モバイルディスプレイが非常に満足度が高いです。(FANGOR F-PM-1506)

 どうもこんにちは、インターネットの回線速度が遅いので1Gに増速出来ないかしら、1万円くらいで、と思っていたらドコモ光の切り替え工事は2000円だと言うのですぐにやって貰う事にした如月翔也(@showya_kiss)です。来週の金曜に切り替え予定ですがPINGが早くなるといいなと思います。

 今日は先日購入したモバイルディスプレイ、FANGORのF-PM-1506がとても良かったので良い製品ですよ、おすすめですよ、というお話をしたいと思います。

そもそもなぜモバイルディスプレイが必要になったのか

 今日はFANGORのF-PM-1506を紹介しようと思うんですが、そもそもなぜこのモバイルディスプレイを買う事になったのかというと、家の中で4人でモンスターハンターワールド:アイスボーンを遊びたくてプレイステーション4を4台買ったんですが、家にはテレビが3台しかなく、残る1台はリモートで遊ぼうと思ったんですがあまり良い感じではなく、ちゃんと遊ぶのであればちゃんとしたディスプレイが必要だな、という判断に至ったからです。
 4台目のテレビを買う選択肢もあったのですが家に4台目のテレビは置くスペースがなく、いつもMacBookProを使っているちゃぶ台の上にMacBookProを閉じて、その上に置いて遊べるモバイルディスプレイが欲しくなったのです。
 モバイルディスプレイにしておけば使わない時は畳んでおける、普段遣いではMacBookProのサブディスプレイとして使えばいい、という点がメリットとしてあるなと思います。
 まあ実際に使ってみればわかるんですがモバイルディスプレイをサブディスプレイにして使うのであれば畳む必要はなく、畳むのであればサブディスプレイには使えないのでメリットとしては「他にも使える」か「畳んでおける」にどちらかなんですが、私は今回色々あってサブディスプレイの便利さも知りましたし畳んでおける便利さも感じる事が出来たので良かったと思います。
 基本的にはゲーム用のディスプレイがメイン、サブの用途としてサブディスプレイとして使えればいいな、程度の気持ちで購入したんですが、結構便利であると良いというか、むしろないと困るな、と思います。

製品紹介:FANGOR F-PM-1506

 FANGOR F-PM-1506の製品紹介です。


 1920×1080フルHDの画面で15.6インチ、持ち運びが可能なモバイルディスプレイです。
 上下左右178度の視野角があり角度による色の変化がほぼないためモバイル環境に最適です。ドック不要のUSB-CtoUSB-Cケーブルでニンテンドースイッチと接続が可能で出先のゲーミングに最適です。多数のケーブルを同梱しており色々な環境で使える他スピーカーも内蔵しておりイヤホンジャックもあるので出先でも自由に音が楽しめます。
 という製品です。
 使い方としては「持ち運びのゲーム用途」と「サブディスプレイ用途」が想定されている感じなので、その2点からみてどうかという部分をお話したいと思います。

ゲーム用のディスプレイとして

 ゲーム用のディスプレイとしては必要十分の性能があります。4Kは無理ですが1080pのフルHD出力が可能でHDRにも対応しているので綺麗な色でゲームを楽しめます。
 モバイル用途なのでモバイルバッテリーからの給電で遊べるのでニンテンドースイッチとドック不要のUSB-CtoUSB-Cケーブル接続が可能なのも加えて出先で大画面でスマブラをしたい、みたいなニーズにぴったりです。
 私は固定機であるプレイステーション4から5mのHDMIケーブルを伸ばしてF-PM-1506につなげていますが出力遅延などは感じられず。普通にアクションゲームを違和感なくプレイできているのでスペックとしては十分だと思っていまして、スピーカーも音に感動する程ではないですがゲームを遊ぶための情報量としては十分な程度に音が出ますし、3m先の50インチテレビよりも50cm先の15.6インチディスプレイの方が大きく見えますし細かい部分まで見られるので非常に良いと思っています。
 難を言えば音声の調整が大雑把すぎる(音声2で大きく聞こえ1で小さくなり0で聞こえなくなる、程度の調整。3以上はうるさい)のが気になるといえば気になるんですが普段は音声2、静かな所で遊ぶ時は音声1で決め打ちしてしまえばいいな、と思います。そんなに気にはならないです。

パソコン用のサブディスプレイとして

 もう一つ、パソコン用のサブディスプレイとしてのスペックも十分にあります。
 MacBookPro15インチ(2018年モデル)とUSB-CtoUSB-Cケーブル(Thunderbolt3対応)で繋げば映像も電源も音声も全てディスプレイに供給してくれて、ケーブルを指した瞬間何の設定もいらずにサブディスプレイとして動くので手がかからない便利さがあります。
 普段MacBookProの1画面構成に慣れていて不便さは感じていなかったんですが、サブディスプレイを導入してメインディスプレイを最大化してアプリを起動しつつサブディスプレイにブラウザやアクティビティモニタを表示しておけるのは非常に便利で、一回使うとその魅力から離れられない感じがします。
 ケーブルをさすとF-PM-1506から音が出るようになるんですが、まあMacBookPro15インチ(2018年モデル)のスピーカーには敵わない音質なのでサウンドからMacBookPro15インチ(2018年モデル)のスピーカーに切り替えて使った方がいいんですが、まあ手間でもないですしゲームをする時は音が出てほしいのでスピーカーは搭載されてていいものなので気にせず使い分ければいいと思います。
 サブディスプレイとしては必要十分の性能があるのでその用途で手に入れても良いと思います。

実は足を引っ掛けてケーブルを破損してサブディスプレイとしては今使えていないんですが

 実を言うと昨日サブディスプレイとして使っている時にちゃぶ台をまたごうとして足を引っ掛けてケーブルを引っこ抜いてしまい、運悪くUSB-Cの頭だけ残してケーブル部分を引き抜いてしまったので結果ケーブル故障になり代替ケーブルが家にはないので今サブディスプレイとしては使えていない状態です。
 昨日一昨日サブディスプレイありで使っていて非常に便利だったので、今サブディスプレイなしの状態になってMacBookPro単体の状態に戻ったのですが、非常に不便に感じます。あるとないとでは相当違うので、サブディスプレイ自体は持っていた方が良く、持ち歩いて使いたいニーズも含めて言うのであればFANGORのF-PM-1506はかなりオススメな感じがします。

ケーブルを注文して明日届くのでまた使えると思います

 まあケーブル破損については破損してすぐにAmazonに注文したので明日にはケーブルが届く予定なのでまたサブディスプレイとして使える見通しなんですが、特殊ケーブルではなくUSB-CtoUSB-C(Thunderbolt3対応)ケーブルで使えるので非常に良いと思っていて、こういうケーブルは純正じゃないと駄目みたいな縛りがあると非常に高い結果になるので形式指定ではあるものの汎用ケーブルで使えるのは大きいな、と思います。
 早く明日ケーブルが届けばいいと思います。

基本的には過不足のない良いディスプレイだと思います

 という訳で、FANGORのF-PM-1506は過不足がなく全体的に便利に使えるモバイルディスプレイで、ゲームにもサブディスプレイにも適した性能になっていますので本当におすすめです。
 税込みで2万円を切るくらいの価格で出ているので20インチの固定ディスプレイを買うよりは使い勝手が良く取り回しも便利なので良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)