Google Chromeの「タブをミュート」が使えなくなり「サイトをミュート」になってしまって困る

 完全に戯言なんですが、今このブログ一つの記事が切っ掛けで普段の1.2倍くらいの人が出入りしてくれています。
 その切っ掛けの記事がこちら。「Google Chromeから「タブをミュート」が消えたのでタブの音声UIを有効にする

 今まででGoogle Chromeには「タブをミュート」という便利な機能がありました。特定タブを右クリックして「タブをミュート」にすると、そのタブだけ音声を消してくれるという機能です。
 それが前回のChrome更新で消えてしまいまして、「サイトをミュート」という機能と置き換わってしまったのです。こちらは特定タブを右クリックして「サイトをミュート」にすると、その特定URLの動画をブロックしてしまい別のタブで起動しても動画が動かなくなるという機能です。
 この2つの機能の最大の違いって、「動画は流しつつ音声は消す」「特定のタブにだけそれを行う」という部分で、例えば艦これをプレイしながら音声だけ消しておきたい、しかし音楽をかけるのでパソコンはミュートしたくない、みたいな時は「タブをミュート」がジャストな機能で置き換えが効かないのです。
 しかし、この「タブをミュート」は右クリックメニューから消えました。使えません。

 でも、タブの右側にはマイクのアイコンが表示されているんですよね。普段は死んだアイコンなので意味が無いんですが、このアイコンを生き返らせてあげれば、右クリックから「タブをミュート」はできなくても、タブの右側のマイクアイコンをクリックすれば「タブをミュート」にできるわけです。

 方法は簡単、 ブラウザ画面に「chrome://flags」を入力してエンター、「Tab audio muting UI control」の項目を探して「Enable」にして(日本語の場合「タブの音声ミュート用のユーザーインターフェースコントロールを有効にする」を「有効にする」にして)Chromeを再起動します。それでアイコンが生き返ります。

 という訳で、これからは右クリックからではなくタブの右側のマイクアイコンをクリックしてタブをミュートしましょう。

 というネタなんですが、時事ネタなのでサイト流入の増加を固定できないんですよね。
 まあ誰かのお役に立てているなら幸いなのでサイト流入増加を固定できなくても良いんですが、でも読者さんが固定で10人位増えてくれたら嬉しいなと思うのです……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)