iPad mini用に追加で買わないといけないもの

 どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日はまだまだ届かない予定なんですが10月14日以降に到着予定のiPad mini第6世代について、追加で買わなければならないものなんかのお話しを中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

iPad mini第6世代とは

 iPad mini第6世代とは昨日発売が開始されたAppleの小型タブレットの最新版で、第5世代と比べると小型軽量化、ナローベゼル化、液晶画面の大型化、SoCの向上、APpぇPenci第2世代への対応など前のバージョンに比べるとほぼ総とっかえに近い形で作られたiPadで、全体的にはiPad Airの小型化という感じに仕上がっているのですが性能によってはiPad Airを超える部分があり、小型のタブレットの中ではピカイチの性能を誇るタブレットに仕上がっています。

私の分は10月14日以降の到着予定なんですが

 私は発表当日に即買えなくて、翌日にローンを申し込んでその翌々日にローンが承認されたので申し込み順番が遅く、発売日である9月24日はおろかそこから20日後である10月14日以降の到着予定になっています。
 Appleが用意した数がそこまで少ないという事は無いと思うのでかなり人気が出て一気に申込みが殺到したんだな、と思っており、数が売れるとそれを狙った周辺機器が多く出るので良い事だと思っていまして、自分の分が遅くなるのは業腹ですが数が売れるのは単純に良い事だと思っているので許容範囲です。
 到着するのが結構後なので到着する頃にはある程度の周辺機器が出ていると思っていて、どれを買うのか考えるのも楽しいので、今日はそこを考えていきたいと思います。

まずディスプレイ保護用にガラスフィルムが必要ですよね

 まずiPad Proは液晶ディスプレイ付きの製品なので、ディスプレイ保護用にガラスフィルムが必要ですよね。
 NIMASOのガラスフィルムを買おうと思っているのですが、もう一つ悩んでいる部分があって、今回はかなり画面に書き込む予定なのでペーパーライクフィルムを導入する余地があるなと思っていて、ガラスフィルムとペーパーライクフィルムは排他利用なのでどちらを優先すべきかという部分に悩んでいます。
 今までペーパーライクフィルムを使った事がないので「比較してどっちが良い」というのを言えないので迷っていて、まあペーパーライクフィルムじゃなくても画面には書き込めますがガラスフィルムじゃないと画面が傷つくというのはあるので防御力の点でガラスフィルムかな、と思います。

Apple Pencil込みで保護してくれる風呂蓋つきのカバーも必要です

 次に風呂蓋カバーが必要で、Appleのフォリオでも悪くはないんですががっちりホールドしてくれないので使い方によってはフォリオからiPad miniが落下する恐れがあるので、爪のあるしっかりはめ込む形式の風呂蓋カバーが欲しいです。当然Apple Pencil第2世代と干渉しない奴で、できれば蓋を締めた時にApple Pencilも込みで保護してくれるのが良いと思っていて、2000円〜3000円でいいのがないかなぁ、と思います。
 贅沢を言うと本体をパープルで買ったのでパープルか透明のカバーが良いと思っていて、それで風呂蓋、爪付き、Apple Pencil保護という条件を考えると製品が1個〜2個まで絞れるんじゃないかと思います(0個という可能性もありますが)。

キー入力用のキーボードも用意しておきたい所です

 iPad miniにはキーボードフォリオがないので(SmartConnectorがないので出さないという意味だと思います)別にキーボードが必要なので、Mac配列でそれなりに使える安いキーボードを用意しておくと良いと思います。
 私は幸いな事に「何かあった時用」に購入した英語Mac配列のミニキーボードがあるのでそれを流用しようかな、と思っていて、まあ場合によってですがTouch ID付きMagic Keyboardが使えるならテンキーレスを選択肢の一つとして上げてもいいかな、と思っていて、安い買い物ではないので余裕のある時に、と思うんですが、実際どうなんでしょうね。
 iPad miniはメディア消費端末でクリエーションには使わないイメージなのでキーボードもいらないと言えばいらないですし、iOS15でスクリブルが日本語に対応したので手書きで入力すれば?という部分があるんですが、それでも個人的にはキーボードは欲しいと思うので、家にある緊急用キーボードを使いまわそうと思います。
 

マウスはいらないかもしれないですね

 マウスについてはApple Pencilがあるので不要かな、と思っていて、まあ使うにしろLogicoolの複数ペアリングを使ってマウスを使い回すので十分かな、と思います。
 マウスを使うと使いやすいという話は聞くんですが、あのサイズの画面をマウスで操作するのは大仰と言うか、Apple Pencilがあるんだからそれで画面をつっつけよ、という結果になるんじゃないかと思います。
 まあSideCarとして使う場合は母艦のMacBookAirからマウスカーソルが届きますし、あとiOS15でユニバーサルなんとかでMacのマウスカーソルが普通にiPad miniに侵入できるはずなのでそれでもいいかな、と思います。

20Wの充電器は家にあるものでいいかな、と思います

 あとiPad miniは20W給電に対応したんですが、付属している充電器が18Wなのでは疑惑があり、十分に使うなら20W充電器をちゃんと用意したほうが良いような気もしなくはないです。まあ18Wでも十分なんですが。
 20Wの充電器については必要になったらセブンイレブンでAnkerの20W充電器を1780円で買ってくればいいだけの話なのでそんなに急ぎではないですしそもそも家にAnkerの充電器が4〜5個転がっているのであいているのを使えばいいかな、と思います。
 大事なのはいつでも充電できる環境で、それが整っているのであれば個々の充電器は性能だけ要求を満たしていればいいのでそんなに気にしないで良いんじゃないかと思います。

追加投資はあまりしたくないので

 今回iPad miniについてはセルラーの256GBモデル、Apple Pencil第2世代付きにApple Care+を合わせて購入したので合わせて12万をちょっとだけはみ出す金額なので決して安い金額ではないので追加投資はできるだけしたくないのが正直なところなので、最低限必要なものをできるだけ安く、しかし安物買いの銭失いにならない程度に品質にはこだわりつつ安価なものを選ぶ、という形で行きたいと思います。

戯言:VAIO Zがそろそろ修理から帰ってくる

 尺が余ったので戯言を。
 この前長男のVAIO Zがめちゃくちゃに壊れていて修理費用12万くらいでは?と言っていたんですが、結局見積もりに出したら47000円で済んだので胸をなでおろして修理して貰うようお願いしたんですが、その修理品がそろそろ戻ってくる頃合いです。
 戻ってきた時にカード決済してお金を払う予定なんですが、カードが対応外だとへそくりから一旦払わないといけないので苦しいです……。
 でもまあ、大事に使っていたパソコンが修理されて戻ってくるのは素晴らしい事なので歓迎です。

まとめ

 という訳で、iPad miniの到着に向けて色々追加で買い物を検討しなければならないので、というお話しを中心に戯言編成でお送りしました。
 iPad mini、早く届かないかなぁ……。