戯言:最近の状況なんかを

 最近毎日3000文字以上を書いているんですが流石にネタがないと言うか、同じネタをテイストを変えて何度も出すのは出来るんですがそういうのは好みじゃないですしブログを見てくれている人も望むところではないと思うので、今日は戯言として雑記を書こうと思います。
 まあまとまったネタではないんですが最近どんな感じかな、というのをお話できればと思います。

ソシャゲ進展について

 毎度のことですがソシャゲを頑張っています。
 今プレイしているソシャゲは艦これとアズレンで、前にやっていたパズドラは飽きて放置中です。
 どちらもそれなりの進展をしているので楽しいです。

艦これについて

 艦これは2019年秋イベントの開催中で、スタートから10日ほど様子見してから攻略を開始し、1週間ほど前に海域をクリアして新キャラの掘りに移行していたんですが、昨日ようやく最後の艦娘がドロップしました。
 平戸掘りを46周、デ・ロイテル掘りを6周、秋下堀りが103周でした。秋霜が非常に苦労して禿げ上がるかと思ったんですが最後の1本が抜ける前にドロップできて良かったです。
 当初30万用意した資材が95000まで落ち込み、1200個あったバケツも500個を割ったのでこれから日常資材備蓄のフェーズだなと思っており、ここから戻していって来年の冬イベントに備えたいと思います。

アズレンについて

 アズレンは新イベントが始まったばかりで攻略に着手したばかりのステータスです。
 期間限定建造オンリーの駿河・龍鳳・霞の中の駿河・霞を10連でゲットして龍鳳待ちの状態です。もう10連回したらポイント交換キャラの鬼怒が出ました。
 先だってサウサンプトンの恒常追加で頑張りすぎて石を300個ほど無駄に割って石が全く無く、龍鳳が来週頭の10連ガチャででなければ課金かな……と思っています。
 まあ自爆したのは自分のせいなので仕方がないので、ここから地道にため直していきたいと思います……。

Apple関係のアイテムについて

 相変わらずApple製品は満足して使っていて、全てもう型落ち品なのですが多少古くてもユーザー体験は満点なので良いな、と思っています。
 基本的にApple製品は「最前線の製品じゃないと使い物にならない」という類ではなく、先進的な機能を十分な性能の上で実現してくれているので、OSの世代さえ追っていれば使っていて不満を感じる事はありませんし、そもそもがその世代のデバイスの中では優れた性能を持っている製品なので多少古くなっても使いづらいという事は一切ありません。全て満足して使っています。

MacBookPro15インチ2018年モデルについて

 今メインの使用環境であるMacBookPro15インチ2018年はCUPがCore i9、メモリーが32GB、ストレージが1TBに加えてグラフィックボードがRadeon Pro Vega20のモデルを使っているんですが、相当な性能がありいつも圧倒されています。
 世代としては15インチ最終世代・16インチが出ているので2世代前のスペック特盛モデルなんですが、ハイスペック過ぎて全てのスペックを使う未来が全く見えません。
 Mac上にParallels Desktopを使ってWindowsを仮想化しているんですが、それでも軽いですし仮想化したWindowsも爆速なので満足度の塊です。
 本当に毎日満足して使っています。

MacBookAir11インチ2014年モデルについて

 サブの使用佳境には10月末にMacBookAir11インチの2014年モデルを購入して便利に使っています。
 CPUがCore i5、メモリが4GBでストレージが128GBと非常にちゃっちいモデルなんですが「小さくて持ち運べる」「持ち運んでキーボードをバシバシ叩く」という用途にはジャストフィットしており、そしてその使い方をしたいニーズで購入したので最高のサブ環境なのです。
 メイン環境を重くしすぎたせいで持ち運びには適さない感じなので、サブ環境としてモビリティを重視した構成を出来るのは非常に良いです。
 サブのパソコンでMacOSが動くのは嬉しいですし、メイン使用環境で購入したアプリが使い回せるのは最高です。

iPad Proについて

 タブレットには2017年末に購入したiPad Pro10.5インチセルラー512GBモデルを使っています。
 Apple PencilとSmartKeyboardを同時購入しているのでクリエイティブな用途にも十分に使えますし、それ単体としてコンテンツ消費メディアとして完成している性能なので使っていて不満がなく、高かったけれども購入して良かった、購入するだけの金額を出した甲斐がある、と毎日思っているので手に入れて良かったと思っています。
 個人的には電子書籍ビューワとして神がかった性能だと思っていて、本をザクザク読めるのは最高です。
 ゲームデバイスとしても完成度が高くアズールレーンをプレイするにも非常に良いですし、ノートパソコンと同じ金額がしますが1台買っておくと良いと思います。

