Microsoft365は導入を迷う意味がない・必ず導入すべきな理由

 どうもこんにちは、基本的にはケチなのでサブスクリプションは嫌いなんですが、一定以上の必要があれば導入するしかないのでその場合は「ゴリゴリ使う」方に舵を切るタイプの如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日はMicrosoftのオフィスサブスクリプション、Microsoft365が導入を迷う意味がない・必ず導入すべきだと思う理由についてお話したいと思います。

Microsoft365とは

 Microsoft365(旧Office365)とは、Microsoft社がサブスクリプションで提供しているオフィスアプリ提供サービスで、月額・年額契約をする事で最新版のOfficeが(もちろん旧版を選ぶ事も可能です)台数無制限でインストールできて自由に使える(同時に5台までアクティベーション可能)というサービスで、大体の値段が年額13000円、月額1200円くらい(安い代理店を探せばもっと安く契約可能・手っ取り早くAndroidからOneDriveを課金すれば月額909円で契約可能)のサービスで、非常に使いやすく便利なのです。
 Microsoft365が登場した後、もうOfficeがプリインストールされているパソコンは買う必要がないくらいに圧倒的なサービスなので、このサービスのどこが良いのかを大雑把に説明したいと思います。

そもそもプリインストールされているPCは高い

 まず、そもそもOfficeがプリインストールされているパソコンは高いのです。
 プリインストールされているパソコンはそのパソコンでしかOfficeが使えないのに差額25000円くらい取られるので、差額25000円ならMicrosoft365が2年契約できるのです。
 オフィスソフトが分割で買える、という発想で考えるとサブスクリプションが非常に大きなメリットである事がわかってもらえると思うんですが、初期投資にプリインストール分を払わないでも月額でOfficeを使いながら料金を払っていけるというのは大きな利点で、払っている2年の間にOfficeの新しいバージョンが出た時にはプリインストール版は指を咥えて見ているしかないですがMicrosoft365契約の場合は最新バージョンに乗り換えられるので非常にお得なのです。

複数台で使えるのでプリインストールよりお得

 Officeのプリインストールは25000円、Microsoft365は月額1200円という話だと、1台だけの話で考えると「2年でベアするんでしょ?」という話なんですが、パソコンが複数あった場合は話が逆になってきて、例えば3台のパソコン全てにOfficeをプリインストールさせようと思うと75000円の追加投資が必要です。しかしMicrosoft365は1契約で無制限インストールなので同じ契約なら6年間使えるのです。
 プリインストールの場合「それが入っているパソコン」でしか使えませんが、Microsoft365はユーザーベースで1人が使う分には何台にインストールしても自由、同時に5台までアクティベーション出来るので、メインパソコン・サブパソコン・スマホ・タブレット・さらに1台追加でアクティベート出来るので非常に大きいです。
 アクティベートをもっと細かく分けるのであれば同時に5台までアクティベート可能なので大体の場合は持っているデバイス全てでOfficeが起動可能なので「この作業はこのパソコンでしかできない」という制限を撤廃できるので非常に便利です。

使えるオフィスソフトが多い

 またプリインストール版との大きな違いは提供されるオフィスソフトの数が多い、という点で、Word/Excel/PowerPoint/OneNote/Acces/Publisherなどが自由に使えるので、プリインストールでHomeなんかだとPowerPointも使えない有様になりますし、データベースソフトのAccess、出版ソフトのPublisherは使う人は徹底的に使うソフトなので、それが「自由に使える」選択肢に入ってくることは大きな意味があります。
 そしてMicsrosoft365を契約していると「それでないと使えない」機能がいくつかあり、またオンラインで同期して編集する事なども簡単にできるようになるので、使えるソフトが増えるだけでなく使えるシチュエーションや使えるテンプレートが変わってくるので導入する意味は十分にあるでしょう。

OneDriveが1TBついてくる

 そして、それに加えてとても素晴らしいのが、Microsoft365にはクラウドストレージであるOneDriveが1TBついてくるのです。
 大体のクラウドストレージで言うと1TB契約がだいたい月700円くらいの計算なので、Microsoft365を月500円で使える計算、または1200円の契約の中に1TBの自由に使えるクラウドストレージがついてくるという話なので、コストパフォーマンスがぶっちぎりに良いです。
 OneDriveは癖のない使いやすいクラウドストレージなのでプレーンに使う分には十分に使えると思います。
 まあプリインストールのOffice Premiumを持っている人はOneDriveだけ年間5800円で契約するという物凄い特典もあるのですが、プリインストールはそのパソコンでしか使えない関係上「次のパソコンに引っ越して使う」だとか「いくつものパソコンを使い分けて使う」という事には向いていないので、1人で複数デバイスを持っている人はプリインストールでやりくりするよりはMicrosoft365で1本化して全部にインストールしてOneDriveで同期しつつバリバリ使っていくほうがストレスも少ないですし利便性も高いのでそうした方が良いと思います。

コストパフォーマンスで言うと化け物です

 Microsoft365はインストール台数無制限+5台同時にアクティベーション可能なOfficeソフト(しかも多数)を使えて、それに加えて1TBのクラウドストレージがついてきて月額1200円のサービスなのでコストパフォーマンスが化け物じみていて、正直いろいろな選択肢の中でMicrosoft365はほぼベストアンサーだと言える状況で、非常にお薦めです。
 お名前ドットコム経由で年額契約すると月額900円を割ったり、AndroidのOneDriveアプリから月額契約すると月額909円の月契約に出来るなど、さらにパフォーマンス良く契約できる方法もあるので、コストパフォーマンスという点でいうと非常に強い選択肢で、複数台のパソコンでOfficeを使いたいなら必須と言えるサービスです。

Officeが一切必要ない人以外にはおすすめです

 Microsoft365は複数台のデバイスでOfficeを使いたいならほぼ一択という強さの選択肢なので、「Officeが一切必要ない」人と「パソコンは1台だけで他には何も必要ない」人以外には迷いなくおすすめできるサービスです。
 逆に「Officeが一切必要ない」人は万が一使う時にはGoogleスプレッドシートとかを使えばいいでしょうし、「パソコンは1台だけで他には何も必要ない」人は新しいパソコンを買う時にプリインストールを選べないいのでそのあたりは自由にして貰っていいと思うんですが、iPhone・iPad・Androidなんかを持っていて10インチ以上ならライセンスが必要ですし、ライセンス不要な場合でも機能に制限があるのでパソコン以外にもデバイスがあるのであれば安く契約すれば月1000円しないですし、無理しないで契約してしまったほうがお得なんじゃないかと思います。

 というわけで、Microsoft365は超オススメ、というお話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)