iPhone12ProMaxとMacBookAirを買うのでデータ運用を考えないといけません

 どうもこんにちは、女神様のような慈愛深い嫁さんに恵まれているので手元予算ゼロでもiPhone12ProMax512GBとMacBookAir16GB/256GBモデルを買える事になった如月翔也(@showya_kiss)です。素晴らしいのは私ではなく嫁さんの人格なので良い嫁さんに恵まれた事を感謝しなければなりません。

 今日は、iPhone12ProMax512GBモデルとMacBookAir16GB/256GBモデルを購入する事になったので、今使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)1TBモデルをどう運用するかを考えて行きたいと思います。

そもそも持っているデータ量が512GB行かないので

 まあiPhone12ProMax512GBモデルとMacBookAir16GB/256GBモデルを買えるようになったのはドラマチックな展開があってまさに女神と言える嫁さんの存在があっての事なんですが惚気すぎると刺されるのでこの程度にしておいて、そもそも持っているデータがどれだけあるのか、という棚卸しをしたいと思います。
 私は持っているデータを全て今使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)に格納しており、1TBあるMacBookProのストレージに動画や音楽なども含めて大体500GBのデータを格納しています。
 持っているデータ全部で500GBなのでそんなに多くないと思っていて、TimeMachineでバックアップしていますしOneDriveでもバックアップしているのでデータの取り回しはほぼ完璧なんですが、今サブ運用に使っているMacBookAir11インチ(2014年モデル)では全くデータを同期しないで完全にアプリを使ってテキスト打ちをする専用機に使っているんですが、次のMacBookAirはモンスター級の性能だと思われるのでテキスト打ちだけに特化するのはもったいないと思っていて。ある程度の範囲で自分の持っているデータを同期しようと思っているのです。

今使っているiPad Pro10.5インチ512GBモデルにはほぼ全部のデータが入る

 今持っているデバイスで言うとiPad Pro10.5インチが512GBモデルなのでその気になれば持っているデータをほぼ全て流し込む事ができるんですが、iPadだとファイルを使うのが面倒くさいと言うかファイルアプリから使うのも大変なので実際は全然データを流し込まないで凄い空きストレージで運用しているんですよね。
 まあiPadはメディア消費端末と定義づけているので消費するメディアをウェブからダウンロードしてきて消費したら消す、という運用でおかしくないのでいいんですが、512GBものストレージはいらなかったかな、と思っているのです。
 Apple SiliconによってiPhone・iPad向けのアプリがMacBookAirで動くようになるのでMacからiPhone・iPadアプリへの技術の逆流入もあると思っているのでこれから凄く便利になるかも知れないんですが、現段階では持っているファイルを全部突っ込んで意味があるかと言うと意味はないですし、何に使うか指定して書き込むのであれば「全部突っ込んで運用」という大雑把な運用ができないのでちょっと頭を使うので面倒くさい部分があります。

これから買うiPhone12ProMax512GBモデルにもほぼ全部のデータが入るはず

 これから買う予定の(もう予約済み)iPhone12ProMaxについては512GBモデルを選択したのでiPad Proと同じくその気になればほぼ全てのファイルを流し込んで持ち歩く事ができるんですが、まあポータブルストレージという意味で全てのデータを持って歩くのは悪くない考えなんですがファイルの出し入れがいちいち面倒くさい感じなので何か画期的なアプリでもないと駄目だな、と思っていて。まあ探してみようとは思うんですが胡散臭くない範囲で良いアプリがあるのかと言うと若干ですが良い選択肢はないんじゃないかという諦めがあります。
 iPhone12ProMaxはどちらかと言うとそれ自身で写真を撮ったり動画を撮ったりして自分でメディアをどんどん増やすために使おう、と思っていて、そういう意味では512GB張り切り過ぎなスペックなんですが4K60FPSが当たり前の環境になってくると256GBでは手狭になる可能性が否定できないのでやっぱり512GBモデルがいいと思っているんですよね。
 iPhoneをUSBメモリ化できるアプリがあれば素晴らしいんですが、そういうのがあるかは探してみないとわからないので後で考えようと思います。

MacBookAir16gB/256GBモデルをどう運用するかが問題です

 問題なのは今年買う事になった(もう注文済み)MacBookAirの16GB/256GBモデルで、これは256GBしかストレージがないので全部のデータを流し込む事はできないんですよね。
 まあ買う時に512GBモデルを選択する余地はあったんですが、256GBでも運用次第ではいいだろうという気持ちと、512GBモデルにしても今500GBギリギリのデータ量なので将来的には512GBを超えてデータ整理が必要になるのは変わらないな、と思ったので避けたのです。
 運用でなんとかするという話なのですが大雑把にどうするか程度にしか考えていないんですが、なんとかなるんじゃないかと楽観視しています。

データの整理をしてローカルに置くファイルを選別すればいいですよね

 まずは基本的にデータの整理をして、どこかに保存されていれば良いファイルはMacBookProとOneDrive上に記録しておいて、使うデータ・必要なデータだけ選別してMacBookAirに同期すればまあ半分くらいはデータを整理できると思うのでそれだけで問題なく使えるかな、と思います。
 ぶっちゃけ私の場合マイクラとか艦これの画面録画をしたファイルを250GBくらい持っているので、それを同期から外せばそれだけで256GBに収まる感じになるのでそれだけでいいかな、と思います。ゲームの録画ファイルはYouTubeに投稿してあるので見返したい時はそっちから見返せばいいですし、もう2年以上保存していますが生データをいじる事はないのでもう乾いたデータとしてYouTubeの保存だけにして消してもいいんじゃないかと思っているんですよね。

どうせOneDriveで同期するんですからMacBookAirにだけ同期しないフォルダを設定すればいいのです

 まあどうせOneDriveでファイルを同期して使うので、MacBookAirにだけ同期しないフォルダを作って、それ以外はMacBookAirも同期に含めて、同期から外すフォルダはMacBookProに同期するという感じで運用すればいいんじゃないかと思います。
 基本的にはメインデータがOneDriveに格納されるようにしておいて、それと同じものがMacBookProに同期されており、MacBookAirには必要なデータだけが同期されている状況を作ればいいと思うので、そこをメインに考えようと思います。そしてiPhone・iPadはスタンドアローンでデータを保存しつつ必要なものはMacBookProに合流させていけばいいかな、と思います。

まとめ

 という訳で、iPhone12ProMax512GBモデルとMacBookAir16GB/256GBモデルを買ったらデータをどう運用するか、というお話しでした。
 頑張って便利にしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)