Appleのウェアラブルデバイス

 どうもこんにちは、Apple製品に囲まれて毎日幸せな如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日はAppleのウェアラブルデバイス、Apple WatchとAirPodsについての話をしたいと思います。

 私は身の回りはMacBookPro/MacBookAir/iPhone/iPad/Apple Watch/AirPodsで固めているのですが、Apple製品は相互の連携が強く、一つのアイテムをApple製品にすると他のアイテムもApple製品にしたくなり、気づけば身の回りがApple製品で固まってしまう魅力を持っています。
 個人的にはMacBookPro/MacBookAirの満足度がとんでもないのですがその他にApple WatchとAirPodsの出来が素晴らしいと思っていて、もちろんiPhone・iPadと連携する事で更に便利になるのですがウェアラブルという意味ではAppleは非常に強いと思います。

Apple Watchについて

 個人的にApple WatchはMacBookPro/MacBookAirの次にApple製品としては気に入っていて、毎日身につけて過ごしていますが満足度の塊です。
 iPhoneがないと基本的に動かないのでiPhoneを持っていないと使えないのですが、iPhoneを持っているならApple Watchを買う意味がある、Apple Watchを使うためにiPhoneを買う意味があると思っています。
 私は他のApple製品は壊れた場合様子を見るかお金を貯めるかしますが、Apple Watchが壊れた場合は借金してでも新しいのを即買うと思います。それくらい依存度が高いデバイスで、持っていると便利というか持っていないと異様に不便、ないと困るという類のデバイスなので一度持つとやめられません。
 今は普及価格帯のSeries3と最新機種のSeries5があり、どちらもお薦めです。

Apple Watchとは

 Apple WatchとはAppleの販売するスマートウォッチです。
 スマートウォッチとは携帯電話の機能と時計が合体したガジェットと考えて差し支えなく、Apple Watchの場合iPhoneと連携して通知を受け取ったり電話の機能を外出ししたりする事ができます。
 Apple WatchはiPhoneと連携する事を前提に作られている製品なのでiPhoneなしでは使えませんが、iPhoneと連携すると非常に便利です。

スマートウォッチとしての機能

 Apple Watchのスマートウォッチとしての機能は色々あり、基本的な時計機能はもちろん、運動管理・カロリー管理・睡眠管理に加えiPhoneのリモート機能、AirPodsのリモート機能、アプリをインストールすればその機能も使えるという感じでかなり万能に何でもこなす事ができます。
 またApple Watch本体に音楽を入れておいて聞く事ができ、AirPodsなどと連携すれば軽い運動に音楽を添えるのに非常に向いています。
 スマートウォッチとしては基本的な機能である部分は全て押さえられており、それが各Appleデバイスに連携されるので非常に便利に使う事ができます。

Appleデバイスとの連携

 Apple WatchはAppleデバイスと深く連携するように設計されており、各Appleデバイスと次のように連携できます。
 Apple Wacthを使えばiPhoneで音楽を聞いている時にApple Watchで音量をコントロールしたり曲の早送り巻き戻し一時停止をしたりする事ができますし、iPhoneがかばんの中にある時に電話が着信したらApple Watchで電話に出る事ができますし、セルラーモデルならiPhoneなしで直接電話をかけたり受けたりする事ができます。
 iPhoneでカメラを起動している時にその画面を受け取ってApple Watchに写す事ができるので自撮りをしながら画面をチラ見する事もできますし、動画でも同じ事ができるのでカメラを固定しておいて写る画面を手元で見る事ができ非常に捗ります。

AirPodsについて

 AirPodsは無線イヤホンの中では相当優秀なプロダクトだと思っていて、毎日使っていますが非常に満足しています。
 基本的にはApple製品と連携するように作られていますがBLUETOOTHイヤホンなのでWindowsやAndroidからでも利用可能で、音の良さ、使い勝手の良さは3万円級のワイヤレスイヤホンの中ではピカイチと言っていいでしょう。
 今はAirPods第2世代とAirPodsProが出ているので好きな方を選ぶのがお薦めです。
 私の家では今AIrPodsProを注文して配達待ちの状態です。入手できたら別途レビューします。

AirPodsとは

 AirPodsとはAppleの販売するワイヤレスBLUETOOTHイヤホンです。現行ではAirPods2とAirPodsProがあり、どちらも好評なようです。
 AirPodsは3万円以内のワイヤレスイヤホンとしては白眉の出来で、最初は見た目がイケていないと言われていましたが今は街中でも普通につけている人はいっぱいいますし、一般的なガジェットとしては受け入れられているものだと思います。

ワイヤレスイヤホンとしての機能

 AirPodsはワイヤレスイヤホンとしては非常にできが良く、ワイヤレスイヤホン独特の接続の切れが非常に少なく、音質も非常に高く、バッテリも単体で4時間・充電ケースと連携すれば24時間の耐久が可能です。
 ワイヤレスイヤホンとしては外の音が聞こえやすく、必要な機能を十分以上のレベルで提供してくれているのでガジェットとしては非常に優れています。

Appleデバイスとの連携

 AirPodsは他のApple製品との連携を重視しており、特にボタンがないため各種の操作はiPhoneかSiriから行う事になりますが、Apple WatchがあればApple Watchからでも操作が可能で、iPhoneをポケットに入れて音楽を再生しそれをAirPodsで聞きながら音量調整・早送り巻き戻し一時停止をApple Watchから行う事ができ非常に便利です。
 その他BLUETOOTHイヤホンでは面倒なデバイス間の移動が非常に簡単に作られており、MacBookProで音楽を聞いている状態からiPhoneに移動して出歩いて音楽を聞き、出先でiPadに移動して動画を見て、さらにMacBookAirで音楽を聞き、その後iPhoneで戻ってきてからMacBookProに戻るような動線を各5秒程度で切り替えができ、操作も非常に簡単なので「常にAirPodsを身に着けていて、後はAppleデバイスを切り替えるだけ」という運用が非常に楽にできますし、おそらくそういう風に使う事を想定されているアイテムなので使っていて違和感を感じる事がありません。
 Apple製品を使うのであればAirPodsはお薦めです。

まとめ

 という訳でAppleのウェアラブルデバイスとしてはApple WatchとAirPodsが非常に良くできておりオススメだ、というお話でした。
 Apple製品は揃えれば揃えるほど便利になる特性があるので、iPhoneを中心にAppleデバイスで染めていくと非常に便利になるので、まずiPhoneと、できればApple WatchかAirPodsを購入する事を強くお勧めします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)