雑記:本当に適当に

 どうもこんにちは、たまに本当にネタ無しでダラダラ書いたら何文字くらいになるのか、昔は適当に書いて1000文字いかなかったんですが今毎日3000文字更新している中でダラダラ書いたら3000文字行くのかに興味がある如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は雑記というか、ここ最近思った事なんかを順序を付けずにダラダラ書いていこうと思います。

MacBookProのスピーカーにノイズが乗る:問題解消済み

 私今使っているMacBookProは15インチの2018年モデルなんですが、この2018年モデルってスピーカーにノイズが乗る固有の問題が報告されているモデルなんですよね。
 で、昨日色々あってミュージックアプリからiTunes Storeで買ったCDを1回消してダウンロードし直したんですが、ダウンロードし直した音楽をスピーカーで聞くとノイズが乗るのです。結構頻繁に。
 これマズいパターンだなと思って再起動とかを試したんですが再起動では駄目で、順当にトラブルシュートを進める手順でNVRAMのクリアとSMCのリセットを試したら改善しました。機械的な故障じゃなく設定的な問題だったらしく、ノイズが乗った曲を繰り返し聞いていますが再発しません。問題解消です。
 基本的にMacの全てのトラブルシュートは「アプリ再起動」「Finder再起動」「PC再起動」「NVRAMクリア」「SMCリセット」まではお約束と言うか、そこまで試していない状態では「問題」とすら言えないという状態なので、何か困ったな、と思ったらアプリ再起動からSMCリセットまでは流れるように実行できるようにしておいた方が良いです。

GPD Pocketが戻ってこない

 4月14日にデントオンラインショップさんに修理に出したGPD Pocketですが、未だに修理の進捗がありません。
 着荷確認まではしたんですが、これから見積もり提示、見積もり了承、修理開始、配送の段取りがあるはずなんですが、20日たって見積もりも帰ってきていないってありえます?5月14日まで待って連絡なければせっつこうと思うんですけども。
 ちなみに4月20日にデントオンラインショップさんで売りに出されていたマスク50枚セットは昨日届きました。
 通販を先に処理してるんでしょうけども、20日放置ってありえなくないですか……?
 個人的にはGPD Pocketには早く戦線復帰して欲しいので修理も急いで欲しいんですけども、6月までにもどってくるかなぁ……。

けものフレンズ3がいい所まで行っている

 今年になって始めたけものフレンズ3ですが、結構いい所まで行っていると思います。
 メインメンバーのレベルがカンスト、通常章全部クリア、ハードも最新章まで行っていてイベントも難しいマップまでオートで攻略できています。
 無償石もそれなりに貯まりましたしイベント交換チケットも全部取れているので今月末のショップ交換が今から楽しみです。
 メインメンバーがギンギツネ、ヒメアリクイ、アミメキリン、デグー、ヘラジカに加えてカピバラとヒグマとアイアイとオオアリクイとシナウスイロイルカが控えの☆4にいまして、パーティ編成もなかなか迷いますし、経験値の振り方やアイテムを誰に使うかなんかも考える部分が色々あるので、引き続き楽しく遊んでいければいいな、と思います。
 けもフレはあざといくらいに「かわいい」の塊なので、プレイしていて癒やされると言うか、「格好いい」「綺麗」とは別レイヤーで「かわいい」っていうのがあるよな、と思わせてくれます。かわいいゲームをのんびりゆっくり、というのはとても良い考え方なのでポイントとして押さえておきたいゲームですよね。

Parallels DesktopでUbuntuがまともにインストールできない

 私の使っているParallels Desktopは14なんですが、Ubuntu18.04LTSとUbuntu20.04LTSがまともに手動インストールできません。
 というかインストールすると画面が800×600固定になる、Parallels Toolboxがインストールに失敗してマウスを自由に使えない(Ubuntu画面内にマウスカーソルが拘束される)状態なのです。
 14の場合Toolboxに問題があって使えない、というソースがあり、そのソース(英語)にはこのファイルをこう弄ってこうするとできるよ、みたいな書き込みがあるんですが理解ができません。というか紐解いて試したんですがソース通りになっていない部分がいくつかあって、それを見様見真似で直してみたんですが結果から言って駄目でした。
 これ、Parallels Desktop15以降にすれば修正されるんでしょうかねぇ……?
 ニーズとしては「Parallels」というユーザーでインストールするのではなく、手動でインストールして手動で設定したいニーズなんですけども、駄目なんでしょうか。自動インストールではできるのに手動インストールではできない設定があるというのは気分が良くなく、自動インストールでできる事は手動インストールで検証できなければ意味がないと思うのです。
 まあUbuntuはGPD Pocketが戻ってきて、その上でWindowsを設定し直しても思ったように動かなければGPD Pocketにインストールする予定、というだけのステータスなのでWindowsがちゃんと動くならUbuntuの出番はないので良いんですけども、Ubuntuを入れるならまず仮想環境で色々試して「できる」事を確定させてから実環境でやらないと、実環境が汚れる一方で何度もUbuntuをインストールし直す羽目になるのは嬉しくないので、そのあたり仮想環境で手動インストールができてくれないと困るんですよね……。
 とりあえず手詰まりの状況なのでGPD Pocketの動向待ちですが、テクノロジー関係の話なのに手詰まりって本来おかしい(できるかできないかが白黒はっきりつくのがテクノロジー)話なので、ちょっと不愉快な状況にあるのは事実です。

今使っているMacBookProが買ってから1年経過している件について

 今まさに使っているMacBookProが購入から1年経過しています。
 大体のガジェットの運命としては購入して半年くらい熱中して使ってそこからテンションが落ちてきて使わなくなってきて1年経過したら新しいガジェットに手を出している、という感じなんですが、このMacBookProは違います。
 購入した時の興奮をそのままに、実際に使っても性能の底が知れないと言うか、今使っているMacBookProの限界が見えないのです。私の使い方では限界を引き出すのは無理だな、と思うくらい性能に余裕があって、それでもWindowsとAndroidとUbuntuを仮想化しながらゲームを並行して走らせたりしているんですが、メモリにも余裕がありますし何の処理を走らせてもヌルサクで動いてくれるので全く不満がないです。まあメモリが64GBになったMacBookPro16インチに興味はないか?と言われればなくはないですけども、今満足している段階でお金を出して買おうとまでは思わないのです。
 この調子で来年、再来年、更に1年と行ってくれれば新しいMacBookProを買うための貯金もできるでしょうし、次回はローンじゃなくて貯金で買いたいニーズがあるのでこれから貯金を頑張ろうと思います。

という訳で

 適当にダラダラ書きましたが3000文字くらいは行ったみたいです。
 普段から書き慣れているので書けるようになってきたんでしょうね。
 これからもこの調子で書いていきたいと思いますので、よろしくお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)