VirtualBoxを使う事にしました。

 先日「Mac+Filezilla」の組み合わせてWebサービスのどどんとふが上手くアップデートできなかった問題で、結論としては「Windows+Filezillaでアップデートする」という結論になったのですが、Macから完全にアンタッチャブルになるのも嫌だなと思ったので、ちょうどNoxPlayerで使っている事もありVirtualBoxでUbuntuをMacにインストールする事にしました。
 普通にVirtualBoxを起動して割り当て作業を行いあらかじめダウンロードしておいたUbuntuのisoファイルを指定してやれば後はインストールまで一気にできるので特に悩むところもなかったです。
 仮想化した環境はちょっと重いかな、と思ったんですが、CPUのコア割り当てを2個にしたら目に見えてスムーズになり不満はありません。そしてMacじゃなくてUbuntuなのでFilezillaからどどんとふのファイルをいじってもバグりません。ありがたいです。

 仮想化環境は一度手を染めたら地獄になる未来がなんとなく見えていたので手を出してこなかったんですが、これだけ安定して動くんならWindowsを仮想化してもいいですよね……(地獄の第一歩)。

 とりあえずWindows環境はあるので無理に仮想化しなくてもいいんですが、仮想化する事で便利になる部分は確かにあるのでライセンスとかちゃんと考えなければならないな、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)