性能に余裕のあるMacBookProを買って本当に良かったです

 新しいMacBookPro15インチを買ってから、今までEarly2015のMacBookPro13インチとVAIO Zで手分けして行っていた作業をMacBookPro15インチに一本化して、ついでにWindowsも仮想化しててがっつりインストールして色々やっているんですが、性能に余裕のあるモデルなので本当に快適で、一本化したにもかかわらず快適度は上がっている状態なので本当に買って良かったです。

 基本的にブラウザで艦これを起動しながらChromeでタブを20個開きiTunesで音楽を流しながらJanetterでツイッターを楽しみつつThunderBirdでメールを見ながらSimplenoteでメモを書くような作業をしているんですが、それに加えてWindowsに8GBのメモリと2GBのビデオメモリを割り振ってもまだ10GB近くメモリに余裕があり、動作も一切遅延しないので非常に使っていて気分が良いです。

 基本的にCore i9・メモリ32GB・SSD1TB・Radeon Pro Vega20のグラボはオーバースペックなんですけども、オーバースペック気味のパソコンを買っておかないとあっという間に陳腐化するので選択肢としては良かったなと思っていて、もう買ったものなので後戻りもできないですし、いかにこれからゴリゴリに使っていくかを考えていくべきだと思います。
 とりあえず体調が良くなったら動画を作ったり色々やりたいと思っていますので(ブログもテーマ記事を書きたいと思っています)、ここから頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)