カスペルスキーでGoogle Chromeに「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」と表示される場合

 先日からMacBookPro上のParallels Desktopで動かしているWindows10・VAIO ZのWindows10・GPD PocketのWindows10の全てでChromeを起動した時にカスペルスキーから「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」という警告が表示されるようになっており、非常に鬱陶しかったので色々試したんですがキャッシュのクリアなどは効果がなく、Web上で情報を集めても情報が出なかったので諦めてサポートに問い合わせしようとしたら、問い合わせの画面にジャストのトラブルサポートが載っていました。もっと目につくところに書いておいてほしいのです。

 https://support.kaspersky.co.jp/12667#block33 これです。

 要するに原因不明ですがWindows上のGoogle Chromeで警告が出ますよ、対応方法はこうですよ、という内容なんですが、わかっているならさっさとアップデートして問題を修正して欲しいです……。

 まあ対処して警告は出なくなったのでここ数日のイライラは消えたんですが、カスペルスキーは時々こういう問題があるので困るんですよねぇ……。
(家のパソコン台数多すぎてセキュリティソフトは無制限ライセンスのあるカスペルスキーかMcAfeeリブセーフしか選択肢がない)

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)