Macbook Pro RetinaにOSX MacericksとWindows 7とUbuntu 13.10をトリプルブート

新記事→http://techblog.show-ya.blue/?p=240があるのでそちらを参照して下さい。この記事より良い環境になります

 「OSXとWindowsとUbuntuが全部問題なく動くのはMacだけ!」と言う訳でMacBookPro Retinaを去年購入したんですが、そういえばまだ設定していなかったと思ってトリプルブートに設定したんですがドハマりして3日かかったので、次回リカバリなり再インストールするなりした際に困らないようにメモを起こしておきます。

【作りたい環境】
 「Mac OSX(Mavericks)」と「Windows 7」と「Ubuntu 13.10」が全て起動できる環境。
 それに加え、全てのOSから参照可能な「データパーティション」が欲しい。

【パーティションの設計】
 WindowsはHDD1個につきパーティションを4つまでしか認識しないので、パーティションの設定は非常に大事です。
 特にMacbook Pro Retinaは「内蔵パーティション内にリカバリ領域を設けている」のが曲者で、何もしなくても「MBR(起動領域)」と「リカバリ領域」の2つのパーティションが存在しているので、「Windows7」をインストールして「データパーティション」を認識させるには、まず「Windows7」と「データパーティション」をHDDの前の部分につめ込まなくては行けません。
 そこで、このように設計しました。

 (1)Windows 7のパーティション(ntfsフォーマット)
 (2)データパーティション(FATフォーマット)
 (3)MacOS X Mavericksのパーティション(HFSジャーナリングフォーマット)
 (4)Ubuntu 13.10パーティション(ext4フォーマット)

【手順】
 A.パーティションを切る
 まず、MacOSをパーティションの3つ目に入れる必要があるので、MacOSの再構成からスタート。
 再構成用のパーティションから起動して、HDDを消去し、設計通りにパーティションを切るのですが、「ntfsフォーマット」は選べないので(1)は適当にFATででも。
 注意点として(2)を「exFAT」でフォーマットすると後々起動しなくなって面倒くさいので、ちゃんと「FAT」でフォーマットして行く事。
 (3)は普通にパーティションすれば問題ないし、(4)はそもそも何でフォーマットしようとUbuntuインストール時に再フォーマットするのでご自由に

 B.MacOS Xを(3)にインストール
 特に困る事はないはず。
 インストールが終わったらBootCampを使ってWindows7用のデバイスドライバが入ったDVDを焼いておくと良いです。

 C.Windows7を(1)にインストール
 普通にインストールDVDをDVDドライブに入れて「Option」キーを押しながら起動し、WindowsのDVDを選んでブートすればインストールが始まる。
 Aの手順でFATにしたドライブを選択し、「削除」を選んでから「追加」で同じ領域のntfs領域を作ってそこにインストール。
 インストール中何回か再起動するので、再起動のたびに「Option」キーを押してWindowsの「DVD」ではなく「HDD」から起動すること。

 D.Windowsの起動を確認。
 インストールが終わったらWindowsの起動を確認。何もせずに再起動するとMac OSXが起動し、「Option」キーを押しながら起動すると「Mac OSX」と「Windows」のHDDが選べてどちらも起動することを確認。
 手順通りにやっていれば、この時点でOSXからもWindowsからも(2)のデータドライブが見えているはず。

 E.Ubuntuのインストール
 Cと基本的に手順は同じ。DVD入れてOpiton押しながら起動し、「Windows」(と表示されちゃう)のDVDから起動してインストール。
 インストール中にwifiを認識しなかったら一度「プロプライエタリなソフトウェアをインストールする」にしてインストールを途中まで進めると認識してくれる事があるのでそこまで進め、認識したら一度インストールを中断し、もう一度インストールを立ち上げるとインターネット接続がOKになり、アップデートも一緒にインストールする選択肢がでるので、インストールしておくと便利。

 F.Ubuntuの起動を確認。
 インストールが終わったらUbuntuの起動を確認。Optionキーを押さなければMac OSXが起動し、Optionキーを押して起動したらLinuxのブートローダーが起動することを確認。ブートローダーからWindows、Ubuntuの両方を起動できるのを確認したら作業終了。

 基本的にはパーティション切る時にだけ注意するのと、下手なWeb記事を見てreFITなどを入れずにちゃんと手順を踏むのが大事。
 どうしてもreFITが欲しければ、トリプルブートが完成してから導入する事を推奨。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)