GPD Pocketが帰ってくるかも知れない:Ubuntuを入れなければ!

 嫁さんが自分専用のOfficeが動く小型環境を買うと言い出していて(今の所iPadの可能性大だがSurface goの可能性もアリ)、もし嫁さんが小型環境を揃えたのだとすると、GPD Pocketがようやく余るようになるのです。
 すなわち、Linux環境としてGPD Pocketを使えるようになるという事なんですよね!
 まだ確定ではないのですが嬉しさのあまりすでにRespinのISOイメージをダウンロードしています。

 RespinのISOイメージはこちら。Ubuntu18.04はGnomeが正式シェルなのでそちらを選んでダウンロードです。
 今ダウンロードしているのですが終わったら早速USBメモリに焼いて動かしてみようと思います……。楽しみ……。

【追記】
 RespinのISOイメージで問題なく動く事を確認しました。
 ディスプレイの解像度が100%・200%しか選べなくて不便なんですがテキストのスケーリングを1.5倍にすれば読みやすくなります。

端末(ターミナル:Terminal)を起動して以下をコピーペーストです。
「gsettings set org.gnome.desktop.interface text-scaling-factor 1.5」

 数字をいじる事でスケーリングを変えられるみたいです。

【再追記】
 RespinのISOイメージではブートローダのGRUBのインストールに失敗するとの事で、失敗したらライブUSBが立ち上がるのを待って、端末で
「sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair」
「sudo apt update」
「sudo apt install -y boot-repair」
「sudo boot-repair &」
 の順でコピーペーストすればGRUBがちゃんとインストールされて起動可能になるとの事。試してみますね。

【再々追記】
 上記手順でインストールはできるんですが毎回起動するのに5分以上かかるので通常利用は無理と判断し、Ubuntu MATEに乗り換える事にしました。今インストール中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)