メイン環境の外出しについて

 どうもこんにちは、メインの環境には必ず外出しの方法を考えてあるどっちかというと慎重な性格の如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は自慢のMacBookProが修理対応で4〜5日(下手したら1週間)なくなるので、その間にメイン環境でする事をどうやって外出しするのか、というお話をしたいと思います。

何故MacBookProを修理に出さなければならなかったか

 そもそも環境の外出しが必要になったのは今使っているMacBookProが修理しなければならない状態になったからで、その理由としては多分なんですがバッテリーが膨らんだと思われる状態になったからなんですよね。それに加えてキーボードの文字消えとBLUETOOTHの接続不安定がありまして、一回引き取って貰って修理して貰いたいニーズだったので昨日Appleから電話を貰って修理対応をお願いして、本当は今日宅配業者がMacBookProを引き取りに来るはずだったんですが来なかったので明日だなと思っており、非常に面倒くさいのです。
 MacBookProは非常に良いパソコンなんですがバッテリー周りは満足とは言えず、5年使っていてバッテリーが3回膨らんでいるので2年に1回は膨らんでいる計算で、まあ私の使用環境がハードだというのもあるんでしょうがもうちょっとバッテリー周りは頑丈に作って欲しいのです。基本的に無償サポートで解決するので金銭的には負担はないのですが、2年に1回1週間手元からなくなるという前提だと厳しいと言うか嬉しくないのでなんとかして欲しいと思うのです。

メイン環境はそもそも外出しの準備をしている

 とは言えパソコンは道具なので壊れる事ももちろん想定しており、普段使っている用途については必ず代替案を用意しているのです。
 というか個々でやる方法はパソコン以外にもあるものをパソコンでやっている訳であり、パソコンでしかできない方法・パソコンのほうが便利な方法についてはサブパソコンを用意する事で対応できるようにしているのでいざメインパソコンが故障、という時には別途用意している代替案を実行すればいいだけの話なのです。
 とはいえ毎日使っているモノと言えばブログ執筆・ゲームのプレイ・Web閲覧くらいなので代替案もざっくりとしか作っていません。

ブログ執筆

 毎日のブログ更新はキーボードがMacのではないと駄目なので最初はiPad ProのSmartKeyboardを用意していたんですがSmartKeyboardだと非常に使いづらいのと、結局代替案を個々に用意していくと別のパソコンを用意した方が手っ取り早いという結論に達するので、サブ用のMacBookAirを用意しています。
 これでメインパソコン不調時もサブのMacBookAirでバリバリにブログを書けますし、TweetbotもBearも同じApple IDで使えるので素直に便利で、こういう時のためにサブパソコンを用意しておくのは断然ありというか、普通にまともな選択肢としてあるので良いと思います。

艦これのプレイ

 毎日プレイしている艦これは基本的にパソコンブラウザからのプレイなんですが、メインパソコンが駄目な時はサブパソコンからも起動できますし、サブパソコンの場合画面いっぱいいっぱいに表示されるので厳しい場合Androidのアプリでもプレイできますし、もっというとiPad Proで公式サイトにアクセスすればiPadでもプレイできるので代替案としては3種類あるので確実にプレイが継続できる環境にあります。
 基本的にはパソコン作業の合間に艦これをプレイしたいニーズなのでサブパソコンでプレイする感じでいいと思うんですけども、機材繰りの問題でAndroid/iPadを使う場合もありえるのでアクセス手段は常に確認しておいています。

デタリキZのプレイ

 同じく最近毎日プレイしているデタリキZは基本的にMacBookProに展開した仮想化Androidで遊んでいるのですが、仮想化しないAndroidでも遊べるのでサブスマホのGoogle Pixel3でプレイできるので問題ないです。
 流石にサブパソコンのMacBookAirからでは仮想化してアクセス、は無理そうなので素直にネイティブ環境のAndroidで遊ぼうと思っており、まあPixel3なら性能的に全く問題ないので代替案としては妥当だと思います。

Web閲覧

 あと一番多い用途としては検索だとかWeb閲覧だとかがありますが、それらは基本的にMacBookAirかiPad Proで問題なくこなせるので代替案としてはそれで良いと思います。
 アクセスの楽さで言うとiPhone・iPad・Androidが楽なんですが動線としてはパソコンを使っていてWebを見たい理由が発生する動線が一番なのでMacBookAirを使うのが一番手っ取り早い方法だと思っていて、MacBookAirは古い型式ですがWebを見る程度の用途には全然問題なく使えるのでMacBookAirを使う方法で問題ないと思います。

一時的に諦める内容について

 サブの用途は常に用意しているとは言え、ハイエンドの機能を使っているものについてはMacBookProをもう1台用意するわけにも行かないので、一時的に諦めなければならないものもあります。
 主に言うと仮想化環境関係は一時的に諦めねばならず、Windowsの機能を使いたい、AndroidをMacでプレイしたいニーズは諦めざるを得ません。
 まあ厳密に言うとWindowsは1台持っていますしAndroidもPixel3があるので代替案はあるんですが、「Macで使いたい」というニーズは諦めなければなりません。
 このあたりは仕方がない部分なので受け入れると言うか、そこに依存しない環境を作っておくのが大事ですよね。

MacBookAirはスーパーサブなので

 という訳で大体のニーズには代替案がある、MacBookAirとPixel3があればなんとかなる、という結論なんですが、今用意しているMacBookAirは2014年モデルの吊るしモデルなのでCPUもCore i5、メモリも4GBでストレージも128GBしかないんですが、おもちゃというか、持ち運んでブログをつける程度のニーズなら充足できますし、私の基本的なパソコンのニーズはブログをつけたい、がメインなのでスーパーサブの用途としては十分に使えるパソコンなんですよね。
 価格も中古で4万円とお求めやすい価格でしたし、これくらい安く買えると50万するMacBookProとは違ってフットワーク軽く使う事ができるんじゃないかと思っていて、気軽に人にもかせますしバンバン持ち歩いて使いますし「壊れたらどうしよう」という感覚がないので(結論としては新しいのを買えばいいので)気軽に使えるというのはアドバンテージだな、と思うのです。
 そういう意味でスーパーサブ・モバイル特化のパソコンとして5万円くらいまでの小型のノートパソコンを用意しておくというのは非常に意味があると言うか強い選択肢だと思っており、特にMacBookAirの場合MacBookProと同じApple IDを連携してMacBookProで使っていたアプリをそのままMacBookAirで使う事ができ、まあ性能の問題はあるんですが気にならない程度の遅延で使えるのであればサブ用途としては十分な価値があると思うんですよね。個人的には買って良かったと思います。

なのでメインパソコンを修理に出してもなんとかなる

 という訳でMacBookAirとGoogle Pixel3で多重化しているのでパソコンを使いたいニーズは他のデバイスで大体の場合充足できるので、メインパソコンを修理に出しても詰みにはならずなんとかなる環境があるのです。
 なので明日メインパソコンを引き取られても明日ブログを更新できる予定ですし、1週間くらいなら大きな影響なく暮らしていけると思うのです。
 そういう環境作っておくの大事ですよね……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)