凄い季節ですよね、2020年秋。

 どうもこんにちは、無事iPhone12ProMaxの初回出荷日を迎えましたが手元に届くどころか予約段階で在庫確保ができていないので今月中に手に入るかも怪しい状況の如月翔也(@showya_kiss)です。明日ドコモのリアルショップに在庫がないか確認の電話を入れようと思います。

 今日はiPhone12mini・iPhone12ProMaxの出荷日でしたし昨日はプレイステーション5の発売日で、その前日はApple Silicon搭載のMacが発表され、その前を言うとiPhone12・iPhone12ProとiPad Airの発売日だったので、今年の秋は凄い季節だったよな、というお話しをしたいと思います。

iPhone関係

 今年はiPhoneが非常に良い年でした。
 A14チップを搭載したiPhone12・iPhone12Pro・iPhone12mini・iPhone12ProMaxが発表されて発売されました。
 今日、というか厳密には昨日(このブログは11月14日未明に書いています)初回出荷日を迎え、ハンズオンや開封レビューなんかが溢れかえっていると思います。
 私は初回出荷に間に合わなかったのでそういうのは見ない方向性で決めたんですが、出かけた時にイオンの電話売り場で「iPhone12ProMax実機在庫あり」というのを見かけて思わず顔色を変えて店員さんに詰め寄ってしまったんですが、営業時間をギリギリ超えていてドコモの店員さんももういないとの事だったので平静を取り戻して今に至ります。
 A14チップは性能の差別化がないチップなのでiPhone12・iPhone12Pro・iPhone12mini・iPhone12ProMaxではチップ状の差はないんですがメモリの搭載量が違ったりバッテリの量が違ったりカメラ性能が違ったり搭載される機能が調整される事でモデルの差別化を図っているんですが、私は惑わされずにiPhone12ProMaxの512GBを選ぶ事にしました。もう予約注文が済んで在庫の確保待ち状態です。
 CPUスペックがあまり違わないんですが画面の大きさの差はモデルを変える以外には変えられないので、大型ハイスペックが欲しい私としてはiPhone12ProMax512GB一択でした。
 まあiPhone12Proにだけ適用される22000円引きクーポンを貰って心が千々に乱れたんですが、最終的にはクーポンが更新されてiPhone12ProMaxが22000円引きになる可能性があると思い、可能性に賭けて待っていたらクーポンが更新されてiPhone12ProMaxも22000円引きになったのでホクホク顔でそれを買う事にしました。iPhone12ProMax512GBはクーポンが更新される前から予約していたものなんですが、クーポンが更新されなかったら注文をキャンセルしなければならないところだったので適用になって良かったです。

iPad Airも注目です

 それからA14チップ搭載機という意味ではiPad Airも非常に良くできた年で、iPad Pro11インチとほぼ差がないスペックでかなり安く値段が設定されて販売されたので非常に印象に残っていますよね。
 iPad Proの第2世代に該当する外見と性能を持っており、Apple Pencilも第2世代が使えますしMagic Keyboardも使えるので非常に優れたiPadであると言える感じで、私はiPad Pro10.5インチ512GBモデルを持っているので揺らがなかったんですが、持っているのがProではなくAirやMiniだったら相当迷うと言うか、ぶっちゃけ買っていたと思います。まあ後述するように予算が枯渇しているので優先付けて買い物をしなければならないんですが、かなり悩んだ上で選択から外す形になったのかな、と思います。

プレイステーション5、凄いですよね

 昨日はプレイステーション5の発売日で、私は予約抽選を7つ外したので当日購入する手段はなく、そしてインプレッションの動画を嫁さんが大音量で流しているので嫌でも目に入り、当日買えなかった不幸を非常に強く忌々しく感じています。
 見てる限りかなりスペックが上がっていて、ほぼシームレスでトリプルA級のゲームが動く感じなので非常にいいな、と思っており、それだけではなくプレイステーション4からの互換性もありプレイステーション4のソフトがプレイステーション4Pro以上にサクサク動いている感じなので非常に羨ましいです。
 個人的に気になっているゲームがあるのでできるだけ早い段階で入手しておきたいので、今判明している追加予約抽選は積極的に申し込んでいます。
 転売から買うほど欲しいわけではないですが、コツコツ予約して入手できるのであればぜひ入手したい優先度なので追加予約抽選は見逃さないで応募しようと思います。

Apple Silicon搭載Macは予約しましたか?

