Parallels Desktopで仮想化したWindowsでゆっくりムービーメーカー・AviUtlを使用可能です

 子供たちが夢中になってやっているので私もやってみようかな、と思ったゆっくりムービーメーカーなんですが、子供と同じパソコンを使うのもアレなんでParallels Desktopで仮想化したWindowsから使えないかと思って色々設定していましたが、結論から言えば使えます。
 ゆっくりムービーメーカーというか連携するAviUtlの設定で「x264guiEx」がちゃんとインストールされきらない(見た目には問題なくインストールできている)状態になるので、「QuickTimeAlternative」というフリーソフトを別にインストールすれば問題なくMP4ファイルを書き出せます。

 まあ実用レベルで言うとBootCampから起動しろっていう話なんですが、仮想化環境からゆっくりが書き出せると面白いよね、と思います。

 結構苦労したので「QuickTimeAlternative」は覚えておいた方が良いと思います……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)