戯言:取らぬ狸の皮算用、他

 どうもこんにちは、昨日は午後10時にブログを更新して鼻高々だったんですが今日は午前5時45分現在ブログに着手できておらず計画性のなさが露呈している如月翔也(@showya_kiss)です。だってポケモンで伝ポケが簡単に取れるんですもん、時間が無限に溶けますよね。

 今日は取らぬ狸の皮算用、今年買う予定のiPhoneとApple Silicon搭載のMacBookを買って予算をどうするのかという計算をしようと思います。

11月6日にiPhone12ProMaxが予約開始です

 今年買う予定のiPhoneとしてiPhone12ProMaxが予定されているんですが、11月6日に予約開始、11月13日に販売開始なのです。
 iPhone12ProMaxは今年発売されるiPhone12の最大画面サイズモデルで、性能も最大のモデルです。他に無印iPhone12、iPhone12mini、iPhone12Proがありますが、私は老眼が始まって小さい文字が読めなくなってきたので大画面で文字を表示して欲しいニーズがあるのと、あと3年は使う予定なので性能が陳腐化しないように最大の性能を盛ったモデルが良く、流石にストレージが512GBは多すぎる(パソコン含めて持っているデータが合わせて500GBない)ので256GBモデルが良いなと思っており、dポイントが6万円分あるのでDocomoのiPhone12ProMaxを3年ローンお返し無しで購入しようかと思っています。
 現時点でDoconoのiPhone12ProMaxの値段は判明していませんが、Appleの値付けによるとiPhone12ProMaxはiPhone11ProMaxの据え置きなのでDocomoでもiPhone11ProMaxと同じ価格で出してくると思っていて、それを調べるとiPhone11ProMaxの256GBモデルが総額154800円なのでiPhone12ProMaxも158400円だと思いますので、そこかrdポイント充当の6万円を差し引くと98400円、36回払いにすると月々2734円なのです。
 ここの計算はそう大きくは外していないと思うので36回払いなら払えない金額ではなく、iPhone12ProMaxは問題なく購入して使う事ができるものだと思います。

Apple Silicon搭載のMacも今年中に発表予定、多分MacBook形式もあります

 あと今年発表予定のApple Silicon搭載のMacですが、多分なんですけどデスクトップだけの発表ではなくノート型も発表があると思っていて(というかデスクトップ型なし、ノートブック型のみ発表だと読んでいます)、無印MacBookのリバイバルとして出てくるのか、MacBookAirを置き換えるのか、MacBookProに出るのかはわからないですがまあノート型が出るのは鉄板だと思っていて、そうであるなら購入したいと思っているのです。
 Apple Siliconを搭載する事でコストパフォーマンスが非常に良くなる見通しだと言うので、出るモデルとしては「性能そのまま価格は安く」か「価格はそのまま性能は高く」か「価格は安く性能も高く」のどれかだと思うので(性能そのまま価格もそのままでは新しく出す意味がないので)、念の為MacBookPro13インチの最安モデルである134800円(税込み148280円)だとして、今やっているAppleの24回ローン手数料無料(オリコのキャペーン)を使えば6179円で購入できる計算で、それより安ければ支払いは安くなりますし計算上困る事はないのでその計算で行こうと思います(まあ無印MacBookリバイバルで10万以下、という可能性もワンチャンあるので)。

ローンの計算をざっくりすると

 という訳で今年欲しいiPhone12ProMax(256GB)とApple Silicon搭載Macを両方購入するとして、iPhone12ProMaxは36回払い、Apple Silicon搭載Macは24回払いにするとiPhone12ProMaxが2734円・Apple Silicon搭載Macが6179円なので合わせておおよそ9000円という計算です。税込み計算なのでそこからはズレないですが、万が一計算が1割狂っていても1万円の大台には乗りません。
 ざっくりした計算ですが16万円のスマホと14万円のパソコンをそれぞれローンで買う計算としてはかなり安いと言うか分割手数料を考慮しないで良い金額(iPhoneはDocomoが、Macはオリコが手数料を負担してくれるので)なので買い物としては頭が良い方だと思っていて、まあデバイス2個でAppleに30万円献上するのは頭がいいのかという話はおいておいて(狂っているので献上するのは全然問題ないと思っているんですけどね)、買えない金額ではありません。

来年の4月には月2万のローンが終わるので

 月1万のローンですが、月々の小遣いは4万円あるので、それ単体ではそれほど困る金額ではありません。
 問題なのは今使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)のローンが来年4月まで月々2万円ある事で、11月から4月までの間、ローンがかぶさる期間については月々の小遣いの75パーセントがローンに回る計算なので健全な財務状況とは言えないのです。
 しかしiPhoneはもう11月に発売されてしまいますし買わないわけにはいかないですし、それからApple Silicon搭載のMacも今年中の発表なので(発売は来年かも)出たらすぐに欲しいニーズで、どうにか6ヶ月の間息継ぎができる状態にならないかと思うのです。ぶっちゃけると6万円の現金が手元にあれば月1万円のローンを6ヶ月払えるので問題ないわけです。
 ちなみに来年4月から小遣いが1万円減額される予想なので後払いにする余地はありません。なんとかして現金を用意するか、後払いで5000円を12ヶ月にするかという計算をしなければなりません。

それまでの間をつなぐのにGPD PocketとMacBookAir11インチ(2014年モデル)を売りに出したいのです

 まあApple Silicon搭載のMacBookが入手できるのであれば今使っているGPD Pocket(使ってないですけど)とMacBookAir11インチ(2014年モデル)は不要になる見通しなので。どちらも現状3〜4万円で売り抜けられる製品なのでどちらも3万円で売れれば当座の資金は用意できるなと思っており、まあ経済してやりくりできるのであればそれに越した事はないんですけどもやりくりできなかった時に売り抜けられる製品があるのは心強いですし、まあ不要になったら人にあげるかジャンク入れに送るものなのでお金に変えられるんならまあいいですよね、と思います。

欲しいです……

 欲しいと言うか、実際に買う算段までしているのでもう買うのは確定筋になっていると思うんですが、iPhone12ProMaxとApple Silicon搭載のMacBookはどうしても入手したいです。
 最近Appleの製品が魅力的なものが多くなってきて、非常に所有欲を煽ってくるので困っているんですが、物が欲しいというのは生きているという証拠ですし、それで幸せに生きられるのであれば良いと思います。
 とりあえず、今年は買います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)