MacのアプリであるBetter Touch Toolが使えそうだ(Better Snap Toolを買ってお金を節約)

 どうもこんにちは、プレイステーション4が4台体制、テレビ3台にモバイルディスプレイを用意して全員直結で遊べるようになったのでモンスターハンターワールド:アイスボーンの狩りがガンガン進んでいて気持ちが良い如月翔也(@showya_kiss)です。モバイルディスプレイは好調でゲームしていない時はMacBookProのサブディスプレイにできるのでコストパフォーマンスが非常に良いです。

 今日はモバイルディスプレイを使うにおいてどうしてもミニ音楽アプリをMacのTouchBarに載せたかったのでBetterTouch Toolというツールをインストールして自力でTouchBarをカスタマイズしてミニ音楽アプリを搭載したというお話しをしたいと思います。
 なお、BetterTouch Toolは2年契約で8.5ドルのアプリなんですが、同じ開発者で360円で出ているBetter Snap Toolを購入しているとフリーライセンスが発行されるので、真面目に買うよりもBetter Snap Toolを購入したほうがお得です。Better Toch Tool自体はApp Storeで扱っていないので課金がApp Storeでできますし、Better Snap Toolの購入がおすすめです。

なぜTouchBarにミニ音楽アプリが必要になったか

 そもそもなぜTouchBarにミニ音楽アプリが必要になったかと言うと、今までシングルディスプレイでMacBookProを運用していたんですが、モバイルディスプレイを追加する事でサブディスプレイが追加された環境で使えるようになりまして、それをもとに色々考えたんですが、メインディスプレイはエディタ部分を、サブディスプレイはそれ以外の情報を表示する場所として定義づけようと思ったんですが、そうなると音楽アプリはサブディスプレイに行く道理なんですが、他の情報を表示していく中で音楽アプリのサイズが微妙に邪魔で、じゃあミニアプリにしたら、と思ったんですが今再生されている曲名が見られず面倒くさいのと画面サイズのパズルをする時に面倒くさかったんですよね。
 そんな中で色々考えていたんですが、どうせ音楽の再生・早送り巻き戻しはMacのTouchBarでやっているので、曲名だけTouchBarに表示してくれればそれで事が済むな、ディスプレイの場所も取らないし良いよな、と思ったのです。

MacのTouchBarカスタマイズにはBetter Toch Toolが良い

 そしてMacのTouchBarをカスタマイズするには定番のBetter Touch Toolが良いというのはちょっと調べればすぐわかる情報なんですが、高機能で色々できる分シンプルに「ミニ音楽アプリにしたい」という要望はそのまま叶えられない・自分で設定する必要があるので今回忘れないためのメモとして、ニーズが有る人がいるかも知れないので記事にしておこうと思ったのです。
 迂回購入をすれば買い切り360円なのでコーヒー1杯の値段で買い切りのミニ音楽プレイヤーが買える、使い方によってはそれ以上の事が色々できるかも知れない、という可能性を秘めているアプリなのでBetter Touch Toolはかなり有望だと思っていまして、私もこの記事を書いた後は色々試してみようと思っているのです。

安くBetter Toch Toolを入手する方法

 Better Touch Toolは2年間の契約で8.5ドルという製品ですが、同じ開発者のBetter Snap Toolを購入している人にはフリーライセンスが発行されるので、Better Snap ToolはApp Storeで360円ですし、フリーライセンス目的でBetter Snap Toolを購入するのが良いでしょう。Better Snap Toolはそれ単体でそれなりに使えるアプリみたいなのでついでで入手するには良いのではないでしょうか。
 Better Touch Toolのフリーライセンスを入手するには先にBetter Snap Toolを購入してMacのアプリケーションフォルダにBetter Snap Toolがある状態で公式サイトから「DOWNLOAD TRIAL(45 DAYS)」のリンクからトライアルのZipファイルをダウンロードしてきて、それを解凍して出来たアプリをアプリケーションフォルダに移動、起動した後各種の設定を行った上でBetter Touch Toolのメニューから「登録/購入」を選択、開く画面で「Get free license」をクリックするとメニューが展開するので「I bought BetterSnapTool before」を選び、名前とメールアドレスを入力して進めばBetter Touch Toolの認証が完了します。
 一手間かかりますがフリーライセンスが半額以下で入手できるのでとてもオススメです。

ミニ音楽アプリの作り方

 という訳でBetter Touch Toolを導入したんですが、ミニ音楽アプリを作らなければなりません。
 機能としては「巻き戻し」と「再生・一時停止ボタンにもなる曲名表示」と「早送り」の3つのボタンです。

再生・一時停止ボタンにもなる曲名表示

 Better Touch Toolで「グループとトップレベルのトリガー」欄で+ボタンを押し、画面右側「タッチトリガー設定」で「タッチバーウィジェット」から「今プレイ中のウィジェット」を選択、画面真ん中「選択されたトリガーに最初のアクションを割り当てる」で「キーボードキー」から「再生/一時停止」を選択。
 これで押したら再生・一時停止がトグルになった曲名表示ができます。動作を確認して下さい。

巻き戻しボタン

 Better Touch Toolで「グループとトップレベルのトリガー」欄で+ボタンを押し、画面右側「タッチトリガー設定」で「タッチバーボタン」を選択、ボタンタイトルを適当に(Prev、など)つけて適切なアイコンを選び、画面真ん中「選択されたトリガーに最初のアクションを割り当てる」で「キーボードキー」から「前へ」を選択。

早送りしボタン

 Better Touch Toolで「グループとトップレベルのトリガー」欄で+ボタンを押し、画面右側「タッチトリガー設定」で「タッチバーボタン」を選択、ボタンタイトルを適当に(Next、など)つけて適切なアイコンを選び、画面真ん中「選択されたトリガーに最初のアクションを割り当てる」で「キーボードキー」から「次へ」を選択。

 この順序でやると再生・巻き戻し・早送りの順になるので、「グループとトップレベルのトリガー」でドラッグアンドドロップで順番を変えられるので自由に配置して下さい。

とりあえず問題なく動いています

 と、まあざっくりとした説明ですが、これだけでミニ音楽プレイヤーがTouchBarに誕生します。細かい操作はミュージックアプリを開いて操作しなければならないんですが、再生・停止・早送り・巻き戻しはできるので最低限は担保されていると思うのでそのまま使って頂ければいいと思います。

他に良いカスタマイズがあったらまた共有します

 とりあえず現状はミニ音楽プレイヤーを配置するのと、あと私の場合Controll Stripがいらないので無効化して変わりに音声の大小ミュートボタンを配置しただけなんですが、問題なく使えている感じです。
 他にも何か便利なカスタマイズを思いついたら共有しようと思いますのでよろしくおねがいします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)