今更ですが:Windows7のパソコンを無料でWindowd10にアップデートする方法

 どうもこんにちは、基本的にはMac使いでWindowsの事はもう知らん、というスタンスなのに周囲からWindowsパソコンの相談を良く受ける如月翔也(@showya_kiss)です。

 今日は使っているパソコンが「Windows7のサポート終了」と出てしまって使えなくなった、という相談を受けたのですが、エラーを解除して出さなくする方法はあるんですが本質的にはそれでは駄目で、Windows7がサポート終了になることでセキュリティリスクが高まるので「Windows10にアップデートする」か「新しいパソコンを買う」かしてくれ、という話なのです。
 今日相談してくれた人のパソコンは比較的新しいパソコンでアップデートできそうだったので本体を預かってアップデートの作業をしたのですが、今まさに困っている人がいるかも知れないので久々にWindowsの記事を書きます。

Windows7のサポート終了について

 2020年1月14日、Windows7はサポートライフサイクルを終え、アップデートが適用されないようになりました。
 OSののアップデートが適用されないという事はこれから発見される・今まだ対処されていないセキュリティリスクに対してアップデートがかからないという事を意味するので、そのまま使うのは物凄く危険です。
 そしてWindows7は相当古いOSになってしまっており、今ならWindows7は無償でWindows10にアップデートできるので、アップデートしない手はありません。
 なおWindows10はMicrosoft社が言うには永年アップデート(最新の更新を適用している限り)という事なので、一度アップデートしておけばパソコンが古くなって買い換える必要が出るまではOS面では心配なく使えるという事になります。もちろんセキュリティソフトとかは別途必要なんですが、ずーっとアップデートする事を約束してくれているOSが実質配られているというのは大きいんじゃないでしょうか。
 まあWinndows10はWinndows7に比べれば新しいOSなので要求基準も若干高く、今Windows7が走っているパソコン全てにWindows10が問題なく走るとは言い切れないんですが、まあ大体の場合は大丈夫でしょう。
 なので今「Windows7」「サポート終了」のエラーで困っている人は、自分が「買い替えた方がいい人」じゃなければWinndows10へのアップデートを試してみる事をお勧めします。
 人によってはWindows10にする事で動かなくなる人もいるので、最悪Windows7に書き戻せるようにバックアップしてから作業しましょう。

Windows10にアップデートする以前にパソコンを買えた方が良い人

 その前にそもそもパソコンが古すぎてWindows10にアップデートするのがおすすめできない人もいます。
 Windows10は厳密にスペック要件が決まっているんですが、大雑把に言って
・Windowsが32ビットの人
・メモリが2GB以下の人
 はWindows10への移行をオススメしません。大体の場合移行できないか移行してもまともに動かないからです。
 それ以外の人は厳密な定義は自分で調べて頂くとして、とりあえず試しにアップデートしてみても良いと思います。

Windows10にアップデートする方法

 Windows10へのアップデート方法ですが、「Windows7をアップデートする」方法と「Windows10をクリーン人ストールする」方法の2つがあります。
 クリーンインストールする方法は普通にクリーンインストールして、ライセンス認証でWindows7のコードを入力してあげればいいんですが、それが出来る人は今見ているこの記事にはたどり着かないと思います(というかこんな記事読んでないで自分でやって下さい)。
 それができない人は「Windows7をWindows10にアップデートする」しか方法がありませんが、アップデートに失敗すると最悪パソコンが起動しなくなるので、アップデートする前に「データのバックアップ」を必ず行い、そしてスマホで「Windows7のリカバリ方法」を必ず検索しておいて下さい。リカバリ方法はメーカーと機種名を入れて検索し、自分のパソコンでWindows7を必ず書き戻せるようにして下さい。
 その上で、以下の手順を行います。

移行ツールをダウンロードする

 Windows7のパソコンからこのリンクにアクセスして「Windows 10 のダウンロード」のページから「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして移行ツールをダウンロードします。
 ダウンロードされたexeファイルは次に実行するので、保存しておいて下さい。

移行ツールをインストールして実行する

 保存した移行ツール(MediaCreationTool〜.exe)をダブルクリックして実行します。
 次に表示される適用される通知とライセンス条項を確認し、「同意する」をクリックします。
 画面が切り替わるので「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」を選択します。
 また通知とライセンス条項が出るので「同意する」をクリックすると、「インストール」のボタンができます。
 最終確認の上「インストール」のボタンをクリックして進めます。
 新し目のパソコンなら30分程度、古めのパソコンなら4〜5時間程度かかってパソコンのアップデートが行われるので終了を待ちます。途中何度か再起動が行われるので慌てないで下さい。
 インストール完了後、Windowsのチュートリアル画面が出るのでそれを確認して終了です。

起動を確認する

 Windowsのチュートリアル画面が出たらインストールは完了なのでしばらく様子を見てからパソコンを再起動し、問題なく再起動するか確認します、
 大体の場合チュートリアル画面が出たらもう大丈夫なんですが、たまに再起動すると2度と起きてこない場合があるので油断してはいけません。
 起動を確認したらもう終わり、バンザイだと良いんですが、他に確認しておくべき事があります。

動いていないアプリ・デバイスがないか確認する

 Windows10の互換性はなかなかのもので、ほとんどのWindows7で使っていたアプリ・デバイスは動いてくれるんですが、まれに動かないアプリ・デバイスがあります。
 動いていないアプリやデバイスを教えてくれる機能もあるのですが完璧ではないので、自分で使うアプリと使うデバイスを一度チェックする必要があります。
 そのままでは動かないアプリでもアプリ側をアップデートすれば動く場合がありますし、動かないデバイスでもWindows10用のデバイスドライバを入れれば動く場合があるので今動かないからと言って絶望ではなく、動かないならそれを検索して問題を回避しましょう。
 どうしても動かないアプリ・デバイスがある場合、基本的にはWindows10を優先してアプリやデバイスを買い換える事をお勧めしますが、それでもどうしてもそのアプリでないと駄目・デバイスでないと駄目という場合にはWindows7に書き戻す事も検討しましょう。でも基本的にはWindows10を優先したほうが良いですし、アプリもデバイスも新しい方が良いですよ。

アップデートできなかった場合

 Windowsのアップデートができなかった場合は基本的には「パソコンを買い換える時期」だと思って新しいパソコンを購入する事をお勧めします。
 Windowsから離れてLinuxを使う選択肢もありますが、それが出来る人はこのページは見に来ていないと思いますので省略します。
 基本的にはWindows10にアップデートできなかったパソコンは現役続行は厳しい、という事を前提に、セキュリティリスクを背負ってWindows7を使い続けるか新しいパソコンを買うかを選択して下さい。

まとめ

 基本的に今でもWindows7はWindows10に無償アップデート可能です。
 「Windows7」「サポート終了」のエラーが出て困っている人はWindows10にアップデートしてしまった方が良いので、データをバックアップの上アップデートをお試し下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)