 それから一昨日はApple Silicon搭載のMacBookAir・MacBookPro13インチ・Mac miniの発表日でしたが、もう予約はしましたか?
 私は新しく生まれ変わって性能が段違いに良くなるというM1チップ搭載のMacBookAirに興味津々であり、嫁さんに土下座する勢いで購入する方向性の話をしたところあっさりと購入を認めて貰い、それどころか家庭内ローンを今組んでいるオリコのローンが滞らない金額の範囲の支払いで許してくれるという事なので実質大勝利であり昨日の未明大喜びで予約注文したのです。
 A14チップと同じくM1チップは性能の差別化がほぼない(私が買うMacBookAirの最低グレード品だけGPUが7コアであるだけ)ものなのでMacBookPro13インチを張り込むのではなくあくまでもテストとしてMacBookAirの最低グレード品を、いくらなんでもメモリ8GBはイケる未来が見えないので16GBに拡張したモデルを購入する事にしました。
 それでも漏れ聞くM1チップのベンチマーク結果で言うと私が今使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)のCTO・CPUがCore i9・メモリが32GB・ストレージが1TB・グラボがRadeon Pro Vega20のモデルよりも数値ではMacBookAirの方が勝っていると言うので眉唾と言うか、そこまで言うならその能力を見せてもらおう、と思って購入を決定しました。結果素晴らしい性能で負けた、と思うのであれば良いお金の使い方ですし、まあいいですよね。

今年の秋、というより今年は良いガジェットが出る年だったので

 という訳で、今年の秋、というよりは今年は全体的に良いガジェットが出る年だったので予算ぐりが非常に厳しく苦しい思いをしましたが、欲しいものは大体買えたので良かったんじゃないかと思います。
 今年の秋、というより今年のスコープで言うとプレイステーション4を3台買ったのと、これからiPhone12ProMax512GBモデルとMacBookAir16GB/256GBモデルを買う予定なので、結構な金額を使ったと思うのですが、ローンが破綻しない範囲で収められたのは嫁さんの内助の功である部分が大きいと言うかほぼ100パーセント内助の功なので嫁さんには足を向けて寝られません。
 浮ついた気持ちで予算について話すとまさに鎧袖一触で木っ端微塵にされるんですが、今回のiPhone12ProMaxやMacBookAirみたいに本気で欲しい・そのために自分の何かを売ってもいい、というレベルのものはちゃんと相談にのってくれるので、本当に良い嫁さんに恵まれて幸せだと思います。

まあ初回出荷日には間に合わないんですけどね

 まあiPhone12ProMaxはクーポン周りで判断が遅れて22時20分の予約になったので初回出荷を逃しましたし(未だに在庫確保されていないので予約が成立していない)、MacBookAirも一昨日発表されてから嫁さんに稟議を通して昨日予約したので初回出荷には不可能、それでも11月26日にはとどくというのでiPhone12ProMaxも同じくらいの日程で目処が付きそうですし、当月中に買って触れるのでガジェット好きとしては満足で、あとは製品そのものの満足度が高くて3年くらい遊べるといいな、と思います。
 とにかくどういう手違いでもいいので一日でも早く入手したいです。

まとめ

 という訳で、今年の秋はガジェット関係が非常に大きな注目を集めましたよね、というお話しでした。
 後は入手して使い倒した上で満足のドヤ顔でレビューが送れるといいな、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)