MacBookProは使い勝手が良いので

 どうもこんにちは、明日早起きが必要なのでいつもブログを書いている時間よりも6時間ほど早くブログを書こうとしているんですが全然書き出せなくて苦労している如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は今使っているMacBookProが非常に満足して使っているので今後もMacを使っていきたい、というお話しをしたいと思います。

今使っているMacBookProは

 今使っているMacBookProはMacBookPro15インチ(2018年モデル)のCTOモデルで、Core i9ヘキサコアCPU、32GBのメモリ、1TBのストレージ、Radeon Pro Vega20のビデオカードが搭載されたモデルです。
 去年4月に購入したんですが購入時点でMacBookProとしては最も優れたモデルで、当時ストレージ以外は最高スペックでかなりの金額がしたんですが購入してスペックの高さに非常に満足したものです。
 当時も満足しましたが現在もスペックの高さには大満足していて、今はMacBookp路15インチ(2019年モデル)・MacBookPro16インチの2モデル新しい機種が出ているので2世代型落ちになってしまったんですがスペックに不満を感じる部分は現時点でも全くなく、満足度の塊のようなものだと思っています。

今使っているMacBookProを入するまでは

 私は今使っているMacBookPro15インチ(2018年モデル)を買う前はMacBookPro13インチ(2015年モデル)を使っており。その前はWindows・Linux使いでした。
 MacBookPro13インチ(2015年モデル)を購入するまではWindowsをメインでLinuxも使いつつ、MacOSも試したいニーズでMacBookPro15インチ(2012年モデル)をBootCampでWindowsにして満足して使っていたんですが、MacBookPro15インチ(2012年モデル)が手狭になってきた時に新しくMacBookProを買ってBootCampでWindowsを入れようと思った時に、気まぐれで1ヶ月だけMacOSを使ってみようと思って試した見たところMac OSの魅力にどっぷりハマってしまってそこからMac OSを使い続けています。
 Mac OSにたどり着くまではWindows/Linuxを色々使ってきたんですが、Mac OSにたどり着いてからはそこで満足してしまい引きこもって使っている感じです。

MacBookProのメインの使い方は

 今のMacBookProのメインの使い方は、Web閲覧、ブログ、Twitter、メモ、音楽を聞く、ゲームをするという感じで使っているんですが、どれも満足して使えるアプリに出会っているので非常に便利に使えています。
 というかMac用のアプリで良いものが揃っており、一度Macで使うと抜け出せなくなり、アプリを使うためにMacを選ぶという結論になってきます。

Webを閲覧する

 Web閲覧はパソコンのメイン用途ですが、私はGoogle Chromeを使って楽しんでいます。
 艦これをプレイしている都合があり、艦これをウィジェット化して遊ぶために「艦これウィジェット」というブラウザ拡張を使っているのでChromeである必要があります。
 そしてそれを録画するためにMovavi Screen Recorderという有料アプリを使っていてカリカリにチューニングして録画できるので非常に便利です。

ブログを書く

 それから私の場合毎日ブログを書くのでブログエディターが必須で、MarsEdit4というアプリを使ってブログを毎日書いています。
 MarsEdit4はシンプルなエディタ画面なのにカスタマイズ可能なショートカットキーで自由自在にブログを書くことができ、ほぼ完璧なプレビューでプレビューを見ながらブログをザクザク書けるので非常に便利であり、これは捨てがたい魅力があります。

Twitterを使う

 私はツイ廃でもあるのでTwitterを満足して見られる環境がないと我慢ができないタイプなのですが、MacでTwitterを楽しむためにはTweetbot 3 for Twitterという神アプリが存在します。
 画面いっぱいに表示を伸ばして4カラム、TL/Mentions/My Tweet/Listを4カラムで更新する事ができ、各カラムの表示位位置を固定しつつ上に新しいツイートを載せていけるのでツイートを下から上に読み進めて全部読める形式になっているので非常に使いやすいです。
 現キャレットをかえずに上にツイートをスタックしていくのは非常に良い機能で、これJanetterにあった機能なんですが今JanetterはMac用は開発・配布終了しているので、Janetterのあの感じをどうしてもMacで、という人は有料アプリですがTweetbot 3 for Twitterを使う事をオススメします。非常に良いアプリですよ。

メモを取る

 ブログ以外にもメモ用途でテキストを書く場合がありますが、私の場合メモはクラウド連携してくれる方が使いやすいのでMac/iPhone/iPadのクロスプラットフォームで、かつ課金によってクラウド連携がアンロックできるBearというエディターアプリを愛用しています。
 月額150円、年額1500円のサブスクリプションですが使い勝手が非常によく、書いたメモをSootlight検索で検索もできるので非常に便利で、長文テキストもMarkDownもなんでもござれの高機能アプリなのでおすすめです。
 課金しなくても優秀なアプリなので課金なしでも採用候補に上がってくると思います。

音楽を聞く

 音楽を聞くのにもMacを使っています。
 昔はiTunesでしたがアプリ分割で今は「ミュージック」アプリで音楽を聞いています。
 私は都度アルバムを買うタイプなのでiTunes Storeでアルバム単位で音楽を購入するんですが、購入した音楽は他デバイスでも浸かるので便利ですよね。

ゲームをする

 その他AndroidのゲームをMacで遊びたいニーズがあり、BlueStacksというアプリを使ってAndroidを仮想化してゲームをプレイしています。
 BlueStacksは無料のアプリの割には使い勝手がよくインストールしたらすぐに使える気楽さもあるので非常に採用しやすく、良いアプリなのでMacでAndroidを使いたければBlueStacksはおすすめですよ。

購入して1年半経過しますが

 という訳でMacBookPro15インチ(2018年モデル)は購入して1年半くらいになりますが、買ってから今まで満足度が下がった事がなくどこまでもガンガン使う事ができるので非常に満足しています。
 MacBookProには本当に満足していて、次のパソコンもMacを買おうと思っていますし、まあ今のMacBookProの満足度を考えるとあと3〜4年は新しいパソコンはいらないと思うんですが、追加で買うにせよ新しく買うにせよ次のパソコンはMacで行こうと思います。
 現状Aople Silicon搭載のMacBookが出るという話が出ているので非常に興味深いと思っており、出たらぜひ1台欲しいなと思っているので狙っていこうと思います。

まとめ

 という訳で、今使っているMacBookProは非常に満足している、今後もMacを使っていきたい、Apple Silicon搭載のMacBookが欲しい、というお話しでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)