USB-A変換プラグが1個あれば十分>MacBookPro15インチ2018年モデル

 どうもこんにちは、月曜定例の艦これ駆逐艦キラ付けに5時間かかって疲労困憊状態の如月翔也(@showya_kiss)です。

 MacBookPro15インチ2018年モデルを購入してしばらくになりますが、USB-C端子しかない事で困る事はほぼなく、唯一今まで使っていたUSBヘッドセットを繋げるのにUSB-A変換プラグが1個必要だっただけで、後は全くUSB-A端子を必要としていません。
 まあカードの類を刺さないのでその時点でもうUSB-Cだけでいい感じなんですが、USB-CtoLightningケーブルも2本ありますし他でUSBを使う事が考えづらくなったんですよね。
 昔はUbuntuをパソコンに入れたいニーズでブータブルUSBを焼くのにUSB-A端子が必要だったりしたんですが今はMacBookProの上にParallels Desktopで仮想化してUbuntuを入れてしまえばいいのでそもそもUSBに焼く必要がなくなりましたし、環境の変化が結構大きいかも知れません。

 一応USB-Aに変換した後USB-Aのハブは持っているので最悪USB-Cx3、USB-Ax3みたいな配分の仕方も出来るので、とりあえず今の状況で良いかな、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)