Appleの囲い込み環境は強いですよね。

 どうもこんにちは、戯言の翌日には戯言を更新したくないけれどもネタがなくて戯言が続く事があり地味にプライドが傷つくのでなんとか他のネタに逃げたくなる如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は私の持っているApple製品をリストアップして、Appleの囲い込み環境は強いよね、というお話をしたいと思います。

私の持っているApple製品

 最近デバイス系の買い物はApple関係ばかりなのですが、半分狙って買っているのもあるんですが機能や性能を見た時に「欲しいな」と思う製品にApple製品がリストアップされる事が多く、Apple製品はApple製品同士での連携に優れているので持っているデバイスが多ければ多いほど「じゃあ他のデバイスもApple製品が良い」という結論になりやすく、最初の1つをAppleで決めると自動的にApple製品が増えていく関係がありそうに思います。
 私の持っているApple製品は次のとおりです。

MacBookPro15インチ2018年モデル

 メイン使用のノートパソコンにはMacBookPro15インチ2018年モデルを使っています。
 吊るしのモデルではなくCTOモデルでCPUをCore i9に、メモリを32GBに、ストレージを1TBに、グラフィックボードをRadeon Pro Vega20に変えたモデルを使っています。ストレージ以外はMacBookPro15インチ2018年モデルとしては最強のCTOモデルです。
 現時点でMacBookPro16インチ、MacBookPro15インチ2019年モデルがあるので2世代型落ちの製品とはなるのですが性能としては尖った性能をしていて、普通に動画編集をする程度のいわゆる「重い」作業なら大抵のことは平気で済ませられるスペックなので満足していて、支払いも弩級だったんですが性能も超弩級なのでコスパとしては大満足レベルで満足しているのです。
 正直このスペックのパソコンを使えるのであればMacで十分というか、スペック的な意味で「Macだから駄目」という事は一切ないスペックなので素晴らしいと思います。仮想化したWindowsを載せる事でソフトウェア的な「Windowsじゃないと」を解消できるのでよほど変な事を考えない限り環境起因で「できない」事はないと思います。本当に素晴らしいパソコンです。

MacBookAir11インチ2014年モデル

 サブ使用のノートパソコンとしてはMacBookAir11インチ2014年モデルを使っています。
 吊るしモデルでCore i5・メモリ4GBのストレージ128GBという貧弱なスペックですがサブユースではテキストメインの使用法しかしない予定なのでそのスペックで十分使えると判断して購入しましたし、実際使用していて不足を感じた事はないので判断は間違っていなかったと思います。
 メインPCがどっしりしているのでサブユースはモバイル性能特化で考えており、11インチサイズなのでその用途にはジャストなのと、メインがMacなのでキーボードを寄せたいニーズからもMacBookAirの選択肢は正解だったなと思っていて満足して使っています。
 メイン使用PCのMacBookProとAppleIDを統一しているのでMacBookProで購入したアプリがそのままMacBookAirで使えるので環境としては非常に使いやすく、Macで統一した意味があるな、と思っています。

iPhone X

 メインのスマホはiPhone Xを使っています。モデルとしてはiPhone11・iPhoneXSを挟んで2世代のあきがあるので最新スペックとは言えないんですが使っていて不満を感じる事はほとんどなく、たまにバッテリー持ちが悪いな、と思う事はありますが3年目のスマホなのでバッテリーはそこそこヘタっていて仕方がない部分なので受け入れられると言うか、仕方ないと思うのです。
 iPhoneはMacと一緒に使うと通知機能を集約したりMacにiPhoneのバックアップを取れたりして非常に便利なので、iPhoneを使う人ならMacを選択するのは断然アリな選択肢じゃないかと思います。
 まあ今年辺り新しいiPhoneが欲しいな、と思っているんですが、スマホはAndroidも持っているんですがiPhoneの方が全体的に洗練されているので使いやすく、Androidはあくまでサブスマホ、メインスマホはiPhoneだよなぁ、と思うのです。

iPad Pro10.5インチ

 タブレットはiPad Pro10.5インチを使っています。モデルとしては2017年の製品でセルラーモデル・512GBモデルなのですが、買ってから3年目の製品なんですが基本的に満足度の塊で、毎日満足して使っています。
 CPUのスペックはiPhone Xと大きくは変わらないんですが、同じゲームをするにしてもiPhoneよりもiPadの方がヌルサクに動きますしバッテリー持ちが良く画面も大きいので長時間熱中して使うのに向いていて、私みたいに老眼が始まっているユーザーだと物理的に大画面だと色々助かるので本当にありがたいと思っています。
 iPhone、Macと連携して使うと通知が集約できたりMacにバックアップを取れたりしますし、ユニバーサルクリップボード機能など連携機能が使いやすいので本当に助かります。

