用途にあったApple製品を使っていきたいですよね。

 どうもこんにちは、基本的にApple信者なので何をするにしてもApple製品を使う事が圧倒的に多い如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は持っているApple製品の棚卸しをしながら、どんな用途にどのApple製品を使っているのか、用途にあったApple製品を使えると便利ですよね、というお話をしたいと思います。

そもそも私が持っているApple製品は

 そもそもどんなシチュエーションにどのApple製品を、という前に、私の持っているApple製品を棚卸しするのが先ですよね。何があって何を使う、という話なので、ないものは使えませんし、同じ用途で複数のデバイスがある場合どちらを使うのか、というお話だと思いますので。
 私が持っているApple製品は、MacBookPro15インチ2018年モデル(CTOでCore i9/メモリ32GB/ストレージ1TB/Radeon Pro Vega20のモデル)、MacBookAir11インチ2014年モデル(吊るしでCore i5/メモリ4GB/ストレージ128GBのモデル)、iPhone X(Docomoの256GBモデル)、iPad Pro10.5インチ(Docomoのセルラー・512GBモデル)、Apple PencilとSmartKeyboard、Apple Watch第3世代(Docomoのセルラー・8GBモデル)、AirPods第2世代です。
 数はそんなに多くないんですが粒ぞろいと言うか、2017年当時最先端だったモデルを爆買して揃えたものに加えて去年買ったMacBookProがあるのでかなり強いラインナップだと思っていまして、今現在で満足度は相当な位置で高止まりしているんですが、やはりApple製品を揃えるのは良いな、と思っています。

そもそもどういう用途でデバイスを使うのか

 そしてこれだけのデバイスをどんなシチュエーションで使うか、というとメインは「一般用途(ブログを書いたり)」、「モバイル用途(持ち運んでニュースを読んだり)」、「ゲーム用途(シミュレーションやアクションゲームを遊ぶ)」、「メディア消費用途(本を読む・音楽を聞く)」というのがメインです。
 使い方としてはそんなに難しい使い方はしていないと思っていて、せいぜい仮想化環境を使うのが特殊な部類に入るかも、と思う程度ですが、仮想化環境も「アプリを使ってAndroidゲームを遊んでいる」レベルの話なので難しい話ではなく、全体的には普通というか、むしろパソコンユーザーとしては軽めの使い方の部類に入るんじゃないかと思っています。
 なのにそんなに性能の良いのが必要か、そんなにシチュエーションに特化した物が必要か、と言われると、贅沢な話なんですが欲しいんです。特化した性能の高いやつが欲しいんです。

一般用途・ブログを書くのに使うのは

 ではメイン用途の一番として、「普通にパソコンを触る」だったり「ブログを書く」だったりに使うのは、MacBookPro15インチ2018年モデルです。
 性能が極めて高いモデルなので色々な事を並走させるのに非常に向いていまして、正直メイン用途の全ての用途はMacBookPro15インチ2018年モデルで事足ります。性能面で言えば最強クラスの化け物なので、値段も極めて高く故障が許されない機械なので取り回しに注意が必要という難点がありますがそれを除けば何にでも使えるユーティリティプレイヤーです。
 逆に「取り回しがキツいので」という意味ではサブマシンとしてMacBookAir11インチ2014年モデルも用意しており、こちらは布団で使いたいとか据え置きの場所以外で使いたい・持ち歩いて使いたいニーズの時に用意しています。メインマシンに比べると貧弱すぎる構成ですがそもそも私のニーズがそんなに強力な環境を求めるものでもないのでブログを書く程度の一般的な用途であればMacBookAir11インチ2014年モデルでも十分に事足りる感じなんですよね。
 もちろんAirの方だAndroidのゲームを仮想化したりするのにはスペックが足りないのでできない事も多いんですが、本当にメインという意味での使う用途としては「ブログ」が一番なので、それだけでもこなせるスペックのサブマシンがあるのはありがたいです。

モバイル用途・ニュースを見たりするのに使うのは

 モバイル用途・持ち歩いてニュースなんかを見るのに使うデバイスは主にiPhone XとiPad Proです。
 基本的に24時間持ち運んでいるのはiPhone Xなのでさっと取り出してニュースを見たり検索したりするにはiPhone Xを使う事が多いんですが、腰を据えて何かをする時にはiPad Proを使う事も多く、使う頻度で言えばiPhone X、集中度で言えばiPad Proという並びなのかな、と思います。
 LINEで連絡を取るのもiPhone Xがメインですし、常に身につけておいていつでも使える環境というのはかなり強いですよね。
 そういう意味ではiPhone Xはもう3年前のiPhoneなのでそろそろ新しいiPhoneが欲しいな、もっと便利に使いたいな、というのは思っていて、今年iPhone12がUSB-C対応・5G対応で出るのであれば乗り換えてしまいたいな、と思っています。

ゲーム用途・アクションゲームを遊ぶのは

 ゲーム用途として主に使うのはiPad Proです。OS環境という意味では同じiOSであるiPhone Xも候補には上がるのですが、画面の大きさ、動作の軽快さ、タッチ感度の良さを評価するとiPad Proの方が使い勝手が良いです。
 というかメインで遊んでいるゲームがアズールレーンとけものフレンズ3なんですが、アズールレーンは画面が大きくないと敵の魚雷が見えなくて死にますし画面操作も仮想パッドなので小さい画面だと操作が厳しく、けものフレンズ3はフレンズが可愛いので大きな画面で見たいニーズがあり、iPhoneではなくiPadになってしまうのです。あとけものフレンズ3はiPhoneとiPadのクロスインストールができないのでどちらを選ぶか、と言われるとiPadを選んでしまいます。
 iPhone XとiPad ProはCPU上でそんなに大きな差がある訳ではないと思うんですが、同じアズールレーンをプレイしていてもiPhoneでは固まる・iPadでは固まらないという挙動があるのでiPadの方が使いやすく、画面が大きいので手に持って操作するのは大変なんですが大きなコントローラーを使えるので微妙な操作が可能、という部分で非常に助けられており、しばらくゲーム関係はiPad優先でいいな、と思っているのです。

メディア消費用途・本を読む・音楽を聞くのは

 メディアの消費用途としては、本を読むのはiPad Pro、音楽を聞くのはMacBookPro15インチ2018年モデルにAirPods第2世代、という感じです。映画なんかはほぼ見ないのと、動画もほぼ見ないんですが見る場合はiPhoneが多い気がします。
 基本的にメディア消費は向かい合ってするのではなくざっとななめ読み・流し聞きして使う用途なのであんまり神経質にデバイスを選ぶ感じではないんですが、本を読むなら大きな画面で持ち歩ける方がいいですし、音楽はブログを書きながら聞きたいニーズなのでMacBookProである必要があるのです。
 まあ必要用途に応じてデバイスを選べればいいという話なので、それで良いと思います。

まとめ

 という訳で今私が家で使っている用途とデバイスについてはこんな感じでした。
 シチュエーションに合わせたデバイスを使えると快適度が高いので、色々揃えていきたいですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)