MacBookProをリカバリした、他

 どうもこんにちは、M1搭載MacBookAirを丸1日使ってみたんですが事前にできないと言われている事以外はほとんど何でもでき、高性能と高互換性に驚きを隠しきれない如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日はM1搭載MacBookAirの調子が良かったので予定を前倒ししてMacBookProのリカバリをしたよ、というお話しを中心に戯言編成でお送りしようと思います。

M1搭載MacBookAirが届く前からMacBookProの調子は悪かった

 そもそもの話をすると、M1搭載MacBookAirが届く前、それよりも前のMacBookAirを買う前からMacBookProの調子はおかしかったのです。
 今年の4月くらいまではなんの問題もなく動いていたんですが、4月くらいから時々Karnel Taskが暴走するようになりまして、だいたい仮想環境を使いながらネットを使うと暴走する感じだったので運用で対処していたんですが、その後モバイルディスプレイを購入して接続するようになったら不定期で暴走するようになりまして、MacBookPro15インチ(2018年モデル)の特盛スペックがモバイルディスプレイだけで暴走してたまるか、と思ってAppleのサポートに問い合わせをしたんですが、その時はユーザーを追加してそのユーザーでログインすればKarnel Taskが暴走しないという結論になって1ヶ月くらい大丈夫だったんですが、それからまたKarnel Taskが不定期に暴走するようになりまして、ユーザーを追加しても1〜2日しかもたない感じになってしまったので、問題の切り分けとしてOSのリカバリはしなきゃいけないな、と思っていたのです。

M1搭載MacBookAirが予想よりも普通に使えるので

 そんな中M1搭載MacBookAirが届いて動作検証がてらにMacBookProとほぼ同じ環境を展開してバリバリに使ってみたんですが、予想より普通に使えるので(というか、本当に普通に使えます。ものすごく快適に)、本当はM1搭載MacBookAirが到着して1週間くらい様子見をして、それでも問題がなければ一旦環境を手放しても大丈夫なのでMacBookProのリカバリをしようと思っていたんですが、昨日1日使ってみて問題がないですし、今日も1日使ってみて問題がないので環境としてはそうとう完成されているな、と思ったのです。

予定を前倒しして今日MacBookProのリカバリを行いました

 そんなわけで、1週間くらい様子を見てからリカバリをする予定だったんですが、環境としては安定しているので(MacBookAirで2日間日々のルーティンを行って問題が出ていないので)予定を前倒しして問題ないな、と判断したので今日MacBookProのリカバリを行いました。
 Command+R起動でディスクユーティリティを使ってSSDを開放して、Catalinaインストールからそのままインストールしました。
 思い出せる範囲で環境を復旧し(まあこのブログでメモを取っているので抜け漏れはないと思うんですが)、とりあえず一通りのアプリを展開したので使用環境も含めてリカバリは問題なくできたと思います。

結果ちゃんと動いているようなので

 とりあえずMacBookProをリカバリして3時間ほど使ってみてKarnel Task暴走は起きていませんし、アプリの挙動がおかしいという事もないようなので結果的にちゃんと動いているようで安心しています。
 これでしばらく様子を見てみて問題が再発しなければOSの問題だった事になるので次に同じ問題が発生したら淡々とOSをリカバリすれば良いので知見を得るという意味では意味があったという事なので良かったと思います。
 まあ問題が再発しても今MacBookAirがあるのでとりあえずの運用はそちらで行い、物理修理なりなんなりをして貰えば良いと思うので、とりあえず大仰に構えすぎないように注意したいと思います。

M1搭載MacBookAirではできない事もあるので棲み分けて行きたいです

 まあそうは言ってもM1搭載MacBookAirも万能ではなくできない事もあるので、M1搭載MacBookAirでできない事はMacBookProでこなしたいと思いますし、MacBookProでできない事はMacBookAirで処理していきたいので片方だけを重視するのではなく両輪としてどちらも大事にしていきたいな、と思っています。

M1搭載MacBookAirでできない事(現時点で)

 M1搭載MacBookAirで(現時点で)できない事は仮想環境の利用と、あと私が気づいた範囲ではサウンド関係のシステム拡張がインストール出来ないのでSoundFlowerやMovavi Screen Recorderみたいな「パソコンに流れる音を録音してスピーカーからも音を出す」というのはできない感じですし、あと単体のゲームの話なんですが、Apple Silicon対応のGoogle ChromeではFANZAゲームのデタリキZが読み込めないので遊べないです。デタリキZ自体はApple Silicon対応じゃないFireFoxをインストールしてあげればそっちで動くので致命傷ではないんですが、Google Chromeで動かないゲームがあるというのは特筆ものの情報だと思います。
 それ以外では私はM1搭載MacBookAirで「できない」事には直面していない感じで、今挙げたもの以外のほとんど全てについては問題なく動くのでM1搭載MacBookAirはおすすめだなと思っていまして、もうちょっと色々使ってみて最終的には皆さんにおすすめする内容のブログ記事をあげられればいいな、と思っているのです。

とりあえず遊んでいきたいと思います

 とりあえずでいうとブログ・Twitter・動画視聴・メモ・Web検索という範囲では問題がないですし、私が愛している艦これも問題なく動くのでいいなと思っているんですが、ただMovavi Screen Recorderでパソコンの音を録音できないので艦これのプレイ動画を録画するのはMacBookAirでは駄目なので、Catalinaのまま止めてあるMacBookProでプレイ・録画すればいいと思うので、そういう感じで行こうと思います。
 あと家族でプレイして録画したいニーズのマイクラも音声がとれないのでMacBookAirでは駄目なので、MacBookProのKarnel Task暴走問題をなんとか片付けてMacBookProを使わないといけないんですが、とりあえず現状ではKarnel Task暴走問題は収拾しているように見えるので、明日以降録画しながらマイクラをプレイしてみて負荷を見てみたいと思います。

まとめ

 というわけで、M1搭載MacBookAirを約2日間使った結果問題がまったくないので、Karnel Taskが暴走するMacBookProをリカバリしたよ、というお話しでした。
 とりあえずMacBookProは大丈夫そうなので、クラウドからのファイル同期を待ってまた使い始めたいですし、MacBookAirはMacBookAirでガンガンに使っていきたいので、しっかりやっていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)