について何か知りたければEvetnoteから検索すれば一撃です。
 ブログとかだと検索しなおせば同じ情報にたどり着ける可能性が高いんですが、Twitterなんかに流れてくる情報はその瞬間に捉えておかないともう補足できない可能性が高いので、出会い頭に保存してしまって後で整理する、くらいのザックリさでいかないと情報が消えていくので、とりあえず自分がなにかの反応をしたいと思ったものは全て保存、その後でゆっくり処理という動線で行く事にしました。

Yoinkが便利

 Evernoteを使うにあたってYoinkというアプリが非常に便利で、私Evernoteに限らずテキストを使うアプリは全て全画面で使うんですが、EvernoteやTweetbot・MarsEditにファイルをドラッグアンドドロップする時に非常に面倒だったんですが、Yoinkを導入する事でファイルをYoinkに、Yoinkからアプリにドロップという動線でファイル類をサクサク貼り付けできるので非常に満足しています。
 アプリを最大化すると他の場所からのドラッグアンドドロップが本当に面倒くさいと言うか、最大化解除、フォルダを開いてファイルを探し、ファイルをドラッグしてアプリへ、最大化し直し、という動線がフォルダからファイルをYoinkへ、アプリに移動してYoinkがアプリの端に表示されるのでそこからドラッグアンドドロップで済むので物凄く手間が省けますし、非常に直感的な動きをしてくれるので満足しています。
 Yoinkは便利アプリなのでなくてもいい、というカテゴリなんですが、1000円くらいでこの利便性は驚くほどのコスパなのでおすすめです。

まとめ

 という訳で、FANGORのモバイルディスプレイF-PM-1506の交換品が届いたよ、というお話しを中心に戯言編成でお送りしました。
 2台あるって魅力的ですよね……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)