Apple Pencik(iPad用)

 iPad Proのクリエイティブ作業用にApple Pencilも持っています。
 画面に手書きできるこの感覚は他のスタイラスにはないものですし、iPadをSide CarでMacに繋げた時に擬似的にMac画面にタッチする事ができるので本当に使いやすいです。
 私はそんなにクリエイティブには使えていませんが、手書きでメモを取れる、簡単なスケッチが可能であるというだけでタブレットの使い勝手が全く異なるので、これがパラダイムシフトだと言えるのでぜひ試してみて頂きたいです。
 私は非常に満足して使っています。

SmartKeyboard(iPad用)

 iPad Proでのテキスト入力用にSmartKeyboardも購入して持っています。
 SmartKeyboard購入後にMacBookAirを購入してしまったので死に体のアイテムなんですが、サブパソコンがない状態でiPadを使うのであれば物理キーボードがあるとないとでは大違いで、物理キーボードが欲しい人には必須のアイテムです。
 BLUETOOTHキーボードと違って給電の心配をしなくていいですし、Mac配列のキーボードなのでMacを使っている人には馴染みが深く結構使いやすいキーボードなのでサブユースのMacを持っていないのであれば持っていると非常に便利です。

Apple Watch

 スマートウォッチはApple Watch Series3を持っています。
 現在普及価格帯のモデルとしてラインナップされていますが、私はSeries3が最新の時に購入して今まで毎日大満足して使っています。
 iPhoneの通知を手首に集約する、左手でLINEが見れる、左手で電話が受けられるというだけで利便性が全く違います。異次元です。
 iPhoneで聞いている音楽を左手で操作する事も可能で、ポケットの中にあるiPhoneにアクセスしないでiPhoneを操作できるというのはとんでもなく便利です。
 動画を取る時もiPhoneの画面をWatchでキャプチャできるのでiPhoneで自分を写しながらApple Watchでプレビューして画面を決める事もできますし、「あると地味に便利」な機能が何十個も合体したようなガジェットなので、一つ一つを試していくと物凄く便利なのが身にしみてわかります。
 Apple製品の中では一番オススメかも知れませんが、iPhoneと連携しないと使えないので先にiPhoneを買う必要があるのだけ要注意です。

AirPods第2世代

 ワイヤレスイヤホンはAirPods第2世代を使っています。
 小型軽量でバッテリーもタフ、音質も良くてワイヤレスの質も良く、3万円以内のワイヤレスイヤホンでは一択の強さがあると言ってもいいイヤホンです。
 Apple製品を横断して使う時に非常に便利で、一度Apple IDで設定してしまえばBLUETOOTHのつなぎ直しの手間がガッツリと省けて鬼のように便利です。
 Macで聞いている音楽をiPhoneで移動させて車で移動、休憩時間にiPadでで動画を見てiPhoneに戻り家に戻ってMacにつなぎ直す時の「あのひと手間」が5秒くらいに短縮できます。
 このためだけにApple製品を選ぶかと言われると微妙かもしれませんが、Apple製品を持っているならAirPodsを選ぶ意味は確実にあります。素晴らしい製品です。

製品の連携が素晴らしいので

 という訳で、持っているApple製品を書き出すとメインパソコン、サブパソコン、スマホ、タブレット、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンと大体の製品がApple製品になってしまっています。
 Apple製品は単独の性能も素晴らしいんですが、連携した時の利便性も素晴らしくて、一つの製品をApple製にしたのであれば他の製品もApple製にする意味があり、一度染めると逃げ出せない強烈な魅力を持っているので、興味のある人には本当におすすめめです。
 環境としては完全に囲い込みなんですが、囲い込まれた時の利便性が非常に高く満足度も高いので逃げ出しづらく、そして逃げ出す必要性も別にないので囲い込まれてしまった方が楽で良いと思います。
 まあ今日がそうであるからと言って明日がそうだとは限らないんですが、Appleの魅力はそう簡単には雲散霧消しないものだと思いますので、まずは試しに何か1個購入してみてはどうでしょうか……?

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)