物理キーボード最強>ごろ寝パソコンとしてのGPD Pocket

 久々にデバイスを布団に持ち込んでごろ寝スタイルでブログを書こうと思ったんですが、とりあえず何も考えずに掴んで布団に入ったiPad Proはスクリーンキーボードが打てない感じで(爪でキーボードを押してしまう瞬間がある)、結局布団を出てGPD Pocketを取ってきて布団に戻りこの記事を書いています。
 やはり物理キーボードを備えているというのは大きな長所であると思うんですよね。スクリーンタッチでは拾えないタイプを物理キーボードは拾ってくれるので、ガシャガシャ打てる点も含めて非常に使いやすいです>GPD Pocket。

 GPD Pocket2には今の所興味はないのですが、GPD Pocketの初代はもうこれしかない、レベルで惚れているデバイスなので、長く使えるといいな、と心から思います。大事にしていこう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)