半年使ってのMarsEdit4レビュー

 どうもこんにちは、基本的に新しい事に手を出すのは得意ではないんですが、一旦取り込んだ習慣はそのまま継続していくので日々ちょっとずつ「する事」「使うもの」が増えていっている如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は半年使ってのMarsEdit4のレビューをしたいと思います。

MarsEdit4とは

 MarsEdit4とはRed Sweater SoftwareがApp Store上で販売するMac専用のブログエディタです。
 買いきりで6100円とわりと高価格なのですがブロガー界隈では非常に評判が良く、Mac専用なのですがMacを使うのであればMarsEditを使うべき、MarsEditを使うためにMacを買うべき、とまで言われているアプリです。
 製品としては古いんですがサポートが手厚く迅速な事で知られており、細かい機能調整も良く行われているので安心して使えるブログエディタです。
 私はここ半年1日3000文字更新を毎日MarsEdit4で行っており、もうMarsEdit4なしでのブログ執筆は無理、というくらいに依存しているアプリなので超オススメです。

シンプルなエディタ画面

 MarsEditの魅力の1つに、シンプルなエディタ画面が上げられます。
 ブログエディタと言うと色々なUIに凝って画面重ボタンやスライダで覆われているものもあるのですが、MarsEditは逆にとことんシンプルなエディタ画面で自分の打つ文字に向き合ってガシガシ書いていくスタイルになっており、シンプルながらも「書いている行がアプリの中央の行になる表示(Typewritter Scrolling)」があって目をずらさずに長文を打つのに向いている機能があったり、HTMLタグだけ色分けして表示してくれる機能があったり、シンプルで書く事を邪魔しないんですが他の機能も十分に織り込まれており、非常に使いやすい絵下画面なのです。
 私はダークテーマが好きなので背景色を黒、テキストを白にしてバシバシ打っていますが非常に打っていて打ち心地が良くテキストを書いていて気分が良いので非常に良いエディタ画面だと思っています。

カスタマイズ可能なショートカットキー

 またMarsEditの魅力なんですが、タグなどを打ち込むショートカットキーがカスタマイズ可能です。
 最初から設定されているタグもありますがショートカット自体を差し替える事ができますし、登録されていないタグも自分で登録してあげる事でショートカット入力が可能ですし。存在しないタグを作ってショートカット指定もできるので、私のように「どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。」をタグとして指定してショートカット入力できるようにする事が出来ます。
 大体のアプリはショートカットは決め打ちで「自分で覚えるしかない」ものなんですが、MarsEdit4なら自分で登録できるので、今まで使っていたアプリのショートカットを登録してもいいですし、自分で考えて指定してもいいので非常に使いやすいです。

ほぼ実物が見られるプレビュー機能

 MarsEdit4はブログエディタなんですがプレビュー機能が神がかっていて、データを登録する事でほぼ実物そのもののプレビューを見ながらブログを書く事ができます。
 だいたいのブログサービスの場合プレビューが信頼できないと言うかプレビューを見られなかったり見たプレビューとかなり違う形で出力されてしまったりするんですが、MarsEditは実物のブログからテンプレートを解析して表示してくれるので、実際に出力されるブログページとほぼ同じ画面を見てプレビューする事ができます。
 実際に見ながら調整ができるので非常に使いやすい機能だと言えますし、この機能のためだけにMarsEditを選ぶ意味があるほど強力な機能なのでぜひ試してみて欲しいです。

WordPressへの画像の挿入が簡単

 それから私は使わないんですが、WordPressブログへの画像投稿が非常に簡単にできる仕様になっていて、ドラッグアンドドロップで画像を貼り付けてアップロードまで一気に行う事ができます。
 WordPressの場合一度メディアにアップロードしてからそこから引っ張ってきて指定というのが非常に面倒くさくてモチベーションが削られるのですが、MarsEdit4の場合記事画面にドラッグアンドドロップだけで貼り付けられてアップロードまで自動でしてくれるので非常に楽に画像つきブログがアップできるのでオススメです。

記事をダウンロードして管理可能

 MarsEdit4はクライアント型のブログエディタなのでブログの実際の記事をダウンロードしてきてオフラインでチェックが可能です。
 全ての投稿をダウンロードしておけば後でオフラインの時にブログをチェックして修正点などをピックアップする事が出来ますし、オフラインで記事を書いておいてオンラインになったら投稿する事ができるので環境に依存せずにブログを書く事ができるので非常に便利です。
 自分のブログそのもので記事をさかのぼって見るよりも、MarsEdit4で記事をダウンロードしてきてスクロールして見るほうが見やすかったりするので記事のチェックをするのにも非常に有効なアプリです。

大量の記事を管理しても重くない動作の良さ

 テキスト依存のアプリなのでメモリをそれほど食わないという理由もあるとは思うんですが、8ブログ5000記事くらいのデータであれば全てダウンロードしてきて作業をしても全く重たくならないアプリの動作の良さは称賛に値すると思います。
 使っていて重くなった事がないですし、アプリが強制終了した事も1度もないのでかなり堅牢な作りになっていると思っていて、信頼性は非常に高いです。
 アプリ全体としてとにかく「テキストを気持ちよく入力できる」事に特化した作りになっていて、考えながらキーボードをバシバシ叩いていくのに非常に向いた構成をしているので、複数のブログをザクザク書きたい人にも、1つのブログを深く濃く書きたい人にも足を引っ張らない良い作りをしていて、ショートカット入力のカスタマイズなど「人がアプリに合わせなければならない」部分を最大限譲歩してくれているのでアプリに邪魔されずにテキストをザクザク書くには非常に良いアプリだと思います。

オススメです

 MarsEdit4については昨年末「ブログをちゃんと書こう」と思い立った時に購入したアプリなんですが、値段は高かったですが高いなりの価値が十分にあり、購入して半年毎日3000文字以上書いてみて、このアプリじゃないと駄目だ、というくらいに深く依存する事になったアプリなので、非常に強くおすすめします。
 複数ブログを全て「MarsEditの操作方法」で更新できるのも素晴らしいですし、プレビューがいちいち完璧なので今どんな文章をどんな見た目で書いているのかもわかりやすいですし、ショートカットを使いながらキーボードだけでザクザク書いていけるのも快感なので、とにかく「テキストを出力する」という事に会館を覚える人には非常にオススメのアプリなのです。
 とりあえずMarsEdit4については2週間の試用期間があるのでまずはお試しで使ってみる事を強くおすすめします。ハマるとかなり強烈ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)