Amazon Fire HDをAndroid化(して次男にプレゼント)

 どうもこんにちは、原因不明の全身バッキバキの筋肉痛に悩まされていてキーボードを打つ指すら筋肉痛なのでブログを書くのが非常に厳しい如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は次男の誕生日なので、AmazonのFire HDをAndroid化してプレゼントしたお話しをしたいと思います。

Amazon Fire HDとは

 Amazon Fire HDとはAmazonが開発・販売するタブレットで、今回買ったのは10インチのサイズなんですが7インチ8インチのサイズもあり、割と安価な割にはAmazon関係のサービスが普通に使えるので便利に使えるタブレットとして知られている製品です。
 ほぼAndroidなんですが純粋なAndroidではなく、サポートの範囲内で使う場合は結構制限が多くブラウザがSilk固定だったりGoogle Playが入らなかったりGoogle Chromeも使えなかったりYouTubeもインストールできないなど「普段遣いのタブレット」としては癖が強いんですが、サポートの範囲外で色々する事で非常に便利に使えるので、そこも含めておもちゃとして遊べる人には面白いデバイスだと思います。

Fire HDは純粋なAndroidじゃないんですがGoogle Playを入れられるのです

 Fire HDはほぼAndroidなんですが厳密に言うとAndroidではなく、普通に使っている分にはGoogle Playが使えずにAmazonのPlayストアを使わないといけないので、Playストアは品揃えが悪く使いづらいアプリが多いのでGoogle Playを使いたいんですが、純正の方法ではGoogle Playは使えません。
 しかしサポート外の方法で自己責任でやらなければならないんですがGoogle Play関連のシステムをダウンロードしてきてインストールするとGoogle Playがインストールでき、Google Playから色々なアプリをインストールできるので厳密には違うんですがほぼAndroidとして使う事ができ、その条件で考えるとFire HDの価格が破壊的にコスパが良くなるので面白いです。
 普通このスペックのタブレットでAndroidであれば中華製でも2万〜3万するのが妥当な金額なんですが、Amazon Fire HDをAndroid化する事で16000円で購入できる(セールなら11000円で買える)デバイスなのでおもちゃとしては非常に面白くこの金額で色々遊べるのであれば優秀だと思います。

Google Playのインストール方法

 Google Playのインストール方法ですが、そんなに難しくありません。
 Silkブラウザで以下の「ダウンロードリンク1」から「ダウンロードリンク4」までを順番にダウンロードして、そのあとファイルからダウンロードしたファイルを古い順に実行すればオーケーです。

 Silkブラウザでダウンロードリンクを開き、そのページ内にあるダウンロードリンクをクリックしてファイルを保存します。初回はSilkからファイルにアクセスできるようにするか聞かれるので許可して下さい。
 ダウンロードリンクをクリックするとファイル保存のポップアップが出ますが初回は「OK」ボタンが画面外にはみ出しているのでOKを押せません。一回Silkブラウザを終了し、もう一回Silkブラウザを立ち上げ直すとポップアップが完全な状態になるので「OK」を押せます。OKを押してダウンロードして下さい。
 2つ目以降のダウンロードリンクはクリックすればそのままポップアップが完全な形で出てきますのでそのまま作業して下さい。
 ダウンロードリンク3のファイルは結構大きいのでダウンロードに時間がかかりますが気長に待って下さいね。

 全てのファイルをダウンロードしたら、今度はファイルを開いて中にあるファイルを右下から左、上に向かって順に実行していけばGoogle Playがインストールされます。
 Google PlayがインストールされたらGoogleアカウントを設定する画面が出てくるので設定してあげればそのままGoogle Playが使えるようになります。

 Google PlayをインストールしてからGoogle Chromeをインストールすると、アカウントの確認画面で「認証」ボタンを押しても無反応になりChromeのアカウント設定が完了できなくなりますがそのまま画面終了して構いません。数時間待てばGoogle PlayとChromeの内部のバージョンがアップデートによって一致するようになり、後で起動した時にGoogleアカウントが設定できるようになります。私は3回やって平均3時間くらいで設定できるようになっているので、多分半日も待てば設定できるようになると思います。

ついでの設定

 Google Playをインストールする方法は異常ですが、Fire HDはウザい設定が多いのでいくつか設定を変えておきます。

On Deck機能を無効にする

 ビデオを勝手にダウンロードしてくれるOn Deck機能という機能があるんですが、まるで使えない上に帯域とメモリを食うのでオフにします。
 「ホーム」から「設定」をタップ、「アプリと通知」から「Amazonアプリの設定」を選び「ビデオ」の項目から「ストリーミング及びダウンロード」を開いて「On Deck」をオフにすすればオーケーです。

ロック画面の広告を消す

 Fire HDをロックするとロック画面に広告が出ます。非常に鬱陶しいのでオフにします。
 「ホーム」から「設定」をタップ、「アプリと通知」から「Amazonアプリの設定」を選び「広告」の項目から「ロック画面の広告」をタップして出てくるポップアップで「オフにする」を選択すればオーケーです。

Google関係のアプリをインストールしておく

 Google Playをインストールできたので、使う予定のGoogleアプリをインストールしておきましょう。
 Google ChromeとかGoogle日本語入力とかYouTubeとかがおすすめです。

設定終了

 というわけでGoogle Playにインストールと各種設定は終わりましたので、あとはゴリゴリ使っていけば良いと思います。

次男の誕生日なので

 そして今日はうちの次男くんの誕生日で、次男くんは私がFire HDを買ってからずっと興味津々で私が寝ている間にこっそり動画を見るのに使っていたのです。
 私はタブレットという意味ではiPad Proを持っているので次男くんがFire HDに興味があるならプレゼントするのもやぶさかではないので次男くんに「誕生日プレゼントにFire HD欲しい?」と聞いたら全力の笑顔で「うん!」と返してきたので、次男くん用のアカウントを取得してセッティングした所なのです。
 次男くんはiPad Proの頃からタブレットに興味があり、大画面で動画を見られるのが欲しいと言っていたので、1万円くらいですし私が遊んだ後のおもちゃなので壊れたと思って次男くんにプレゼントするのは良いアイディアだな、と思っており、今まさに喜んで使っているので良いかな、と思います。

まとめ

 という訳でFire HDにGoogle Playをインストールする方法と、その後設定しておくと便利な設定についてでした。
 いつかもう1台買わないとも限らないのでメモだけ残しておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)