Apple Watchは全てと連携して便利なのでお薦めです。

 どうもこんにちは、Apple製品の中ではApple Watchが一番のお気に入りかも知れない如月翔也(@showya_kiss)です。

 私は3年前にApple Watch Series3を購入したんですが、購入してから今日に至るまで毎日満足しています。
 この満足度はどちらかというとジワジワ来るタイプの満足度なので「出会ってハッとした」という類のプロダクトではないんですが、使えば使うほどに毎日しみじみと良さを感じる製品なので、あえて強い口調でお勧めしておきます。はっきり言って迷っている暇があれば1日でも早く購入して1分1秒でも早くこの便利さを体感すべきです。

 では今日は、Apple Watchの良さを語ってみようと思います。

Apple Watchとは

 Apple WatchとはAppleの製造・販売するスマートウォッチの事を指します。
 現行では普及価格帯のSeries3と最新機種のSeries5が販売されており、スマートウォッチの中では最も人気が高いモデルとなっています。
 スマートウォッチとは時計型のウェアラブルデバイスを指し、時計の形をしていながらも様々な用途に使えるので一部に熱心な利用者がおり、市場も拡大しています。
 Apple WatchはiPhoneと連携するスマートウォッチとして設計されており、iPhoneがないと利用する事ができませんが、Apple WatchのためにiPhoneを選ぶ価値がありますし、iPhoneを使っているならばスマートウォッチはApple Watchがお薦めです。

どんなことができるのか

 Apple Watchは主にiPhone・iPad・Mac・AirPodsと連携して連携した機器を使用できる他、スマホへの通知をApple Watchで見たりSiriで調べ物をしたりiPhoneの音楽アプリをApple Watchで操作できたりとできる事は多岐に渡ります。
 説明が下手で本当に申し訳ないのですが、Apple Watchは「便利機能の塊」である所が製品の要であるので、「これができます」という大きな何かがあるのではなく、便利な機能がいっぱい詰まっているのです。
 Apple Watch単体でできる事を上げると時計機能、運動管理機能、電卓機能、セルラーモデルなら通話機能、iPhone・iPad・Macのリモート機能などの機能がありますが、本質はそこだけではなく他のApple製品と連携して便利に使える情報ハブであるという部分であると言えます。
 Apple Watchを使う事でそれぞれ独立していたApple製品が一つのストリームとなってシームレスに連携するのを見ると忘れがたい感動を得られますし、実際に非常に便利なので手放せなくなる事うけあいです。

iPhoneとの連携

 iPhoneとの連携で言うと、「iPhoneの各種通知をApple Watchに集約できる」というのが大きいでしょう。
 メールの通知・LINEの通知を左手で受ける事ができ、スワイプするだけで本文を読む事ができ、タップでテンプレート返信までが可能です。
 またApple WatchからiPhoneを操作する機能にも優れており、iPhoneのiTunesアプリをApple Watchで操作して音量の増減・曲の早送り巻き戻し一時停止ができますし、iPhoneのカメラアプリをリモートしてiPhoneのカメラに映る画面をApple Watchでプレビューする事ができます。iPhoneで自撮りしつつ画面をApple Watchで見たりする事ができ、動画撮影でもそれは可能なので非常に便利です。
 電話機能もリモート可能なのでiPhoneにかかってきた電話を左手で受ける事もできます。
 そしてこれらiPhoneとの連携機能はApple Watchから行う事ができるので、メールやLINEや電話が着信した時にiPhoneがポケットの中やかばんの中にあったとしてもApple Watchがあればそこから操作可能なので、「iPhoneを取り出して」何かを行うという手間が省けます。
 非常にシンプルに言っていますが今まで1日何回iPhoneを取り出して画面を見たか、というのを考えると物凄い進歩で、通知が来て左手で確認、対応が必要な場合だけiPhoneを取り出して後は左手をスワイプするだけ、というのは本当に便利ですし時間短縮になります。それだけでApple Watchを買う意味があります。

iPadとの連携

 同じようにApple WatchはiPadをリモートする事ができるので、iPadの通知を見る事ができますし、iPadのカメラをリモートする事もできます。
 しかし本質はiPhoneをリモートする事でiPadの通知の煩わしさを消す事ができる部分で、iPadで集中して作業したい時にiPhoneの通知が連携されると相当鬱陶しいと思うのですが、iPhoneへの通知はApple Watchが引き受けてくれるのでiPadは作業に集中する事ができるというのが大きなポイントです。
 Apple Watchを持っている以上必ずiPhoneは持っているものなので、iPhoneをリモート出来るという事はiPadをフリーにできるという事なのです。

Macとの連携

 Apple WatchはMacとも連携が可能です。
 Macとの連携の大きな売りは「Macの画面解除をApple Watchでできる」という部分でしょう。
 ロックがかかって指紋認証かパスワードを通さないと抜けられないロック画面が、Apple IDで認証済みのApple Watchが近くにあれば自動で認証を抜ける事ができます。
 指紋認証モデルなら指紋認証は一瞬ですが、指先に怪我がある場合や指がふやけている場合は指紋認証は面倒ですし、指紋認証モデルじゃない場合はいちいちパスワードを入力しなければいけない手間が省けるので非常に便利です。
 そしてもう一つ、MacのiTunesはApple Watchでリモート可能です。iPhoneと同じ要領で左手をタッチするだけで音量の調節ができますし曲の早送り・巻き戻し・一時停止ができます。
 Macの場合キーボードにメディアキーがあるのでアクセスは楽ですが、左手の操作に統一するとiPhone操作と統一できるので動きに無駄がなく便利になります。

AirPodsとの連携

 AirPodsもApple Watchと連携可能です。
 AirPodsでの音量操作はiPhoneから行うかSiriを使うしかありませんが、Apple Watchから音量の増減、曲の早送り・巻き戻し・一時停止の操作が簡単にできます。
 普段AirPodsを使う環境ではiPhoneはポケットの中かかばんの中にあると仮定できるので、操作は声でだけ、という感じでしたが、Apple Watchを使う事で無音で操作が可能です。
 Apple WatchのあるなしではAirPodsの使い勝手が全く変わってしまう体験なので、AirPodsを持っているという事はiPhoneも持っているでしょうし、スマートウォッチはApple Watchがお薦めです。

まとめ

 という訳で、Apple Watxhは単体で強いスマートウォッチなのにApple製品と連携すると更に便利に使えて非常に良いよ、というお話でした。

 基本的にスマートウォッチってそれだけで便利なものなんですが、特にiPhoneと連携するように作られているApple Watchは他のApple製品ともシームレスに連携するので、身の回りの製品をApple製品で固めている人にはジャストで刺さる製品だと思うんですよね。
 私は今までの買い物の中ではトップクラスに満足している製品ですし、多分壊れたら1週間保たずに次の製品を買う事になるプロダクトだと思っています。

 超お勧めですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)