Apple Watchについて

 Apple Watchは毎日身に着けており、手放す事が考えられないデバイスです。
 各種の通知を左手に集約でき時間もカロリーも管理できるので非常に良いです。毎日起きたら身につけ寝る前にしか外さないので「あって当たり前」の状況であり、たまに何かの拍子でつけないで出かけてしまうと非常に不便です。
 家からでなくてもApple Watchの便利さは実感できるので、スマートウォッチが欲しい人でiPhoneユーザーなら一択の強さだと思います。

iPhone Xについて

 iPhone Xは最近LINEにしか使わなくなってしまいました。
 同じサイズのAndroid機としてPixel3を購入してしまい(後述します)、それをガンガン使っているので、引っ越しできないLINE以外はほとんどPixel3を使うようになってしまいました。
 しかし最近iPhoneでしか使えない(Androidでは使えない)Bearというアプリを入手したのでまたiPhone寄りになってきており、今度はPixel3が死ぬのかな、と思っています。
 もう3年目のスマホなので来年こそは新しいのが欲しいなと思っており、Tweetbotを使う都合上Maxサイズが欲しいので来年は注目だな、と思います。

Google Pixel3について

 AndroidスマホとしてGoogle Pixel3を10月に購入してしまいました。性能としてはiPhone Xに若干劣る程度の性能なのですがAndroidという事で目新しく、今はPixel3を中心に使っているのですが、案外便利です。
 アズールレーンも多少固まるもののプレイ可能なレベルで遊べますし、おサイフケータイ機能もなかなか秀でていますし、Googleのフラッグシップ機なので性能もそれなり、サービス連携も強くおもちゃとしてはかなり遊べる範囲です。
 安く手に入れたデバイスなので適当に遊んで飽きたらSIMを抜いてiPadに戻せばいいな、程度に思っており、まあ遊べるだけ遊べればいいな、と思います。

ハマっているアプリについて

 今Macでハマっているアプリが3つあって、全て有料アプリなんですが、課金しただけの価値があるな、と思っています。
 Macは有料アプリが良質なものが多く使いやすいので非常に良いですね。
 個人的にはお小遣いに恵まれていないのでそんなに有料アプリは買えないんですが、その分買ったアプリは「本当に良いもの」に限られている感じです。

MarsEdit4について

 今まさに使っているのですがMarsEditはブログエディタです。
 WordPress・はてなブログを本番環境そのもののプレビューを見ながら更新でき、データもローカルに保存可能、ショートカットを自分で決められてHTMLタグも簡単につけられるので、WordPressの管理画面に比べるとシンプルな画面でそれ以上の機能性で使う事ができ、とても良いです。
 惜しむらくは買い切りなんですが6100円という値段が結構高いところなんですが、この機能を買い切りで使えるのであれば多少の金額は我慢できるな、というできなので、MacでWordPressを更新している人には超お薦めです。個人的には今年の最優秀アプリだと思っています。

Bearについて

 そしてこれも年末になって使い始めたアプリなんですが、Bearというクラウドエディタが非常に良いです。
 月額150円・年額1500円なのですが、課金するとMac/iPhone/iPadのアプリでテキストを同期する事ができ、デバイスを横断してテキストを入力できます。
 エディタとしての機能も高く、MarkDown記法に対応しており書いたMarkDownがその場でエディタに反映されるので目で見ながらパキパキ入力できるので非常に便利に使えます。
 継続課金という部分が引っかかりますが、値段としては年額1500円なら安い部類だな、と思うので、このまま使ってアップデートしていければと思います。個人的にはToC機能を早く実装して欲しいです。

Tweetbot3 fot Twitterについて

 私はツイ廃なのでTwitterはクライアントソフトが必須なんですが、Tweetbot3 for Twitterは神です。
 マルチカラムでTL/Mentions/List/Listを表示しつつ全てのTweetを読みながら上にスクロールして行く事ができ、特に特定ListのTweetを全部読みたい私のニーズにはぴったりでした。
 1220円の有料ソフトですが性能が極まっているのとiOSアプリ(別課金)との連携が神がかっているのでぜひ導入すると良いと思います。
 個人的には購入したアプリの中では一番気に入っているアプリなので、本当に全員にお薦めです。

こんな感じです

 まあそんな感じで4000文字です。
 最近MarsEditを使うようになってからテーマ記事もそうなんですが雑記・戯言についても一定数の文章量を出力できるようになっており非常に満足しています。
 道具が変わると結果が変わるという良い例だと思うので自分自身心して置かないといけないな、と思うんですが、良いツールを使うと良い結果を誘導しやすいという事でもあるので、これからもどんどん道具を探して使っていこうと思います。

 最近はこんな感じで毎日更新していますので、もしよろしければフォローして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)