Windowsに対するMacの優位性

 今色々考えた結果新しいノートパソコンはMacBookProを狙っていくと決めたのですが、結論から言うとWindowsとMacだと(機械として言うと)Macの方が優れており、Macを使ってWindowsを起動する手段が確保されている以上どちらかを選べと言われればMacを選ばざるを得なく、MacOSが起動しないWindows機を選ぶ選択肢は(今の所)ない、という結論に至ったのです。
 Windowsに対するMacの優位性というと小難しい話になってくるんですが、単純明快に言うとMacでしか動かないソフトやMacでしか開発できないiPhoneのアプリがある以上WindowsとMacを比べる時に「Macを完全無視」はできないという事なんですよね。じゃあWindowsは完全無視できるのか、というと、BootCampやParallelsを使ってMac機の上でWindowsを動かす事ができるので追加の資金さえあればMac機でWindowsを使う事は簡単にできるので、MacにWindowsは「含まれる」と見なせるんですよ。逆にWindows機上でMacOSを動かす事は公式には不可能なので試す価値がないというか、WindowsにはMacOSは含まれないと見なせるので、環境的な強さでいうとMac>Windowsです。

 まあOSとしての使い勝手だったりスマホ連携の強みだったり色々OSとしてはWindows/MacOSと比べる部分はあるんですけども、「両方を選ぶ」という選択肢がある以上悩む必要はなく、ただお金を詰んでMacを買えばいいんです、という結論ですよね……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)