Beats Flex、かなり良いイヤホンです。

 どうもこんにちは、当初M1搭載MacBookAirはサブ機として使う予定だったのですが、予想以上に高性能である事、使えないと思っていた機能が使えるという事がわかったのでサブユースというかMacBookProと同等にツインボーカル的な両方メイン機で行こうかなと思っている如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日はAppleというかBeatsブランドの新しいワイヤレスイヤホンであるBeats Flexがなかなか良いよ、というお話を中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

Beats Flexとは

 Beats FlexとはApple社のオーディオブランドであるBeatsのワイヤレスイヤホンで、今年10月に出たばかりの製品なんですが、音質と値段が非常に良いバランスで成り立っており非常に良い製品なのです。
 もともとBeatsは音作りが非常に良いブランドですし、ファッションとしてもセンスの良い製品を出すブランドなのでBeats Flexもその系譜のワイヤレスイヤホンとして注目されており、まあワイヤレスイヤホンにはAirPodsという破壊的なプレイヤーが居るのでアレなんですが、ワイヤレスでも独立型だと片方なくす、という人の場合Beats Flexはネックストラップ型の両耳がつながったワイヤレスイヤホンなので使いやすいと思います。

税抜5400円のワイヤレスイヤホンなんですが

 Beats FlexはBeats製品としては珍しく(というかApple製品としては珍しく)格安のジャンルの製品になっており、12時間の電池持ちをするワイヤレスイヤホンが税抜5400円なのです。税込みでも6000円を割る金額なので非常にお求めやすく、ワイヤレスイヤホンは適当なものを選んでも3000円くらいは普通にするので、それを2個駄目にしたと思ったらちゃんとしたブランド物のワイヤレスイヤホンが手に入るので、これは結構衝撃的と言うか、かなりのお買い得感がある製品なのです。
 まあまともなブランドでワイヤレスイヤホンを選んだ場合2万3万が当たり前の世界なので5400円というと身構えてしまう部分が結構あるんですが、このBeats Flexの5400円は違うと思っていて、非常に「安物として良い」のではなく、「良いものが安い」感があるのです。

思ったよりも音が良いんですよね

 Beats Flexは両耳のイヤホンが首の後を通すネックストラップでつながった製品なんですが、見た目の好みはあると思うんですが装着感が悪くなく(むしろ良い)、そして音がすごく良いのです。
 私が持っているAirPods第2世代と比べると低い音がしっかり聞ける印象で、ロック・ポップス・メタルなんかを聞くにはAirPodsよりも向いているんじゃないかと思います。
 私はメタル愛好家なので低い音がずっしり聞けるのは非常に嬉しくて、AirPods第2世代よりもBeats Flexを使う事の方が多くなってきました。
 まあAIrPods第2世代と比べるとカナル型な分音がしっかり聞けるというのもあるんですが、それを差し引いて考えても音が良いです。税込み6000円で手に入る音ではないです。

使い勝手も悪くないですし

 ネックストラップでつながっている分イヤホンが落下しづらい・紛失しづらいのもありますし、聞かない時は胸元で磁石でイヤホンをつなげて音楽再生を一時停止できますし、使い勝手は非常に良いと思います。
 難を言うと私は基本的にカナル型が好きじゃないんですが、カナル型は耳の穴に密着する分外の音が聞きづらく、音を出していなくても人に声をかけられても気づかなかったりスマホの通知音声を聞き逃したりしてしまう部分があって、そこはAirPodsの方が優れているな、と思います。
 ただ逆に言うと遮音性に優れているという事なので音楽への没入感は素晴らしいですし、音楽を優先して聞きたい、という人にはカナル型は良い選択肢なので結果としてBeats Flexも良い選択肢になりうると思っていて、そういう意味では音楽を聴き込める環境ではあるので評価に値すると思います。

この性能でこの値段なら「買い」と言ってもいいんじゃないでしょうか

 正直Beats Flexについてはコスパが良すぎると思っていて、ブランド物でこのクラスのワイヤレスイヤホンが、税込み6000円で手に入る、というのはなかなかない機会だと思うんですよね。
 音が良いのは当たり前だとしても、フル充電で12時間音楽が聞けるバッテリー、10分の充電で90分聞ける急速充電、Apple製品と連携性が高くデバイスの移動もらくらくできて5400円なのでこの性能でこの価格なら間違いなく「買い」な製品だと言っていいと思います。決して言い過ぎではないと思います。
 Appleはここ最近iPhoneを安く売ってM1搭載MacBookAirを安く売ってBeats Flexを安く売って、普及価格帯の製品に本腰を入れてきた感があって、個人的には非常に良いと思っているんですが、Appleはそもそもブランドなのでブランドイメージを貶める安さを追求するのも人によっては嫌なんじゃないかな、と思いつつ、私は貧乏なので普及価格帯で良い製品が出てくれるのは大歓迎なので良いです。

M1搭載MacBookAirとiPhone12ProMaxとの連携が素晴らしいです

 尺が余ったので他のお話もしようと思います。
 Beats Flexを買うちょっと前にM1搭載MacBookAirとiPhone12ProMaxを購入したんですが、Beats Flexとの相性が非常によく、とても満足して使っています。
 私は普段はMacBookから音楽をかけてイヤホンで聞き、出かける時はiPhoneから音楽を聞くタイプなんですが、Beats FlexとMacBookAirを普段から連携させておけばそれで音楽が聞けますし、出かける時はBeats FlexをつけたままiPhoneを鷲掴みんして出かければすぐにiPhoneから音楽を聞く事ができるので、Beats FkexのApple製品との連携力は非常に素晴らしいものがあるな、と思っています。

M1搭載MacBookAirが予想以上に使える件について

 M1搭載MacBookAirはこの前の記事で画面録画(と音声キャプチャ)に対応できたので今私がMacBookProでやっている事は仮想化環境以外は全部Mq搭載MacBookAirでできるという事がわかったので、ベンチマークではM1搭載MacBookAirの方が勝っていますし、実際に使ってみてもMacBookProと動作には大きな差はない感じなのでサブ用途というよりもメイン環境の二重化に使った方がいいな、と思っており、今色々試しているんですが本当に仮想化環境以外は全部できる感じなのでもうちょっと負荷を掛ける形で運用してもいいな、と思っています。
 MacBookProにサーバーを任せてしまえばM1搭載MacBookAirでマイクラを動かしながら録画もできる感じなので(テスト済み)家族で遊んで録画するときなんかに使えそうですし、艦これのイベント録画もMacBookAirで良さそうなので(むしろMacBookProはいつKarnel Taskが暴走するか読めないので使いづらいまである)今回のイベントはMacBookAirで録画して保存していきたいと思います。

まとめ

 というわけでちょっと横道にそれましたが、AppleのBeats Flexが非常に良いよ、というお話をお送りしました。
 税込み6000円なら1回飲みに行って記憶をなくしたと思えば気軽に買える金額なので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)